速報・精神病院での患者虐殺表面化




入院患者をなぐって死なせた疑い 看護助手逮捕 和歌山(7.18朝日コムより)  
精神病院に入院中の男性患者(52)を殴って死亡させたとして、和歌山西署は17日夜、和歌山市和歌浦東3丁目、医療法人旭会「和歌浦病院」(篠田博之院長)の看護助手奥野正夫容疑者(45)=同市坂田=を傷害致死の疑いで逮捕した。

調べによると、奥野容疑者は同日午前6時15分ごろ、病院1階の廊下で患者が注意に従わないことに腹を立て平手で1回ほおを殴り、患者を転倒させ、死亡させた疑い。患者は倒れた際、頭を強く打ったとみられる。同容疑者は患者が別の患者の歯ブラシなどを持ち出すなどしたため、注意していたという。

同病院は精神科と神経科と心療内科があり、患者は統合失調症で入院、治療を受けていたという。


 







バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234