2・23第一回関西保安処分学習会
報告
小川紘医師講演録




精神障害者の犯罪について
思い出すことと思うこと
 



でたらめな「起訴前鑑定」  
こんばんわ。1時間で終えれるかどうか、ちょっと時間焦っていますので、前置きなしで入ります。

「精神障害者」の犯罪について思い出した事例と、いろいろ思っていることについて、ですね。

最初の事例はOさんと書いていますが、ある時保健所から電話がかかってきました。「アルコール依存のOさんが酒によって酒屋から酒瓶を盗んだ。検事が起訴しないんで入院をお願いしたい」と。多分、強制入院。私その人は前に治療をしたことがありまして、お酒をやめる気にまだなっていない、その時はですね、知っていましたし。ムカッとしたのですが、結果としては入院させずに、入院の必要なしとして、また窃盗をやるといわゆる非難も起こりますので、しぶしぶ入院治療半年間してもらいました。しかしどう考えても、善悪を判断する判断がその人になかったとは思えないので、ほかにこういう例はいくつもあったのですね。私から考えると責任能力はあるのに、検事がやっかい払い的に精神病院に放り込んで一件落着というふうにするという例が非常に重なってましたので、たびたび憤慨しておりました。

検事は殺人とか、放火とかいう場合は別でしょうが、ふつうのたとえば「分裂病」の人が何か犯罪をやったという場合に、半分もう面倒くさいから、それから裁判で負けても困るということで、精神病院に、ひどい場合は措置入院ですが、強制入院させてそれで一件落着をねらうわけですね。そういう場合に、だいたいこの医者に頼めば、「責任無能力」と出してくれるという医者をちゃんと知っていましてね、名前は控えますが−−私はこれからいろんな病院に入院患者を頼まないかんのでね。本当はズバッと言うのが好きな方なんですが言いませんが、今は引退しておられますが、−−いいなりになるお医者さんに頼むのです。そしてそのお医者さんは、聞くところによりますと、書類をじっと見てあまり患者とは話さずに「無能力」と出すわけですね。そういうルートができていましてね。




新法でどうなるのか  
検事はもしも予想外の「起訴前鑑定」で「責任能力あり」というのが出たら、別の医師に頼むそうですね。いま出ている法案に話しを移しますが、起訴すか、不起訴するか。不起訴になったものは、入院決定、あるいは退院の決定、あるいは通院をむりやりさせるという決定、ここに司法を介入させると。

精神科医と裁判官と、ひょっとしたらその被害者の遺族、あるいは被害者が傍聴しているところでそれを決めていこうというのが、今の悪法の草案ですね。一つ私漏れていましたが、法務省の案だと殺人とか放火などの重罪の場合ですね、不起訴になったら裁判官を入れて医者の勝手にはさせないと、つまり危険な奴はずっと一生でも特定精神病院に入れておけるようにということを準備し始めたわけですね。

ところが、起訴されても無罪になればやっぱりこのルートに入れられます。ちょっとこれ上に書いてください。不起訴の場合だけではありません。そして裁判を受けても無罪になった場合にはやっぱりこっちのルートにもっていくのです。これが現在の法務省段階の案です。


今の司法制度の矛盾  
ここで私が言いたかったことは、「起訴前鑑定」というのがいかにズサンかということが第一点、それから精神科医の立場からいうと、起訴か、不起訴の段階できちっと精神科医の意見を聞けと−−精神科医にもいろいろいますから、それが果たして防衛になるかどうかわかりませんが。少なくとも起訴、不起訴の段階で、精神科医の意見を聞くべきなのに、そこは権力が握ってはなさない。そして後の処理の段階で精神科医の手を縛ろうということのように思います。

ただですね、じゃあ責任能力をきちっと判断してね、責任能力があった場合には「分裂病」の人であろうが、「人格障害」であろうが−−「人格障害」という病気があるかどうかはまた後で言いますが−−起訴すればことはすむのかと言うと、そうではありません。

「裁判を受けさせてくれ」という患者の叫びを私は何度も耳にしましたから、本人が望む場合には裁判にかけるということは考えなければいけませんが、しかし起訴をしても本人が自分のやってしまった事件というものにたいしてそれをとらえ返して−−自分の人生との関係において、あるいは周囲との関係において−−とらえ返して吟味してそこからその人なりの結論を出すのには非常に時間がかかります。現在の司法のやり方でそれがはたしてできるのだろうかという疑問があります。私たちが裁いてやるという形式でしょう。そうすると内気な人が自己主張・自己防衛を十分にできるのかどうか。本来は、かつての家庭裁判所の−−今は知りませんが−−犯罪を犯した少年と調査官が向かいあいながら何回も何回も話し合っていくというふうな形ならまだしも、ということがあります。おまけにいま政府は司法改革を考えていまして、もっと迅速化を考えていますね。


