5・2保安処分学習会に結集しよう



保安処分新法を許すな  
3月15日、「心神喪失者処遇法案」という名の保安処分新法が閣議決定されました。マスコミをにぎわした池田小事件を口実として、政府の長年の念願だった保安処分を一気に作ってしまおうとするものです。この保安処分ほど「精神病者」のおかれている現実を反映したものはありません。憲法で保障された基本的人権など「精神病者」に対しては一切必要ないとするものだからです。

保安処分新体制は、法律を犯した「精神病者」に対する法案と、「精神障害者」対策5カ年計画(仮称・ダイヤモンドプラン)からなります。法律を一度犯した「病者」には一切の人権はないとするのが保安処分新法です。ダイヤモンドプランは、「福祉」の一切を「病者」の人権を侵害する管理機能として作り変えるというものです。


予防拘禁と不定期刑が登場  
この法案は、予防拘禁制度を新たに作り、犯罪者とみなされた「病者」を、事実審理もなしに一生特別施設に収容するという法律です。一般刑事犯は裁判で決められた刑期を終わればそれ以上人権を侵害されることはありません。ところが「病者」に対しては、一度犯罪を犯すと、あるいは犯したと権力が決め付けるだけで一生を特別施設に収容するようにしようというのです。医学的には判断不可能だとされている「再犯の可能性がなくなるまで」として永久に収容されるのです。裁判にあたる「審理」に際して事実調べが行なわれないことから無実の主張がそもそも不可能であり、いったん刑が決まると抗告することもできないのです。無実の罪で一生を収容されるということが起こってきます。「精神病者」には無実の主張をすることさえ許されないのです。裁判官の予断と偏見で、予防拘禁と不定期刑が科される恐るべき法案です。


すべての「病者」が対象に  
さらに、それにとどまりません。再犯を予防するためには「病者」の人権など必要ないという考え方のもとでは、初犯を防ぐために「病者」をあらかじめ収容しておく必要があるという論理に簡単につながります。初犯を防ぐためとして、すべての「病者」を一生隔離収容することに道を開こうとしているのです。保安処分新法と関係のない「病者」はいないのです。

さらに、収容される先は普通の精神病院ではなく、病院のなかに特別に作られた施設だとされています。そこで行なわれることは普通の治療ではないのです。再犯を防ぐという治療など医学的にはありえないからです。治療ではない拷問に等しい強制収容が一生行なわれるということです。


戦時治安法のはじまり  
なぜ今このような動きが強まっているのでしょうか。それは、日本政府がアフガニスタンの戦場に自衛隊を派兵し、侵略戦争に参戦し、有事法制を作ろうとし、憲法を改悪しようとしていることと密接な関係があります。戦争を始めるなかで政府にとって、治安の維持が最優先課題となり、彼らにとって「危険な病者」が社会に存在すること自体を許せないという考え方なのです。一方で政府に従順な「病者」団体に対しては保護と育成を行ない、他方で政府に従わない、あるいはその可能性のある政府にとって「危険な病者」に対しては一生を隔離収容するというものなのです。


労働運動活動家も対象に  
この新法が「反社会性人格障害」なる非医学的・反精神医療的な概念を含んだものであることを見なければなりません。この考え方は、国家の政策に従わない労働運動家などに対して、「人格障害」という精神障害の一種だと規定して隔離収容するというものなのです。社会に抵抗し社会の規範に逆らう者は「人格障害」という精神病だから収容する必要があるとされるのです。


直接行動・実力糾弾で粉砕しよう  
このような絶対に許すことのできない危険な動きに対して、私たちは関西で保安処分問題学習会運動を立ち上げました。第一回の学習会を「病者」、労働者、医療関係者など35人の参加で闘いとりました。そこでは「病者」が次々と発言に立ち、「病者」への差別を糾弾し、自己解放の宣言を発しました。この力を首都東京での、厚生労働省、法務省、国会に対する実力糾弾の闘いとして結実させることを確認しました。第二回の学習会に総結集し、直接行動でもって、保安処分新法をほうむりさりましょう。

「病者」とそれと連帯する労働者の総団結で闘いましょう。戦時下の差別分断攻撃に対する階級的な反撃の闘いとして保安処分新法と断固闘いましょう。すべての労働者はともに闘おう。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234