自民党修正案はまったくの改悪だ
「心神喪失等医療観察法案」修正案批判


―――――高見元博


「修正」された事項  
11月27日、医療観察法案の自民党修正案がだされ臨時国会での審議入りをした。与党はこの臨時国会で法案を成立させようとしている。修正案で、原案の「入院をさせて医療を行わなければ心神喪失または心神耗弱の状態の原因となった精神障害のために再び対象行為を行なうおそれ」と言うのが「対象行為を行なった際の精神障害を改善し、これに伴って同様の行為を行なうことなく、社会に復帰することを促進するため、入院をさせてこの法律による医療を受けさせる必要」と言いかえられた。これが入院・退院の際の条件となっている。強制通院の場合もほぼ同様の文言である。その他にも修正はあるがこれが全体の柱となっている。


「精神障害の改善」とはなにを意味するか  
私が問題としたいのは、「対象行為を行った際の精神障害の改善」となったことで、狙いがよりハッキリしたことである。これで精神科医の主観により大きく左右されることになり、一度事件を起こしたら、一生ものにされる条件が拡大している。なにをもって「精神障害の改善」とするのかは、まったく精神科医にゆだねられ、再び事件を起こしたら、法的責任は問われないとしても社会的にはその医者の責任とされるのであれば、誰も退院の許可を出さないだろうということである。

私の場合の「心神喪失」は、意識を失って大騒ぎし、周囲の者とけんかになりそうになったこともあるのだが、今までは他の者が間に入って止めてくれたので、殴りあい等にいたらず刑事事件となることはなかった。他の者が止めてくれたのは偶然のことに過ぎず、私も「触法」になる可能性は充分にあった。なお、「心神喪失」とか「触法」というのは法律用語で、そういう状態になる精神病は様々であるが、私の場合は「非定型精神病」の「意識障害」か「解離性障害」かのいずれかである。

この発作は、3年か4年前までは何回か起きていた。意識を失うので、記憶にもとどまらず、意識を戻した時の周囲の様態から発作がおきたことがわかるということもあれば、おぼろげに憶えていること、後で他の人から聞くということもあった。結局事実を知らないというケースもあった可能性がある。完全に意識を失う寸前の状態にはさらに頻繁になっている。殴り合い寸前にいたっていたことが2回ある。これがもし刑事事件になっていた場合、「精神障害の改善」とはどこで判断されるのか。毎日発作が起こるわけではないので、数日間の予測の範囲では、退院となったであろう。さらにどのようなときに発作が起きるのかということを入院したまま判断するとしたら、さらに入院は長引くであろう。そして、新法で言うところの「精神障害の改善」という条件が加われば、それは一生の収容とならざるをえない。


誰にとっての「障害の改善」か  
3〜4年前までと言うのは、その後症状の改善が進んだと言うことだが、過去に何回か起きていた発作がもう二度と起きないとは誰にも言えない。自分自身でもである。今こうしていても、明日発作が起きるかもしれないのである。すると「精神障害の改善」とはいつなのか。次の発作が完全に出ないと判断される状態と言うのでは、今でも「改善された」とは言えない。3〜4年でていないから状態がましになっているとは判断できようが、もう二度と症状が出ないとはどんな精神科医でも言えなかろう。しかし、新法修正案で判断を求められることは、もう二度と発作がおきず犯罪につながらないということの証明である。修正案にいう「精神障害の改善」というのは、「再び同様の行為を行なわない」ようになるというところにかかっているのであって、一般論的に「改善している」ことではない。どんなに症状が改善し、私のように本人にとって楽になっていても、それがここで問われているわけではない。あくまで「再び同様の行為を行なわない」という証拠が必要なのである。私が将来「意識障害」ないし「解離性障害」にならないとは誰も言えない。逆にもしそうなったとき必ず犯罪を犯すとも誰にも言えない。

前の「意識障害」ないし「解離性障害」が出たとき、犯罪につながらなかったのは偶然の要素であった。別の偶然があれば犯罪になっていたかもしれない。いずれにせよそれらは偶然のことであって、ある人が酒に酩酊した時、犯罪を犯すこともあれば犯さないこともある、それは偶然に支配されているというのに等しい。誰でも、酒に酩酊しても絶対に犯罪を犯すことはないと言いきれるか。