いじめの被害者が加害者に @Aさんの例  
二つ目の例にいきます。Aの方の例は、私は実はその人とは会っておりません。小学校の教師ですが、私の同僚が事件の前日に兄さんに連れてこられた本人をみております。外来治療を勧めたのですが、そのまま帰りました。そしてその夜、兄さんが本人−−小学校の教師である弟さん−−を説得して、どうも入院を勧めたのではないかと私は想像しておるのですが、彼は夜中に家を飛び出します。飛び出して全く無関係の商店を経営していた−−釣具店ですが−−夫妻を殺してしまったという悲劇的な例。

この夫妻の甥御さんが私の患者でしてね、私は直接にはからんでないのですが、ちょっとからみました。というのは事件後だいぶ経って、半年ぐらいでしょうか、お母さんが「会いたい」といってお見えになったんですよ。その時に本人をみた同僚ではなく、私を訪ねてきたので、私はお会いしたのですが。お母さんは、本人は「退院したくない」と言っている、と。本人は起訴されずにある病院に措置入院になっていましたが。ということで、「どうしたらいいのだろうか」と相談におみえになりました。私は「自殺に気をつけてくださいよ」ということを言ったことを、ちょっと覚えております。

その時にお母さんはハッキリ言わないのだけれどもね、「その先生、学校の中でどうでした」と私が聞いたら、何か非常につらそうで居場所がないようなね、ハッキリ言わないけれども何か今で言う、政府が言う「不適格教員」ですか、何かもうみんなから非難されて「能力がない」と、イジメという言葉は吐かないけれども、どうも学校の中でイジメに近いような状況であったことを、お母さんは漏らしています。


いじめの被害者が加害者に ATさんの例  
次の例にいきます。T君ですね。これは非常に印象に残っている人ですが。母子家庭の方で、お父さんはアルコール依存の人で、大阪の方に遁走していまして。お母さんと警察官とに伴われて私の外来にやってきました。聞いてみると、近所に駐車中の車のフロントガラスをバットで叩き割った、と。やっぱり、「『精神障害』なので、検事が起訴しないから入院させてくれ」ということで、私は「医療保護入院」にしました。

その数日後、看護婦さんがある患者にリンゴの皮をむいてあげて、ナイフをたまたまちょっと置き忘れたのです。その置き忘れたナイフを彼はサッと取りましててね、すーっと数メートル歩いたときに、背中を向けてご飯を食べていた別のKさんという患者の背中を、ググッと刺します。「先生、来てください」という声で私が行ったときには、背中にナイフが刺さったまま。彼はエレベーターの中で合流したのですが、一緒に下に降りまして。外科医をよんで、外科医が非常に慎重にナイフを抜き取ってくれます。幸い、刺された人は、ちょっと炎症をおこしますが、治っております。そういう事件です。


地域ぐるみの精神障害者いじめ  
このT君はですね、私に対して、「なぜ刺したのか」と聞いたら、「むしゃくしゃしたからや。誰でもよかった。もうちょっと先の人をやろうと思ったけど、近かったからその人を刺した」と言いましたね。「誰でもよかった」と言いました。それで、反省の色がないのですね。私は困りまして、警察官に「きちんと調書をとってくれ、この人反省してくれないのですわ」と言った覚えがあります。

その後、近所の人が押し掛けてきて、近くの僧侶を先頭に押し掛けてきて、「彼は退院させないでくれ」と申し入れがありました。で、その後で、そういうことがいろいろあった後に、実はお母さんから下の書き込みがあったことが判明します。お母さんがその後になって述べるのですが、実は彼は新聞配達をしていたのですね。そして彼が唯一働いていた新聞配達に使っていたバイクが何回も何回も壊されるんですよ。それが明らかに市営住宅の近所の人がやっているのがもうみえみえなんですよ。その前から二人に対して「出ていけ」みたいないろんな圧力が加わっていた。みえみえなんです。そして近くの駐在の警察官に「何回もやられているから、ちゃんと捜査して犯人を捕まえてくれ」と言うけど、全然取り合わないんですよ。

これグルなんですよ、お母さんに言わせるとね。そういうことがずーっと続いた後に、彼はフロントガラスにバーンとやるわけです。そういう状況があることが、お母さんから語られます。


被害の連鎖  
つまり、この二つの例から−−上はちょっと詳しくはわかりませんが−−ある事件を起こした人が実はその前に非常に苦しい目にあっている、被害的な状況にあった。被害者が加害者になっていく、そこで別の被害者がでていくという一つの連鎖があるという、一つの例としてあげます。

