アメリカのイラク侵略戦争を止めよう
日本の参戦絶対反対




アメリカの残酷なイラク侵略戦争反対  
アメリカは残酷なイラク侵略の戦争をはじめようとしています。今、アメリカを初めとする国際帝国主義のイラク経済封鎖によって、イラクの人たちには病気になってもまともな薬もなく、病気などのためにすでに160万人が殺されています。とくに、こども達が多く犠牲になっています。アメリカが湾岸戦争で大量に使用した劣化ウラン弾による放射能汚染も深刻な問題で、こども達の多くが白血病にかかっています。このこども達はなぜ死ななければならないのでしょうか。

湾岸戦争はイラクのクェート進攻による戦争でしたが、イラクは30万人の死者を出しています。アメリカの無差別爆撃によって民間人など多数が殺されたのです。その戦争でかたはついたはずなのに、アメリカ・イギリスは、経済封鎖を続けています。経済封鎖といっても、軍事力による封鎖であり、対抗する軍事力を持たないイラクはただ耐えるしかありません。

いま、アメリカ・イギリス軍は、イラク南部に対する爆撃を強め、対空防衛力を解体する作戦を行なっています。そして、この11月にも本格的侵略戦争を行なおうとしています。その戦争目的は、イラクの対米対抗的政権を倒し、対米従属のかいらい政権を樹立することを通して、イラクの石油をわがものにすることです。イラクの石油は埋蔵量で世界第二位であり、アメリカは前からのどから手が出るくらいに欲しがっていました。しかし、フセイン政権がアメリカへの協力を拒否するようになったため、フセイン政権を打ち倒そうとしているのです。

アメリカが戦争の口実としている「大量破壊兵器」は、イランの革命の時に、革命がアラブ諸国に波及するのを恐れたアメリカがけしかけたイラン・イラク戦争のときアメリカが提供したものです。アメリカが製造させておきながら、イラクの政権がアメリカへの従属を拒否すると戦争の口実にする、こんなご都合主義は他にありません。

アメリカの残酷な戦争によって、多数のこども達が、罪も何もない人々が殺されようとしています。すでに160万人を殺しているアメリカが軍事力のみを目標にするはずがありません。アフガニスタンでやった以上の民間人を目標にした爆撃と殺戮が行なわれようとしています。

私たちは、イラクの人々と連帯し、またアメリカ本土で立ち上がっている労働者と連帯し、アメリカのイラク侵略反対・有事立法反対の大運動を作り上げようではありませんか。すべての皆さんが私たちと共に闘いに立ち上がることを強く訴えます。


11.10全国労働者総決起集会に結集しよう  
11月10日 12時、東京・日比谷野音

● 全労働者の団結で、大失業攻撃を打ち砕こう!

● 全労働者の団結で、労働基本権解体攻撃を粉砕しよう!

● 全労働者の団結で、「四党合意」を粉砕し国鉄1047名解雇撤回闘争に勝利しよう!

● 全労働者の団結で、アメリカのイラク侵略戦争反対、有事立法を阻止しよう!

呼びかけ  全日建関生支部 全国機械金属労組・港合同 動労千葉


11.19全国統一反戦闘争に結集しよう  
11・19イラク攻撃反対・有事立法阻止全国統一闘争

18時30分 大阪・剣先公園 反戦共同行動委主催

同日、全国各地で集会・デモがあります。





バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234