連合ワークシェアリング論のペテン


連合要求の「オランダ型」ワークシェアリングは賃下げと失業者増加策だ  
いまワークシェアリングということが政府・経営者からも労働組合からも言われていなす。経営者や、電機連合などの言うワークシェアリングは、「緊急避難型」と言われ、雇用者数は全く増やさず、賃金を引き下げるものです。ただの賃下げをワークシェアリングと称しているのです。労働者に対して、首切りか賃下げかどちらかを選べと脅迫し、「解雇しないで欲しければ賃下げをのめ」というものです。

一方、連合中央などの主張するのは、「オランダ型ワークシェアリング」というものです。オランダ型を導入すれば、雇用も賃金も守れ、景気も良くなるという夢のような方法だと言っています。オランダ型とは、「今は一人の労働者が家族を養っているのを改め、いまは働いていない主婦を働かせて、二人で今までの1.5人分の賃金にする」というものです。そうすれば、いままでより家族としての収入が増えるなどと理想の形のように言われています。

はたしてそうなのでしょうか。これはとんでもないデマなのです。まず、いま家計を支えている労働者の賃金は0.75人分に下げられます。実に25%もの賃下げです。そして、いまは働いていない家族が労働市場に投げ込まれます。また、家計を支えてきた労働者の仕事量が簡単に減るものでもありません。いま経営者は少しでも賃下げをしようとしているのであり、実質賃下げであるサービス残業などは増える一方です。仕事量を減らすといってもまずそのサービス残業の分が問題となります。その分さえ経営者は簡単には減らさないでしょう。経営者にとってただ働きしてくれる労働者の存在ほどおいしい話はありません。経営者にモラルを要求するなど泥棒に留守番をさせるような話です。もし現状で「オランダ型」を導入すれば、いままで家計を支えてきた労働者の賃金は25%もカットされ、仮に名目雇用時間が短縮されてもサービス残業で実質労働時間は何等変わらないということになります。そして、一家は食えなくなり主婦が働きに出るしかありません。

しかし、この経済恐慌のもとでは仕事はそんなに簡単に見つかりません。しかも、いま現在完全失業している5.4%(368万人)もの労働者がいるのです。もし仮に、万が一就職口が増えても、現在の失業者が職につくとしたら、新たに労働市場に投げ込まれる膨大な家族の職がいったいあるでしょうか。新たな求職者の増加で失業率は跳ね上がります。結局家族に残るものは、賃下げと家族の失業です。家族が働くどころか、いまは一家を支えてきた労働者が失業しているのであり、資本主義はそれを食わしていく能力も失っているのです。いま世帯主の完全失業が約100万人にも達しているのです。

連合要求のワークシェアリングとは、実に25%もの賃下げと大失業しか意味しないのです。いったいこれが労働組合の要求するべきことなのでしょうか。連合は何か連合路線のもとでも展望があるかのように装うためにこんな見え透いたデマを流しているのです。連合は、資本主義の行き詰まりと共に裏切り者としての正体を暴露していくしかないのです。いまの恐慌は、アメリカ経済の崩壊によって、いよいよ1929年型になっていきます。失業者は増え、賃金は下がっていく。「オランダ型」ワークシェアリングはそれを加速させるだけです。







バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234