私が記憶に残っているのは、彼がなぜ自己弁護をしなかったのかということがずっとひっかかっています。彼自身が言わなかったのですね。「僕はバイクを何回も何回も壊されて、俺たちが悪いのと違う。近所の人も、動かん警察官も悪い」、そんなこと全然彼は言わないのですよ。それは彼が言わなかったのか、上手に言えなかったのか、いまだに不明です。まぁ、両方ではないかと思っていますけどもね。

僕に対してはそう良くもないけど、悪くもない人でした。通院はちゃんとしてくれんけど、「5千円貸してくれ」なんて言ってね、5千円貸したら、ちゃんと返してくれて。そう悪くはなかったのですが、彼はなぜか言わなかった。T君はちなみに、私が淡路を去る直前に、ビルから飛び降りて自殺します。


少年事件の例  
次の例にいきます。(レジュメの)2ページ目ですね。今ちょっと連鎖のことを言いました。これは、実は石井小夜子さんという人が『少年犯罪と向き合う』−−少年法改悪に反対して出版したと思うのですが−−、岩波新書から最近出していまして、いろいろ教えられました。後でまた引用します。その中でやっぱり被害を受けた人が加害者になって、そこからまた次の被害者が生まれていくという連鎖について述べているのですが、その中に「非行少年、非行少女は被虐待児が多い」と、−−これは日弁連の調査で出てきたそうです−−ということを述べています。

同時のその中で石井小夜子さんは、西鉄バスジャック事件というのが去年ありましたよね、あれにもちょっとふれていたので引用しましたが。だいたいみなさんも新聞記事を読んでいるでしょうけど。彼はやっぱり小学校高学年からずっとイジメにあっているのです。新聞に出たのは、中2の時に「飛び降りてみぃ」と言われて彼はポーンと飛び降りて骨折した、というのが出ていましたね。その前からずっと続いていた。そして不登校になって、閉じこもって、そして精神科医から「こんな人は入院させなあかん」と言われて、お母さん、両親はあたふたと入院させる。そうすると外泊中に、あんな悲劇が起こる。入院のうっぷんと関連しているのかなと、かもしれません。そうするとT君の例と似ていますね。


「差別社会への復讐」  
4番目に「精神障害者」の犯罪というのは、今の差別社会、「精神障害者」の差別に対する復讐だということを言う人に、僕は書類上ですが、出会います。そういう見解があります。私は、50%以上、なんかうなずけるものを感じます。これだけで、全部なで切りしていいとは思いませんけどね。

これは「精神障害者」ではないんですが、1958年にですね、小松川事件という事件が起こります。ご存じの方、多いと思います。18才の李珍宇という在日朝鮮人の二世の少年が、日本人女性2人を、夢をみとるような心境で殺します。殺したあと、逮捕されるわけですが、彼はさっぱりわからなかったんだそうですね。なんで自分が殺したか分からないんです。

そこで、朴寿南という在日朝鮮人の女性作家が面会に行くんですね。何回も何回も彼に面会に行く。面会に行く中で、彼はだんだん、やっぱり民族問題が背後にあったということに、だんだん、だんだん気づいていく。2人の往復書簡が『罪と死と愛と』いう名前で三一新書からでてます。一回絶版になりましたけど、また再刊されたはずです。

ま、これはただ「精神障害者」の例ではありませんが、やっぱり差別の問題と犯罪の問題、しかしそれが無意識のうちに、動機づけがなされていた。そういう意味で彼も、殺しながらですね、彼は警察に俺が犯人だと電話したりもしてるんですが、しかし、なんで殺したのかをつかめるには、時間と援助がいったというひとつの例ですね。

Hさんの例はちょっととばします、時間の関係で。これはおそらく生村先生という先生から、天皇制と「障害者」の関係ですが、犯罪者ではないと。おそらく、生村先生がグループ研究をずっとやってましてね、戦前から、ずっと天皇制が「精神障害者」の処遇をずっと変えていったという内容です。これは生村先生にまかせて、次いきます。


新宿バス放火事件  
新宿バス放火事件、先ほど、佐藤さんの方からありました。私のレジメ1980年と書いてますが、間違いです。81年です。

この事件は、私はですね、新聞にのった丸山さんの二つの発言がいまだに心に残ってるんです。一つは、彼が「幸せな奴らが憎かった」というふうに言ったことですね。もうひとつは、「皆が俺をバカ(ママ)にするんや」といった二つのセリフです。

新聞によりますと彼は生活保護を受けてまして、東京で肉体労働みたいな事もちょっとしとったんですが、お正月になるとみんな郷里に帰っていくわけですね。ところが彼は帰るべき郷里がないわけです。東京にのこってひとり寂しく食堂か何かで酒を飲んどって、犯行を思いついた、というのが新聞に載っております。

