再犯予測に関する米国代表的教科書の記述と、
カロリンスカヤ精神医学関連文献について




精神科医療懇話会
高木 俊介
吉岡 隆一
浜垣 誠司
 



1.  
資料としてアメリカの代表的精神医学教科書 Kaplan & Sadock 編「comprehensive textbook of psychiatry」2000年度版 を紹介する。

その54章1節に「暴力的な患者」という小節がある。以下はその抜粋である。


Violent Patients(抄訳)  
「画期となったタラソフ事件でカリフォルニア高裁は、外来患者が第3者に重大な危害を加えそうな切迫した状況があるとわかった場合には、精神医療専門家にはその第3者を危害から守る義務があると判示した。それ以来法廷と立法者は、精神科医は暴力的になる可能性のある患者の将来の行動(危険性)を予測せねばならないという虚構の基準(fictional standard)を作り上げてきた。しかし、すべての研究は、精神科医は信頼できる正確さを持って患者の将来の暴力を予測できないことを示してきた。」

「暴力の危険性評価は、『今ここで』の決定である。暴力行為をするかどうかという評価は、直近の短時間(例えば24−48時間)を超えると累進的に正確でなくなる(progressively less accurate)。」


(解説)  
まず第一に気をつけるべきなのは、精神科医がリスク評価や再犯予測を強いられていること自体が批判されていることである。

Kaplan & Sadock の著者は、率直に「危険性予測の満足できる文献はない」と述べ、Oxford教科書には「臨床家は臨床的にリスクを評価する姿勢は持たねばならない」が「予測の能力には謙虚でなければならない」と側面から法の無理強いに抵抗している。

再犯や暴力、危険性の予測そのものの時間的見通しでは、数日とはっきり述べられている。Oxford教科書では、予測の実際に関する節で、精神医学的症状が暴力に関連する度合いは、その他因子(例えば病前の反社会的行動など精神症状以外のもの)に比べて意義が薄い、あるいは、暴力行為の実行は環境の引き金が大きいと述べている。

次に統計学的方法には、危険性の予測はあっても危険性の消失をしめす因子にかんする研究がない。拘禁する際には危険性に関係する因子を数え上げる事はしても、治療の効果による危険性の消失を評価する研究は、長期・統計的予測には全くない。このことは、Oxford教科書でも触れられている。

阪口厚労相は、Oxford教科書も米国の代表的精神医学教科書も未読、あるいは誤読している。再犯予測や危険性予測やリスク評価を精神医学に押し付けている英米の法と訴訟に対する精神科医の批判を、原文に添ってきちんと読み取れていない。むしろ、精神症状によって評価できる短期の予測については精神科医の責任として大事にし、精神医学を刑事政策ではなく精神医学=患者・治療者の営みとして復権しようとした叙述を読み取らず、教科書中に列挙された統計的因子の多さを、刑事政策的な予測が可能であると述べているのだと早合点した、喜劇的=悲劇的顛末が、この厚労相答弁である。


2.  
次に、厚労省が全国精労協との折衝の中で、再犯予測が可能であることの根拠を問われて挙げたものである、 カロリンスカ精神医学研究所の文献の「抄録」の翻訳を紹介する。

以下は抄録部の逐語訳なので、専門家以外にはわかりにくいと思われるので、末尾の解説を参照していただきたい。

------------------------------------------------------------------------
Tengstrom A.: Long-term predictive validity of historical factors in two risk assessment instruments in a group of violent offenders with schizophrenia.


(抄録)  
精神分裂病を持った暴行犯106名を対象として、暴行犯の再犯予測に関する「暴力リスク評価ガイド(Violent Risk Appraisal Guide, 以下VRAG 」および「H-10」の長期的な予測妥当性を調査した(H-10は、リスク評価尺度HCR-20の履部分である)。また、VRAGの個別の得点によって、再犯に関する種々の絶対的リスクを9つのカテゴリーに分けることの妥当性を検証するよう試みた。

2つの尺度の評点は、種々の記録に基づいて、事後的に遡及する形で行った。対象者は、病院からの退院後、平均86ヵ月(標準偏差=19.33)にわたって追跡調査された。

この追跡期間に、対象者の29%が暴行犯を再び犯した。この結果が示すところは、以下の通りである。H-10とVRAGの双方とも、暴行犯再犯の予測に関して中等度の能力があり、H-10の方がごく軽度だけ正確であった。H-10の大半の項目は、暴行犯再犯と有意な相関があったが、VRAGの項目は半分しか有意な相関がなかった。また、VRAGの得点を9つのカテゴリーに分けることは、評価の分かれる結果を生んだ。スウェーデン人の対象群では、VRAGの得点の増加が再犯の絶対的リスクの高さと関連しているという線型の傾向が見られた。しかし、得点の分布および再犯の絶対的リスクの数値は、追試できなかった。

結論としては、重度の精神病者において将来の暴力を長期予測する上では、履歴因子が重要な役割を果たすと思われる。


(解説)  
まず第一に、この研究は、「2つの評価尺度を検討してみたところ、これらが再犯予測に関して中等度の能力(moderate ability)があった」ということを報告しているだけで、別に一般論として「精神障害者の再犯予測は可能である」と主張しているわけではない。

第二に、moderate ability というのがどの程度の数値なのかはこの抄録だけからは不明だが、いずれにせよ「統計的にある程度の相関がある」ということにしかすぎない。つまり、「再犯可能性のある者」と「再犯可能性のない者」を、この方法によって判別できるわけではないのである。評価尺度の結果によって、ある得点以上を「再犯可能性のある者」として扱うことにした場合、その中には必ず一定割合で「再犯しない者」も含まれることになるし、その逆も同様である。

最後の結論は、長期予測のためには、(ある時点の精神症状ではなく)履歴因子(個人の生活史や過去の犯罪歴など)が重要な役割を果たす、ということである。つまり結局は、専門家が研究成果を元に予測すると言っても、「今まで繰り返している人は今後も繰り返しやすいであろう」という陳腐な事柄に毛が生えたようなことを言えるだけなのである。

以上。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234