02.5.2第二回関西保安処分学習会報告
40人の参加のもと大成功しました





8月24日
第三回学習会に誘いあわせて集まろう   
 
第三回学習会
8月24日(土曜日)午後6時
尼崎市立小田公民館
講師中田政義弁護士

もくじ
学習会提起
討議録




関西保安処分問題学習会運動
連絡先:尼崎市西長洲町3−6−13−23共生舎
事務局電話:090−305−40947
郵便振替00960―1―140519共生舎 通信欄に「学習会運動」と記入して下さい


 



第二回学習会には40人が参加、反撃を開始した  
第二回学習会報告
場所、小田公民館
日時、2002.5.2、18時
第二回学習会に40人の「病者」、労働者、医療労働者、精神科医らが集まり大成功しました。この法案への労働者市民の関心の高さを示すものでした。虹の会・佐藤さんの闘争報告、保安処分研究会・木下さんの法案批判に続いて、兵庫県立光風病院精神科医師の柴田明さんが講演をされ、熱心な討議が行なわれました。まとめとして、この心神喪失者等医療観察法案を今国会で廃案にするため、世論を盛り上げようと提起されました。何度でも国会闘争やデモを闘い、ビラをまき、新聞投書欄に多くの投書を集中させ、署名運動も活用して私たち自身の手で世論を作っていきましょう。政府は、犯罪事実を刑事裁判で審判して刑罰を決めるという憲法上の大原則を「病者」に対しては否定し、「再犯のおそれ」という何の医学的根拠もない予断と偏見で強制収容するという新保安処分制度を法制化することを狙っています。そのことを通して、労働者市民に「病者」には憲法も人権も必要ないという考え方を扇動しようとしています。「人間外の人間がいる」という思想攻撃を加えることで、労働者市民を変質させ、差別を平気で行い、戦争で人を殺せる人間に作り変えようとしているのです。

しかし、いま、有事立法、報道統制法などに多くの労働者市民の関心が集まり、反対の機運が盛り上がっています。この機をとらえて、保安処分新法反対の宣伝をより一層強めましょう。政府に打倒されるのではないかという恐怖をいだかせた時に、法案を廃案に追込むことができます。その展望は大いにあります。有事立法反対の闘いと一体で、「心神喪失者等医療観察法案」を廃案に追込みましょう。その宣伝にこの学習会報告を活用してください。

第3回学習会は8月24日(土)午後6時 尼崎市立小田公民館 講師中田政義弁護士


柴田明さん(兵庫県立光風病院精神科医師)講演抄録
「一精神科医の感取する保安処分法」
 



私達は今どういう時代に生きているのか  
いま50歳です。子供のころ「特高がくるぞ」としかられた経験のある世代です。すごい時代が10数年前にあったとは当時はピンと来なかった。国家の圧力を実感したのは、昭和天皇の死んだ時、テレビのどのチャンネルも喪に服し、息詰まるものを感じた時でした。これは戦前の雰囲気だと思った。いざというときには国というものがかなり強力に日常生活の中に入り込んでくる印象が残った。

この春こどもの小学校の入学式だった。国旗・国歌があったが新たな国の圧力を感じたのは、校長に続き、一般人のPTA会長も国旗に最敬礼をし、小学一年生に向き直った光景だった。その礼はまさしく「御真影」を拝する感じでそれが国の意向だという不安を感じさせるものでした。

有事立法についての首相のコメントに、5人組のようなものがあればいいというものがあったり、報道統制法も出てきている。国家というものが日常の中に一歩突っ込んできていると強く感じる。

保安処分を考える時、そういう時代に来ていると感じ取っておく必要がある。


心神喪失者法案を見る  
審議はこれからとされているが、2月27日の衆院法務委員会ですでに審議されている。

「医療的判断をもとに法律的な判断をしていく」と裁判官の判断が優先されるとされている。高原政府参考人という何者かわからない者が、「継続的な医療を行わなければ再び対象行為を行なうおそれの有無を予測することは可能であるというふうに国際的にも認められております」と言っている。政府はこれを言わしたかったのだ。「予測はどの程度できるか、現在の司法精神医学において、6ヶ月程度の予測は可能と国際的論文等から明らかである」とも言っている。「国際的に認められている」という根拠の無い言葉だけで議員が納得してしまっている。これが前提となって法律が作られると、精神科医はこういうことができるはずだと現場に強制されてくることになる。うっとうしい答弁だと思う。