「必ず犯罪をしない」と言う証拠・証明を求められる  
新法では、一度の偶然で刑事事件を起こしてしまえば、いかなる偶然があっても絶対に犯罪をしないという証明を求められるのである。『私は将来「意識障害」などになる可能性がある。「意識障害」などは犯罪につながる可能性がある。』一度犯罪をしてしまえば、この「可能性」があるという理由で私は一生を幽閉され、「高度な矯正治療」を科されるのである。これが理不尽でなくて何か。『可能性がある』というだけで隔離収容の理由になり、収容を継続するにあたっても『必ず犯罪をする』という証明はいらないのである。逆に『絶対犯罪をしない』と言う証明ができなければ収容を解かれることはない。一度刑事犯罪につながってしまえば人生はジ・エンドなのである。そして私が犯罪をするかどうかは偶然に支配されている。偶然によって一生を決められる、それが正義か。


「心神喪失」と犯罪はイコールではない  
私の場合の障害(心神喪失)について書いたが、それは「心神喪失」が必ずしも刑事犯罪になるわけではなく、偶然の要素で刑事事件になることもならないこともあるということを言いたかったからである。念のために言えば、「精神障害者」の犯す犯罪が必ずしも「心神喪失」によるものではないことは言うまでもない。「精神障害者」が金がなくて物を盗んでも、必ずしも「心神喪失」によるとは言えない。「心神喪失」の時もあればそうでない時もある。だから、「心神喪失」になれば必ず犯罪を犯すわけではなく、犯罪を犯すから必ず「心神喪失」だというわけでもない。「心神喪失」と犯罪はいかなる意味でもイコールでつなげられるものではないのである。「健常者」であっても犯罪をする時もあればしない時もあるというのにまったく等しいのである。(なお犯罪率、再犯率は「病者」の方が低い)。「健常者」には問われないことが「精神病者」に対してのみ問われることを意味する。これを差別と言わずなんと言うか。


厚労省説明のでたらめさ  
厚労省は、ある精神科医向けの説明のなかで、『皆さんに判断していただくのは今までの措置診療と変わりはありません。再犯予測は裁判官がします。』と言っているそうだ。精神科医が不可能な判断をさせられることになるから反対しているのを懐柔する目的であろう。しかし、これでは、「再犯予測」は医学的判断でさえなく、発作についてまったく素人の法律家が「再び発作が起きる可能性」を判断すると言うのである。「再び発作が起きる可能性がゼロである」というようなことは、精神科医にとっては到底言えないことであるのを、裁判官にそんな判断が可能なのであろうか。裁判官が判断するとしても、「ゼロになることはない」と言うことでしかない。アテモノのような話である。過去にしているからこれからもする可能性があるということに過ぎず、一度事件を起こしたら、一生の収容とならざるをえない。

「精神障害の改善」という要件が加わったことで、事態は「病者」にとってより悪化した。一度事件を起こしたら一生隔離収容するという目的が明らかにあり、そのための法律要件を整備するというのが修正案の修正内容である。

私たちは、いかなる修正を加えようが絶対廃案しかないことを強調する。


第4回関西保安処分学習会に参加しよう  
12月7日土曜日 午後6時 兵庫県尼崎市立小田公民館

講師 生村吾郎さん(精神科医・生村クリニック所長)

演題 「差別の形成と構造について」
――兵庫県での精神医療の成立と展開を通して


「心神喪失者等医療観察法案」とは  
02年5月に国会提出され、この臨時国会に継続審議になった法案です。「精神障害者」は犯罪を犯しやすいという100%の嘘を基に、「健常者」にはない、予防拘禁と不定期刑を科するものです。特別な収容施設で、喜怒哀楽の感情を破壊する人間性破壊が行なわれます。脳の一部を切り取って廃人化するロボトミーという手術も行われるのではないかと言われています。「精神障害者」は人間ではないとする法案です。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234