もうひとつは、何に載ったかというのは忘れましたが、すこし彼は、知的に低かったそうです。子供さんは、施設にあずけられていて、子どもを引き取りたいというふうに福祉の人にいうんだけど、ま、養育能力がなかったのかどうか知りませんが、福祉がそれを許可しない、されない、という事実があったということもあります。

とするとね、「皆が俺をバカ(ママ)にする」というのは、果たして被害妄想だというふうに片づけていいのか、やっぱりちょっと福祉の対応の中にね、あるいは世間が知的な人をそういう目で見るいうことは、よくある話でしょ。どこまでかは、ほんとにやっぱり「バカ(ママ)にされた」体験があったのかもしれないと思います。彼は3〜4年前に自殺します。丸山さんは。


事件を起こした精神障害者は自殺か一生入院  
次に書きましたのは、殺人事件をおこした「精神病」の人はですね、率は知りませんが、非常に自殺してる人が多いです。あるいは自殺しなくてもですね、だいたい精神病院に措置入院させられたら、一生もんです。退院できる人は、まあおるかも知れませんが、だいだい一生ですね。親がだいたい、もう、例えば他人を殺した場合には、申し訳ないということで引き取ろうとしませんし、近所の人をやったら、近所の人が許さない、大体一生もん。

ライシャワー大使刺傷事件というのがあったのも、1960年代、有名な事件ですが、この人も自殺します。

神戸の須磨で「酒鬼薔薇」という名前でA少年という、いたましい事件があって、彼が「精神障害者」かどうか知りませんが、彼は何年か後に出てきますよね。僕は彼が自殺せんかなということが非常に心配です。僕が親だったら、ブラジルかどっかへすぐとばすんですけど、それは政府が、行政が許さないでしょうね。


精神障害者の自殺の多さ  
私は普段思ってるんですが、政府とかマスコミはですね、「精神障害者」の犯罪についてはかなり、しょっちゅう書いてくれるんですが、なぜか「精神障害者」の自殺の多さについてはあまりとりあげません。あまりみません、私は。これはですね、老人についてもそうですね。日本の女性老人の自殺が世界第1位だというのを十数年前に私はみました。男も高いけど、3位か4位でしたね。

その後変わってるかもしれません。1位ではないかも知れないけど、おそらく高位だと思いますが、あまり出ませんね。僕は、発表が押さえられてるんじゃないかと思いますが、出てるのに見過ごしてるとしたら、みなさん誰か教えてください。

本多勝一という朝日新聞の記者がね、こういうことを言ってます。
「自殺はよーく調べると、周囲から殺されていることがわかる」ということを言ってますね。彼はですね、そのだいぶ前ですが、1980年代、その当時ですね、日本で新潟県が自殺率トップの県だったんです。その原因を彼は調べるわけです。そうすると、田中角栄が生まれるだけ、人間生きようにも貧しさの問題が出てきます。雪国は非常に貧しい。だから、「障害者」とか老人というのは、「ごくつぶし」的な存在になるわけです。それをひしひしと感じて自ら死んでいくわけですね。そういうことを例にこういうことを言っております。 私は、これは非常に鋭いと、本多勝一という人を僕は政治的には支持しませんが、鋭い発言だというふうに思っています。


精神障害者の犯罪は「無差別」か  
「精神障害者」の犯罪が恐い、恐いというふうに扇動的に報道される、あるいは実感される、その一つの理由にですね、はっきり書かないけど、無差別だと、関係ない人をやるということが、どうもありますね。まあ、そういう例も確かにあります。そうでない例の方が多いんですけどね。分裂病の方をとりますと、一番殺されてるのは家族です。実はそうじゃないんですけどね。ですけどまあ、ときどき確かに、通行人やることもあります。そこが強調されるわけですが。それが「精神障害者」の特徴みたいにいわれるわけですよ。

でも違いますね。確かにヤクザがやる犯罪は、非常に冷徹に計算されてますけど、ここに、下に書いたように、追いつめられたらですね、まあ、私なんかの病例は、追いつめられた者の絶望ですね、それからその「精神障害者」の犯行をずっとみてますと、覚醒剤にしてもそうですが、自殺願望を背中にもってね、それが果たしきれなくて他殺、もう、ばあーと殺して、そのあと自殺しようとしたけどはたせなかった。あるいはもう、どうなってもええ、一生刑務所でもどうでもええわ、という形でやってしまう。自殺願望と背中あわせですね。あるいはその中に、ぼんやりとやっぱり社会全体、「俺だけが何でこんな不幸なんや」という社会全体に対する恨み感情、こうしたものが密着したかたちで、僕はおこっていると思いますね。