法律家の立場から、大野最高裁判所長官代理は、「法律ができたら、適正な運用、判断が行なわれるように努めてまいりたい」と言っている。(現実はともかく)法として成立すれば法律として運用をするぞということになる。法律家の書く保安処分関連の本には精神病院における人権問題は保健法導入後は改善され問題ではなくなってきていると書いてあったりする。精神科医の感覚と全然違う。日本の精神医療の現実と無関係に法が作られようとしている。

法務省、厚生労働省の利害の対立があって法が作られないできたが、今回話が進んだ。法務省は厚労省とで権益をめぐる妥協があったのではないか。そういう方面からの情報もあったらと思う。


池田小事件から見えるもの  
世論をかくれみのにして保安処分法の話を進めたという感じが強い。最初の事件の鑑定は「分裂症」という診断だった。あとで「病気とウソをついた」ということになった。事件をそのまま受け止めると、鑑定をしっかりりせよ、安易に責任能力の無い人間をつくるな、そういう厳しい要求が精神科医に課せられることになると思った。しかし、最初の鑑定の問題には突っ込んでこずに、犯罪を犯した「精神病者」が適正に処罰されていないという議論になった。論点がすりかえられている。

1985年ごろ道下レポートというものがあった。最初は病院に処遇の難しい人の扱いはどうしたらいいかお答えください、というアンケートが配られてきた。厚生省はその報告を「触法患者」の問題にすりかえた。「触法」イコール「処遇困難」ではない。病棟で過ごしている様子から見て、決して「殺人者」イコール「処遇困難」ではない。すりかえがあると意識し始めた第一歩だった。

池田小事件では、措置診療体制の問題が「精神病者のばなし論」にすりかえられた。

最近、司法精神医学からのアンケートがあった。結局、司法精神医学の教育が必要であると結論された。触法患者の判断は一般医でなく司法精神医学のエキスパートの養成が必要であるというすりかえになってゆくのではないかと案じている。


司法権力に触れる  
司法権力の問題として、池田小事件のT氏の最初の鑑定の問題がある。一般的に鑑定は医者の判断を尊重するとなっているが、鑑定の時点で病気の問題でないと分っても、司法にもどすことはできない。鑑定に行ったときには入院先が決まっているという場合が多い。病気っぽい雰囲気があれば入院に向けて流れをつくることになる。T氏の最初の事件は詐病だったということで、鑑定した人の判断がクローズアップされ、医者が何回も検察にに呼ばれた。医者が容疑者扱いされ、ぐいぐいと締め上げられた。

「事件」が問題である時の司法と医療の立場ははっきりしている。重大事件となると司法の判断が断然強い。


マスメディアの動き・国の動き  
少年Aの事件で言われたような、少年犯罪が増えているというようなことは現実の数字と違う。重大事件も実は増えていない。しかし少年法改正はやむをえないというように思わされた。非常に残酷な事件だったがマスコミで取り上げられなかった16歳の少年の事件がある。残酷さや無法ぶりでは少年Aをしのいでいるが、14歳ではなかったから取り上げられなかった。マスコミには気をつけないといけない。大変な事件は取り上げられていると私たちは思い込んでいるが本当は違う。ニュースは操作されているのではないか。そう思ってマスコミ報道を見直してゆく必要がある。


日本の現実を重ねて見る(人権後進国としての問題)  
日本の精神医療に重大な人権の問題はなくなってきているとしている法律家の感覚はあやういと思う。退院請求を受ける立場にある行政の役人が、入院患者が何回も退院請求をするのは治療上の問題であると明言する文書がある。行政の感覚はあやうい。地域の消防隊からの脅しの文書がある。こういう地域では、精神保健監察官は中立ではない。江戸時代の「ムラ」のようなところは今でもある。提出した資料は日本の人権感覚の後進性を示すものだ。

「精神病者」に対する日本の地域格差は大きい。運転免許は欠格条項だが、阪神間では問題にならないが、四国では治った後でも免許は発行されない。はっきりとした地域差がある。


不安な将来  
西鉄バスジャック事件で町沢という医者は、予見できたとテレビで精神科医を非難した。できなかったのはよく診なかったからだと。「予見できる」と言う圧力で、犯罪防止が精神科医の仕事になる。「予見できる」と言いきられることで犯罪を一度もおかしたことのない「精神病者」の監視の役割が精神科医の仕事とされるようになってくる。うっとうしい話である。


