「医療でない強制治療」=保安処分を主張する政府答弁を許すな
私たち「精神病者」「心神喪失者」は反対する


 
「犯罪を犯したという面からの医療でない強制治療」という政府主張  
6.28の衆院法務委員会の質疑で、社民党植田議員の「今回の法案で網のかかる人たちの治療の方法が変わってくるんですか。何か特別な治療方法があるんですか。」という質問に対して、坂口厚生労働大臣は、「入院してからの治療方法はそんなに違わないでしょう。しかし、それは医療の面からだけでなくて、犯罪を犯したという側面からの、また、強制治療というのがやはり存在する。ただ単に医療だけの話ではないというそこが違う。」と答弁しています。また、別の質問に対して厚生労働省の高原は、「こういったタイプの患者さんにふさわしい療法を医師および精神心理技術者によって頻回に行なう」と答弁しています。

短く言えば「犯罪を犯したという面からの、医療の面でない強制治療を行う」ということです。これは一体何をするということなのでしょうか。「医療でない強制治療」とはいったい何なのでしょうか。ここでは『再犯の可能性を無くするための措置』ということが言われているのです。「医療でない」ということと「強制治療」と「治療」と言っていることは自己矛盾していますが、これは政府が今回の法案が「治療」を目的としているから保安処分でないと強弁している所からきています。ここで言う「治療」はなんら医療的必要性からなされるものではないのです。あくまで目的は再犯予防であり、「治療」とはそのための措置という意味です。犯罪防止のための予防拘禁というところからさらに踏み込んで「再犯をしないための特別の措置を行なう」ということです。それを「治療」と強弁するからこういう自己矛盾が生まれるのです。この自己矛盾のなかにこそ、政府のペテンがあるのです。

多くの精神科医、日本精神神経学会等は、「再犯予測は不可能」であるとしています。今日明日の問題なら判断ができるかもしれないが、半年先に再犯の可能性があるかないかなど誰にも判断できるものではありません。いったい誰が、ある人が半年先、10年20年先に犯罪を犯す可能性があるかないかなどということ言い当てることができるでしょうか。よほどの山師でもない限り言えるとは言わないでしょう。再犯可能性を予測できると主張する山上ら司法精神医学のおおよそ科学とはいえないでたらめさは賭博師以上の代物なのです。再犯の可能性を一般市民に対して予測できないということは、それが「精神病者」であっても同様です。ヨーロッパでは保安処分の導入されている所が多いのですが、その最先端にあるイギリスの医学大学教科書には、「再犯予測は極めて困難である」と書いてあり、そういう予測を行なわされている精神科医の苦悩がにじみ出ています。

「再犯の可能性」を無くするという事は、精神医療の扱える問題ではありません。ある「精神病者」が半年先、10年先、20年先に犯罪を犯さないようにするなどと言うことは精神医学の目的でもありません。「再犯予測」が不可能だということの意味は、将来の犯罪の可能性を認識することはそもそもできないということです。認識できないものを無くせということは、全く不可能な要求です。

また、現行の措置入院では、犯罪を犯していたときには、その背景にある病気の治療が行なわれます。それとは明確に区別された「医療でない強制治療」を行なうと政府は言っているのです。この「医療でない強制治療」というものは、病気の治療ではない、精神医療とは全く無関係のものです。

現行の措置入院も保安処分的要素を持たされている面がありますが、新法では医療とはまったく違うことをするというのです。


人間の感情を奪う保安処分  
善く考えたとしても、「再犯可能性」がなくなるまでとして一生の収容を行なう以外に有りません。実際には、重隔離施設の中でのもっと激しい人間破壊が行なわれるのでしょう。医療に名を借りた拷問が加えられるということです。怒りの感情が犯罪につながるとしてその喜怒哀楽の感情を奪うということが言われているからです。人間には感情があるものです。それが善く出ることもあれば悪く作用することもある。そういうものとして一人の人間なのです。ところが「再犯可能性を無くする」という立場からは、その人の人間性を守ると言うことは念頭にもなく、再犯可能性の芽を摘み取るとして、人間としてのあり方そのものを奪ってしまうのです。それはまた懲罰として正当化されているのです。


ロボトミー手術も復活する  
喜怒哀楽の感情を奪うもっとも手っ取り早い手段として感情をつかさどる脳の一部を切り取るロボトミー手術が復活してくるでしょう。ロボトミー手術は以前には広く行なわれていました。政府が保安処分先進国と言っているドイツでは、かつて過激派指導者に対するロボトミー手術が計画されました。事前に発覚して労働者市民の大反対で行なわれませんでしたが、人権後進国日本では行なわれる可能性は高いと言うべきです。厚生労働省はロボトミー手術を廃止したわけではなく維持しているのです。

ロボトミー手術をされた人はいっさいの感情を感じることもなくなり、まったくの無気力状態におちいります。政府としてはそれで良いのです。その「病者」の人間性のいっさいを文字通りに奪っても、「再犯」をしなければそれで良いのです。「再犯の可能性を無くする医療でない強制治療」とは、そういう人間破壊のことです。


人間の尊厳を奪う保安処分に反対しよう  
「医療でない強制治療」とは、人間に対する不可逆的破壊のことです。これはもはや病気の治療とはいえませんが、政府は最初から病気治療とは違うことをするのだと言っているのです。政府の目的はそれで果せるのです。「心神喪失」のある「病者」を「廃人」化することが政府の言う「医療でない強制治療」です。再犯の可能性を無くするための「医療でない強制治療」なるものは、人間としての尊厳を奪い、「精神病者」を人間ではないものにしてしまうものなのです。ただ呼吸し飯を食うだけの存在、意欲も感情もないただの「物体」に作り変えてしまうものです。


「精神病者」は精神医学の反動的転換に反対する  
精神医学に「再犯可能性をなくせ」と要求することは、医学を反人間的なものとして使えということを意味します。それは科学を人間に反するものとして使用するということです。精神医学はそもそも犯罪防止の目的で作られたものを、「精神病者」のためのものに作り変えるという苦闘がありました。精神医学を人間に役立つものとして使うという多くの精神科医の苦闘の歴史があります。それに対して、精神医学を犯罪防止、再犯防止の目的に転換するということは、その精神科医の苦闘を全く無に帰させるものです。

精神医学を「精神病者」のためのものにするという精神科医、精神医学の転換については、多くの「精神病者」による糾弾と告発があったのです。「精神病者」自身が虐げられた歴史に対して声をあげ、怒りとして表現したことが精神医学の転換の何よりの力でした。今、精神医学が再度転換させられようとしている現実に対して、私たち「精神病者」「心神喪失者」こそが弾劾の声をあげているのです。精神科医、国会議員は私たちの声を聞くべき時です。私たち「精神病者」「心神喪失者」こそが精神医療の主人公でなければならないのです。

「心神喪失者等医療観察法案」の目的は私たち「精神病者」「心神喪失者」に対する不可逆的人間破壊を加えることです。そのような精神医学の反動的大転換に、私たち「精神病者」「心神喪失者」は断固として反対します。





バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234