「心神喪失者等医療観察法案」反対!
臨時国会で廃案に!




12.7関西保安処分学習会に結集しよう  
私たち関西保安処分学習会運動は、「精神障害者」に対して、「健常者」にはない予防拘禁と不定期刑を科する保安処分法案である「心神喪失者等医療観察法案」に絶対反対です。私たちは署名運動を開始し、「精神障害者」などが一人一人回って署名を集めてきました。9月30日に第一次分として855人の署名を法務省、厚生労働省、内閣総理大臣に提出し、第二次分を合わせて1000人を超える署名を集めてきました。また、私たちは学習会を積み重ね、その参加者は延べ100人になります。


「精神障害者」は犯罪を犯しやすいというわら人形をでっち上げた政府を許すな  
この「心神喪失者等医療観察法案」は、私たち「精神障害者」を取り巻く色々な矛盾を取り除く努力をまったく放棄し、その矛盾が社会に向けられる極めてまれな面のみに光を当てるものです。そしてその極めてまれな例を根拠にして、より広範な「精神障害者」に対して予防拘禁と不定期刑を加えるというものです。法案の根拠になる「重大犯罪を繰り返す精神障害者」等というものは実際にはほとんど存在していません。法案推進派の山上の研究においてすら、厳密な検討を加えれば、ほとんどそのような例は存在していないのです。重大犯罪を犯したものが軽微な犯罪をした例と軽微な犯罪をした者が重大犯罪を犯した例をことさらに取り上げた山上研究を基にしても犯罪率は一般のそれよりはるかに少ないし、ましてや「重大犯罪を犯したものがまた重大犯罪を犯した」例というものは極めてまれにしか存在していません。何十年に一度というような、その極めてまれな例においても、医療現場では、医療の失敗として総括されているのであって、適切な医療に失敗したと考えられているのです。

にもかかわらず、今回の法案は、「重大犯罪を繰り返す精神病者」なる実際には存在しないわら人形を作り上げ、社会の関心と怒り、いきどおりを作り上げるものです。実在しないわら人形が一人歩きし、マスコミの無責任な扇動とあいまって、社会には「精神障害者」に対する怒りといきどおりが形成されてしまっています。「精神障害者」が社会に存在するからいけないのだ、「精神障害者」など特殊施設に収容しておけという世論が広範に形成されています。私たち「精神障害者」であってそのような社会の悪意にぶつからないで来た者はいません。それが私たち「精神障害者」における責任によって生じている事態ならば甘んじて引き受けますが、その実体は政府・マスコミが作り上げたわら人形に過ぎないのです。

このようなわら人形を作りあげ、「精神障害者」に対する社会の悪意と敵意を作り上げてしまった政府の責任をどのように取るつもりなのか。政府がこの大デマゴギーを率直に認め、反省し、それがデマゴギーであることを社会に向かって表明する以外に無いのです。


差別・抹殺キャンペーンを許すな  
第二に、軽微な犯罪であれ、重大犯罪であれ、「精神障害者」であっても犯罪を犯すということはあります。しかしそれには両面があります。一つの面は、「精神障害者」であっても社会人として生活しているのであって、一般市民であるの社会人のように生活から犯罪につながることはあるということです。症状によるものではなく、生活している上での犯罪というものが存在しているのです。社会人の犯罪が皆無であるような社会ではいざ知らず、一般市民による犯罪があるように「精神障害者」による犯罪も存在するということにすぎません。しかもその犯罪率は一般より低いのですから、とりたてて「精神障害者」の犯罪をとりあげる必要があるのでしょうか。生活者として犯罪につながる人がいるから、そのグループ全体を予防拘禁せよという扇動が今おこなわれていることです。それならば生活者として犯罪を犯すから一般市民全体を予防拘禁すべきという論理になります。この法案が論理によっているのではなく、非論理の感情、すなわち差別に依拠していることは明らかです。