日常生活への国家権力の侵入  
有事立法ができると、民間に政府が介入できる。遠方で起こったことでも「有事」だといえば日常生活が締め付けられる。そういう時代背景の中に保安処分があるということを位置づけないといけない。「重大な他害行為」ということだが、「重大」というのは法律的でない表現である。時代の流れによって拡大解釈されるのではないか。皇室関係が入ってくる可能性があると思っている。ユニバーシアードで皇室の植樹の時、警察から外出させないように病院に依頼があった。国にとって皇室関係は特別であるようだ。「重大な」というあいまいな言い方で、広範囲に網をかけてくるのではないか。
もくじへ戻る



質疑・討論要旨  
A 法案の中の「自殺関与」とは何か。こういう概念を持ってきた理由は何か。

木下さん 同意殺人と同じ。嘱託殺人とも言う。対象拡大の目的があると思う。

B 精神医療というか「病者」がなぜこの世の中でなくならないかという問題と、精神医療の反動ぶり、「人格障害」という規定に怒りを覚える。保安処分の根幹をなす、精神医療の問題点だと見ている。マスコミのすりかえ、精神医学のでたらめさだと思う。「病者」がなぜいるのか。資本主義社会の中で出てくることを見ないといけない。保安処分法は戦争のための法律だ。

C 「人格障害」のことで天皇の問題を考えた時、虎の門事件があって、不敬罪で死刑になった人のことを強く思った。そういう時代が今また頭をもたげていると思う。

D 司法精神医学は何時できたのか。

柴田さん スタートから司法精神医学はあった。現代精神医学のそもそもの出生が司法精神医学から始まっている。(医療であるように)精神科医は切り開いてきている。

D 法医学との関係は。

柴田さん 一応別のことだが、医学が司法権力に迎合するという問題があると思う。

E 再犯を防ぐということに保安処分の意味があるとされている。そうすると初犯を防ぐということが問題となってくる。「予見できる」ということから、予防入院ということで何もしていないのに言動などだけで拘禁されるという問題が出てくる。妄想・幻聴があるというだけで引っ張られていく。病院の中で症状が悪くなるという精神医療のそもそもの問題がある。冤罪ならどうなるのか。言動だけで一生ものにされるおそれがある。そういうことがいくらでも出てくる。犯罪と関係なくても「病者」というだけで引っ張られることが起こってくる。

柴田さん 国旗をうやまい、天皇制に従うものが立派に市民とされる時代が近いのではないか。時代が苦しくなったら、精神科医として迎合しないと公立病院におれないというようなことになってくるかも知れない。この法律が通ることで苦しい時代になってくる。

F 養護学校の介助の仕事をしているが、「障害児」を大事にしようとすると労働者同士の対立が出てくる。こだわってやっていると異常視される風潮がある。精神的に追い詰められて、「精神病者」と「健常者」の境目がなくなってくる。保安処分には普通に生活できない恐怖を覚える。

G 保安処分は労働者の問題だ。年間3万人の自殺者、職場で追い詰められて発病していく人が増えている。誰でも「病者」になる可能性がある。精神医療は「病者」を癒すためにあるはずであり、犯罪予防のためではない。精神神経学会は保安処分反対決議をあげているが、精神科医は精神保健審判員を拒否するという運動を作って欲しい。


関西保安処分問題学習会運動 呼びかけ人・団体  
兵庫県精神障害者連絡会
三好博文(兵庫県精神障害者連絡会代表)
西山史郎(灯会会長)
柴田明(精神科医・兵庫県立光風病院)
小川紘(精神科医・明石病院)
生村吾郎(精神科医・いくむら医院)
住田雅清(高見さんを支える会代表)
高見元博(兵庫県精神障害者連絡会会員)
佐藤忠(虹の会代表)
保安処分研究会
「精神障害者」差別によって分限免職にされた芦屋郵便局・高見さんを支える会


賛同人・団体  
永嶋靖久(弁護士)
北川敏雄(東灘郵便局部落解放研究会)
加瀬都貴子(神戸市民救援会議)
高槻医療福祉労働組合
小松千尋(全国金属機械労働組合港合同南労会支部委員長代行)
徳本光昭(医師)
渡海優(関西合同労組副執行委員長)
野村元延(自立労働組合京都書記次長)
新行内六三(労働組合専従)
木下昌朗(保安処分研究会)
山本美知子(婦人民主クラブ全国協議会・神戸支部)
百々年美(婦人民主クラブ全国協議会・神戸支部)
中田政義(弁護士)
井上淳(会社員)
山本拓人(神戸第一高校)
石川豊子
長田正義(精神科医・長田やすらぎクリニック)
                 
     順不同・敬称略   2002年5月9日現在
もくじへ戻る




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234