去年たしか、山口県のどっかの駅で、車でものすごい勢いで乗り込んで、プラットホームの人々をなぎ倒した人がいましたね。「精神障害者」やないと思いますが。あの人なんかの事例をみてもね、別に「精神障害者」の特徴でもなんでもないと僕は思います。追いつめられたら誰だってやりかねない。

もうひとつは、「先進国」の、カッコ「先進国」の都市型犯罪の特徴が無差別性だといわれてますね。

例えばアメリカで銃乱射事件みたいのがおこる、レストランでバーンとやる。学校でやるのとちょっと違う。なぜか白人が多いそうですね。黒人は簡単に銃をもてないのかも知れませんが、なぜか白人が多い。本当は、「先進国」の都市における共同性の解体、あるいは競争社会のひずみじゃないかと僕は思います。


池田小事件  
あと池田小学校事件について、ちょっとひとこと言います。先に次のページに移ってくれますか。

僕は、宅間さんという人について資料をもちません。ですから、単なる私のこれは想像力ですが、想像のたぐいですけど、僕はたぶん彼の半生にはですね、ま、したたか者のようですが、のように見えますが、しかしテレビで見た画像は非常につらそうでしたね。ふてぶてしいというふうな報道ばっかりされますが、苦痛にみちた表情だと僕は読めましたが。ま、おそらくいろんな寒々とした要因のもとに彼はいままで育ってきたというふうに僕は、なんか直感で感じますが、証拠はありません。

問題はですね、彼は「人格障害」という、診断がなされてあります。高橋紳吾という東邦大医学部の助教授がですね、「反社会的人格障害」だというふうに、診断したということが新聞に載っておりました。ちょっとこれは問題だと思ったので、ひとこと言いたいわけですね。前のページを繰ってくれますか。


「人格障害」概念  
「反社会性人格障害の診断基準」という表があるでしょう。左側が「DSMのW」−これはアメリカの診断学、数年ごとにまとめられれて、今第W次改訂版。今、日本の学者、学生が必死になって暗記してるのが、これです。DSM。僕は「あほらしいから」みませんが。「ICD−10」というのは、これはアメリカだけじゃなくて、ヨーロッパも含んだ、まあWHOみたいなところが出したようなものですね。ちょっと微妙に違うんですが、左の方だけみます。「反社会性人格障害」、ちょっとざあーと読みますね。

「A、他人の権利を無視し侵害する広範な様式で、15才以来起こっており、以下のうちの3つ(またはそれ以上)によって示される。
(1)法にかなうという行動という点で社会的規範に適合しないこと。これは逮捕の原因になる行為をくり返し行うことで示される」と。
なんか長々言ってますが、要するに違法行為を何回かやってるいうことですね。
それから、「(2)人をだます傾向。これは自分の利益や快楽のために嘘をつくこと、偽名を使うこと、または人をだますことくり返すことによって示される。
(3)衝動性または、将来の計画をたてられないこと。
(4)易怒性および攻撃性。これは身体的な喧嘩または暴力をくり返すことによって示される。
(5)自分または他人の安全を考えない向こう見ずさ。
(6)一貫して無責任であること。これは仕事を安定して続けられない、または経済的な義務を果たさない、ということをくり返すことによって示される。
(7)良心の呵責の欠如。これは他人を傷つけたり、いじめたり、または他人のものを盗んだりしたことに無関心であったり、それを正当化したりすることによって示される。」
これがAです。この中で3つあったらいいいうわけですね。

「B」として、しかし「18才以上」ですよと、「C」として、「15才以前」、「行為障害」というのは、非行のことです。非行歴があると。
「D、反社会的な行為が起きるのは、精神分裂病や躁病エピソードの経過中のみではない。」 だから、分裂病とか、躁病は除きましょうかと、いうものですね。


犯罪を個人の資質とする保安処分思想  
次のページへ戻ってください。これが「反社会性人格障害」。
アメリカの教科書ではですね、榊原洋一という人が「多動性障害」児という本に書いてたんですが。多動児、非常にアメリカで増えてて、覚醒剤飲ますとまあ効くそうなんですが、覚醒剤の販売がどんどん増えて、間に合わないぐらい多動児の診断が増え、子どもに覚醒剤を飲ましてるわけですけど、まあ実際に効くのは効くらしいですよ。で日本でも、増えつつあるんですが。「多動児が行為障害になる」、つまり非行ですね。あの「酒鬼薔薇」、A君も、「行為障害」じゃなかったですかね、診断では。鑑定で。

