在職精神障害者に対する職場復帰支援プログラム概要


リワークプログラム  
「リワークプログラム」の名称は、復職(リターントゥワーク)、リワーク(再生する)をもじって、在織精神障書者職場復帰支接プログラムの通称としています。


プログラムの目的  
在職精神障害者の職場復帰支接プログラム(以下「リワークプログラム」という。)は、在職中に既往の精神症状が悪化したり、精神病を発病する等して、休職扱いとなっている精神障害者を対象とし、職業レディネス指導事業における既存のプログラムを弾カ的に活用しながら、職場環境や職務に対する順応性の回復を図るとともに、事業所に対して必要な助言、援助を行うことにより、復職が円滑に進められるよう支接していくことを目的とします。


対象事業所・対象者  
対象事業所:在職中に精神疾患の診断を受けた方を雇用し、職場復帰にあたって専門的援助を必要としている事業所

対象者:復職の意思を有しかつ職業センターの支援を希望している通所可能な者であり、精神保健福祉手帳を所持しているか、もしくは精神分裂病、そううつ病、てんかんを有し、長期に渡り職業生活に相当の制限を受け、又ば職業生活を営むことが著しく困難であることが主治医の意見書により確認された休職者であり、復職にあたって、事業所の人事・労務担当者及び産業医が、職業センターの専門的援助を受けることが適当と判断している者であること。


実施期間  
実施期間は、最長24週間を標準として対象者や事業所の状況に応じて個別に期間を設定します。


プログラムの内容  
事業所及び対象者に対して、次のような支接を実施します。

@事業所に対する支援内容
職場復帰後の職務再設計、受け入れ環境の整備等に係る助言・接助の実施

A対象者に対する支援内容
イ 導入期
職業センターにおける、基礎評価の実施

ロ 調整期
職業センターにおける、個別カリキユラムに応じたプログラムの実施

ハ 適応期
復職先事業所における職務及び職場への適応に関する支援の実施


問い合わせ先  
障害者職業総合センター職業センター職業準備訓練課
千葉市美浜区若葉3−1−3
рO43−297−9112




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234