少数者の見るイラク戦争


 
イラク戦争の勝敗が決まるのはバグダッドの占領によってではない。アメリカが開始した世界制覇のための戦争の時代に対して、全世界の平和と自由と平等を求める民衆が対決しようとしているのであり、勝敗は民衆対アメリカ支配層の闘いによって決まる。

「精神障害者」である私というこの社会での少数者から見ると、この戦争の性格が非常にはっきりとわかる。9.11事件によって、ムスリムがアメリカの世界支配にノーを突きつけた。冷戦構造の中では、ソ連を押さえ込めば世界の支配は貫徹できた。しかし、冷戦後の世界では、核軍事力によって刃向かう国を押さえ込むというアメリカ型の世界支配構造に穴があいているのだ。アメリカに刃向かうものは「国」と言う単位だけではないからだ。さすがのアメリカも13億人のムスリムを軍事的に制圧するだけの力はない。だから「国」と言う単位で親米政権を作ることによってムスリムを支配しようとしている。イラクは「国」としてアメリカに刃向かっているから標的にされたにすぎない。アメリカが狙っているのは、そこに住む民衆を制圧することだ。また、イラクを見せしめにすることで、アラブ諸国に自国内の反米運動を鎮圧しなければおまえらも戦争でつぶすぞと恫喝しているのだ。

アメリカの狙いは自国内での労働者民衆に対する支配のやり方を、イラクでもやらせると言うことだ。アメリカという国は「自由」の名によって自由を抑圧する国である。イラク反戦の声をあげた俳優などが番組からおろされると言われている。もともとマッカーシズムで反共の名のもとに真のリベラリストを徹底的に表社会から排除した。移民労働者、アフリカ系アメリカ人などに対する差別的支配をとことん強めようとしているのがブッシュ政権だ。公民権運動でアフリカ系住民が勝ち取った大学進学権の剥奪の問題など、少数者を社会から排除する動きが強められている。また、アメリカ国民の4000万人以上が医療保険に入れず病気になっても医者にかかれない。「精神障害者」に対しては、保安処分施設収容の一方で、医療費削減のために病院から追い出し、多数をホームレス化させている。9.11事件をきっかけに、ムスリムを1000人以上も逮捕状もなく収容所に送っている。アメリカの支配のやり方は、労働者層を少数者に各個分断した上で、労組に介入し強権的労働者支配を行なうことだ。

しかし、それがうまく行っているかと言えばまったくそうではない。イラク反戦集会への多数の労働者市民の参加がある。真の自由と平等を求めて闘いが開始されているのだ。それはやがて13億ムスリムの決起となり、先進国の労働者や少数者の決起となり、アメリカ型の世界支配を終わらせる力となるだろう。だから、この戦争の真の勝敗はそこで決するのだ。


行動案内  
3月29日午後1時〜3時、国際連帯行動 神戸、元町大丸前。主催 百万人署名運動兵庫県連絡会
4月5日土曜日午後2時、国際連帯集会とデモ。中之島野外音楽堂。主催 百万人署名運動関西連絡会
4月9日水曜日、午前11時JR北新地駅東改札集合 街頭宣伝後、アメリカ領事館抗議行動 反戦「障害者」の会





バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234