この非行の人は、成人すると「反社会的人格障害」になるんだと、アメリカの教科書ではすでにもう載ってるんだそうです。全部かどうかは知りません。教科書に載るところまで、こういう説が強力になっているということですね。つまりこれは、犯罪を、つまり、子どもの時からもう犯罪の素質をもっているという、その発展形態…、ということを言ってるわけでしょう。つまり犯罪を個人の資質の問題に帰していますね。という意味で、見事に保安処分思想です。


保安処分の歴史  
次に、保安処分思想の登場というところです。1876年にロムブローゾというイタリアの人が、「生来性犯人説」、犯罪をおかすような人は常習犯ですよ、常習犯罪を犯すような人は、生まれつきなんやということを、言い出したあたりが出発点のようですが。産業革命後に、非常に犯罪が増加するわけですね。ま確かに浮浪者も増加しますから。

犯罪が増加したのに対して、刑法関係、治安関係の人が、常習犯がおるからやというようなことを言い出すんですよ。出てからまたやるやないかと。犯罪が増えるはずやと言い出すんですね。で、なんで常習犯みたいなおかしな人間ができたんやろかと。あれは「異常」性格やというわけです。それを「精神病質」という名前でもっともらしく病名つけたんですね。で、「異常」性格て、なんで分かるのと聞いたら、その証拠に、出たらまたやるやないかと、反省しとらんと。これは循環論法ですね、何も説明していませんね。




「反社会的」ということの二面性  
アメリカみたいな考え方にいうと、「反社会的な」というと僕は、やくざが思い浮かんだんですね。それは、差別だ、偏見だという人は後で反論してください。で、やくざは幼少期多動児だったんだろうかなどというと、吹き出すような話でしょう。

やくざというのは、僕が考える限りでは、社会的に明らかに誕生していますし、存在要因がありますし、なくならないと思いますね、今の社会では。で、どうも江戸時代に生まれたようです、僕が読んだ本では。江戸時代に建築現場で人足を集めて仕事さすでしょう。で、給料払うでしょう。その給料を取り返すために、賭博に誘う。賭博に誘って、また巻き上げてしまうんですわ。それをいろんな藩とかなんかがやっていった、賭博人が博徒として、侠客として美談も生まれますが、そのへんが誕生のようですね。

やくざというのは二面性があってね、労働者を取り締まるという、今でも中小企業の争議なったら暴力団呼びますしね、地上げもそうでしたね。三井資本がずっと使いますね。あるいは、山口組の発生は、神戸で沖仲仕の暴力的取締でしょう。で、そういう意味で、必要だから、やっぱいるもんだと思います、僕は。その面と、別の面で、やっぱ社会から差別された人たち。あるいははみ出した人たち。密入国した人たちとかね、務所上がりとかね。今の社会が受け入れない人たちがそこしかいくとこがないみたいな、そういう二面性があると、僕は思いますね。今日はやくざ論をいうとるじゃないんで次にいきますが。


「精神病質」概念の復活  
そこで、「反社会性人格障害」についてみるときに、みなさんから失笑の声がもれたように、非常に曖昧な概念です。もっというと、拡大解釈がなんぼでもできるんですね。この七つのうちの三つあって、18歳以上であったらいいわけですからね。これは、以前、精神神経学会で批判された「異常性格論」、「精神病質概念」の現代版の復活です。要するに、破廉恥な人非人としかいっていないわけですね。

私はこの概念を読んだときにですね。実は、中曽根康弘を思いだしたんですよ。違法行為を繰り返す。彼は灰色高官でしょう。だから、汚職を何回もやっているけど、上手に彼がやるのか、検察庁が踏み込まんのか知りませんけど、両方でしょうけど、灰色をずっと通ってきた人間ですね。違法行為を繰り替えしています、明らかに。そして彼は国鉄分割民営化の中で「ひとりも路頭に迷わせない」と国会で答弁したんですよ。うそでしょう。そして、七番目、良心の呵責、彼にありますか。彼にあったら、国鉄改革は間違いだったと言うはずでしょう。つまり、今の雪印の社長にしたって、高級官僚にしたって、この人非人みたいな人がいっぱい牛耳っているけど、「反社会性人格障害」というのは、そういう人たちにはなぜか張られませんね。