「精神障害者」の背負わされている矛盾の解決こそが問題だ  
第三に、もう一つの面、すなわち症状から犯した犯罪ということは存在しているということです。政府は、「精神障害者」に対して社会が背負わせている諸矛盾が社会に向けられた時のみ、その矛盾を取り締まれとしているのです。

社会が「精神障害者」に背負わせているのは、精神科特例であり、医療無き収容という現実から来る精神病そのものへの差別感情であり、精神医療への根底的不信感等などです。

精神科特例という、精神科では医師の数が一般の三分の一、看護師の数も少なくて良いとしている制度があります。これが精神科でのあたりまえの姿として法律化されています。そのため精神医療の水準は極めて低く、そこでおこなわれているのは医療無き監禁です。だから「精神障害者」が人間でないものとして扱われている現実が発生しているのです。

このような矛盾は精神科特例を廃止するだけで解決に事足りるのです。「精神障害者」に対しては使う金ももったいない、社会から隔離して収容しておけばそれでいいとする政府の考え方が問題なのです。 このような医療水準も低く、ただ閉じ込めておくだけ、閉じ込めるなかで症状がより悪化させられていることが現実として存在しているから、精神病院に対する差別と偏見は一向になくならないのです。医療なき拘禁のなかで「精神障害者」が「医療」を遠ざけようとするのはあたりまえの自己防衛本能です。その結果として症状の悪化があるのです。

さらには、薬つげとか、電気ショックとか様々な問題が存在します。ロボトミーという脳の一部を切り取り廃人化してしまう外科手術でさえ合法な医療として承認されているのです。

ところが、政府はこのような矛盾を「精神障害者」に背負わせている現実に対しては一切解決もしようとしません。その矛盾の結果としてごくまれに犯罪が起こることだけを問題とし、犯罪が起こらないようにするということで、犯罪とは関係ないようなより広範囲な「精神障害者」を社会から刈り込み、矛盾を拡大しようとしているのです。


政府による「精神障害者」超大量殺人  
第四に、症状悪化が「精神障害者」自身に向けられることに対しては政府は何の対策も立てようとせず、「精神障害者」を殺しつづけているということです。今日、日本の自殺者数は3万人を超えており、その9割は「精神障害者」だといわれています(毎日新聞による)。精神医療に関わる様々な矛盾の結果として「精神障害者」が年間3万人自殺に追い込まれても政府はそれに対する解決策をこうじようとしません。ただただ、その矛盾が社会に向けられることのみを問題にする陰で、「精神障害者」は今日もまた一日80人も殺されている。これは政府による超大量殺人です。この超大量殺人こそ、政府の「精神病者」観、労働者観、人間観そのもののもっともハッキリした現れです。

私たちは「精神障害者」を今日も殺しつづける政府の政策に絶対反対し、それがごくまれに社会に向けられた時のみを大扇動し、「精神障害者」は犯罪につながりやすいというわら人形を作り上げて、大量の「精神障害者」に対する予防拘禁と不定期刑を科し、「精神障害者」への差別と偏見をあおる「心神喪失者等医療観察法案」に絶対反対です。

すべての「精神障害者」、「障害者」、労働者、市民、学生が私たちと共に、臨時国会でこの悪法を廃案に追い込むため、闘われんことを強く訴えます。学習会、署名、集会、デモ、座り込みなどあらゆる方法で、法案を廃案に追い込もう。


第4回関西保安処分学習会に参加しよう  
12月7日土曜日 午後6時 兵庫県尼崎市立小田公民館

講師 生村吾郎さん(精神科医・生村クリニック所長)

演題 「差別の形成と構造について」
――兵庫県での精神医療の成立と展開を通して


「心神喪失者等医療観察法案」とは  
02年5月に国会提出され、この臨時国会に継続審議になった法案です。「精神障害者」は犯罪を犯しやすいという100%の嘘を基に、「健常者」にはない、予防拘禁と不定期刑を科するものです。特別な収容施設で、喜怒哀楽の感情を破壊する人間性破壊が行なわれます。脳の一部を切り取って廃人化するロボトミーという手術も行われるのではないかと言われています。「精神障害者」は人間ではないとする法案です。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234