保安処分は魔女裁判  
保安処分というのは。先程佐藤さんがおっしゃったんで、言う必要がないかもしれないけど、保安処分というのは、やっぱり魔女裁判であり、予防拘禁と不定期刑だと思います。魔女裁判というのは14世紀から17世紀に吹き荒れました。だいたいご存じだと思います。ペストが流行する、都市の経済、中世では農村の経済が崩れていったようですね。貨幣経済が進行し、それが飢饉という形で現れます。それから、教会がどんどんどんどん堕落する。免罪符だしてきたりね。で、権威をとりもどさなゃいかん。それから、中世は性を禁圧するわけですが、いくら性を禁圧したって、女性はだんだんだんだん地位は向上してくる。それを叩きつぶさなきゃいかん。だから、どちらかというと、やはり魔女が多いわけでしょう。ガリレオみたいに男もやられていますけれども、圧倒的に女性がやられてますね。女性攻撃です。それから、宗教改革が絡みます。旧教徒と新教徒が、相手を魔女として裁くみたいなね。それから、財産が絡みます。裁判官はだいたい独身の裁判官で、魔女と認定したら、その財産をもらえたわけですね。

そういうことが絡んでずっと吹き荒れた魔女裁判。一言で言うと、世の中の乱れを魔女という「精神障害者」、ジャンヌダルクはそうだったなどといろいろ言われますけどね。「精神障害者」のせいにして火炙りにしていくという、犠牲の山羊ですね。今がそうですね。犯罪がどんどん増加していく。日本の治安は世界一立派だなどとうそぶいていたら、なんのことはない、どんどん検挙率は落ちていく。その時に、「精神障害者」が野放しされているからだみたいに、論が登場するわけですね。そっちに目を向けさせるみたいな。予防拘禁と不定期刑です。これは佐藤さんがいってました。


犯罪からの脱出  
で、七番目。犯罪からの脱出に大事なことはということで、石井小夜子さんは、ふたつのことを著書の中で言ってました。私は感心したんで、引用します。石井小夜子さん曰くですね。非行少年、非行少女というのは、共通して言えることは、すごく自己評価が低い。自分はダメな人間だと思っているんですよ。自分はなかなかいい人間やと思って希望に燃えている人は、ありえんですよ。自己評価がすごく低い。だから、再犯を防ぐためには、本人の自己評価を高めなけきゃいけないということをひとつ言っています。

もうひとつは、他人への不信感が強い。つまり、他者への信頼が回復していくこと、このふたつが、少年・少女達の再犯防止に重要なんだと、石井小夜子さんは言っています。

ところがですね。一回おちこぼれたり、自分はダメだと思ったり、おまけに犯罪を犯した人が、もういっぺん、自己評価を握りしめるということは、言うのは簡単やけど、難しいですね。本人にがんばれと言ったって、無理ですね。これは、周囲が本人の長所を見いだしつかみ出すという努力をしなきゃいけないと思いますね。犯罪者ではないんですけど、私は、慢性分裂病の人に、何人か言いました。あんた、ちょっと、欠点ばかり見とらん?自分の。それ、止めましょうや。私もね、自分の欠点なんてよう直さんしね。自分の欠点ばかり見つめていたら、落ち込んで死にそうになる、つらいと。だから、私の短所はこらえてくれと、心の中で言ってね。そのかわり、僕にもひとつぐらいよいところがあるから、そこで頑張るから、というふうに言うんですよと。あなたも、自分の長所を伸ばす方を考えませんか、と言うとね。私に長所なんかあるんですかと、真顔で聞くんですよ。それもひとりじゃないですよ、何人も。

僕は言うのね。ああそうですか。そんなん、じゃあなたは長所がなにもない、欠点だらけの化け物みたいな人ですかと。そんな人間がおるんですかと言うけど、それでも、なんか得心せんような顔でね、黙っているんですよ。つまり、自分の長所というのは周りがちゃんと評価してくれないと、自分でいくらこれが自分の長所だと言ったって、なんかむなしい、そういう悲しいものがありますね、人間関係には。


他者からの信頼  
他人への信頼の回復についてもですね。私はやっぱり周りだと思います。本人に人間を信じなさいなんて説教したった無理だと思います。自分のことを理解しようとしてくれようとする人がいた。やはり、本気で心配してくれる人がいた。あるいは、自分を信頼してくれようとする人がいた。理想論を言えば、一、二回裏切っても、まだ見捨てなかったということになりますけど。そういう人との出会いの中で、他人への信頼感が回復してくるんだと思いますね。

そういう点から考えるとね。今の少年院とか、刑務所とか、医療刑務所と、あるいは私が今勤めています精神病院とか、駄目ですね。だいたい、そこをくぐった人は、自己評価が下がって出てくるようにできています。自尊心が削り取られて、お前とんでもないやつだと、人間のくずやと、心を変えて再出発せいというか、言い過ぎかもしれないけど、しかしまあそうでしょ。刑務所や精神病院に入ったことによって、自分の長所が認められて、晴れ晴れしい顔で、さあやろうとはりきって出てくる人はいますか。


精神障害者の犯罪を減少させるには  
「精神障害者」の犯罪を減少させるために考えることは、私は保安官じゃないから、別に私が心配することじゃないですけど、一応考えてみました。

ひとつはですね、「精神障害者」差別の問題だと思います。これは、これだけでひとつのテーマとなるような巨大な問題なんですけども、「精神障害者」差別の実態と、精神病院の中身なんか知らない人がいっぱいいるでしょう。僕は多少知っていますけど、勤め先やから。そういう巨大な問題、法的差別、結婚差別、葬式にも呼んでもらえない。あるいは、医者の数も看護婦も内科や外科より精神科だけ少なくてよろしいとかね。欠格条項、こういう資格はあんたら取る資格はなんだとか、満ち満ちています。今は改正されましたけど、風呂屋まで入れんかった。村議会の傍聴もできなかった。なんからなんまで書いてあるわけですね、あんたらいかんということを。


「健常者」の人間性回復  
そういう「精神障害者」差別という重たい問題に対して、括弧「健常者」が学習して、自分たちの認識を変えて、差別とのたたかいに病者とともに立ち上がっていくことだと思います。この問題は、かわいそうだ、「障害者」のためにしてあげるんだではなくて、当たり前ですけど、われわれ「健常者」自身の人間性の回復にとって根元的な問題を孕んでいると、私は思いますね。もちろん、「障害者」差別だけじゃありません、部落差別も、民族差別も、女性差別もぜんぶそうだと思いますが。根元的な問題だと思います。その上で、「精神障害者」差別というのは、やはり、独特の重さというか、歴史をもっていますね。差別の中で、どの差別が重いかという話ではないですよ。そういう議論は意味ないけど。大変な問題をやっぱやっていかなければならない。大変だからこそやっていかなければならないと思います。それは、みなさん、ご承知のとおりですね。今まで、総評型労働運動が病者の労働者を守っていますか。相手にしていませんよね。


共同性の回復  
それから二つ目。やっぱり、不信感。「精神障害者」になる人というのはずうずうしい人はいません。どちらかというと、気の弱い、優しい、不幸な人が多いですね。だから、対人恐怖、対人不信というのが根っこにある人が多いです。ですから、人と人が信じあえるような社会、競争社会ではなくて、人と人が助け合う社会になることが、これは「精神障害者」に限りませんが、これが犯罪を減らす最大の鍵だと思いますね。共同性の回復だと私は思います。そのためには、私有財産制度とか賃労働と資本の廃絶というのはその重要な前提だと思います。もうひとつ言い加えると、ある「障害者」の人はこういうことを言ってました。又聞きですけれど、社会主義なったって変わりゃせん、「障害者」差別は。そんなん、わしら信じんと。同じ、一緒やろと。多少ましになるだけやろと。ということを言った「障害者」の人がいます。僕はそうは思ってません。


能力主義の克服  
能力主義の問題というのは大変な問題です。私の中にも染みこんでいます。染み通っています。東大出た人と京大出た人は頭がよくてすごいというのは、染み通っていますよね。あるいは、精神遅滞の人、生まれてほしくないとかね。いろんな形で染み通っていますが、この能力主義の克服ということをやっていかないと、やっぱ「障害者」差別はなくならないと僕は思います。そのためには、これだけで、全部かたがつくとは思いませんが、やっぱり今の競争させる、生産に有利に、よう働いてくれてよう稼いでくれる人が立派やと、生産に有用な人間が立派やと、スピーディな人間がよろしいと、のろいのはあかんと、こういう資本主義の価値法則を廃絶しないと、能力主義は克服できないと、僕は思いますね。マルクスという人が、自分の命を削りながら資本論を書き上げながら倒れていったのは、僕はやっぱりこういうことをしたかったら、彼は資本主義を研究していったんだと思います。しかし、スターリン主義者は、この一番大事なことを抹殺して言わなくなります。だから、こういうことを言う人が非常に少ない。


人の命の重さを量ってはならない  
最後に、ちょっと別の話をします。私はけっして仏教徒ではないんですが、お釈迦さんを尊敬しているんじゃないんですが、淡路の、部落解放闘争をしている浄土真宗のお坊さんが、教えてくれたんですが、南無阿弥陀仏という言葉は、原語で、「ナムアミータ」というんだそうですね。「ナム」というのは「not」、「アミータ」というのは「量る」という意味です。「量ってはいけない」という意味なんだそうですね。つまり、釈迦が言ったのは、価値ある人間、価値ない人間、あいつは立派なやつ、あいつはくだらんやつ、と量るなと。人の命の重さは量っていけないということを言ったのが南無阿弥陀仏だそうです。明らかに、ヒンズー教のもとでのカースト制度に抗し、反する言葉として、彼は言ったと思いますね。釈迦も能力主義を否定しました。

以上で、私の問題提起を終わります。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234