5.2第二回保安処分学習会への
ご案内

02年4月
関西保安処分問題学習会運動 
尼崎市西長洲町3−6−13−23共生舎内
рO90−305−40947




保安処分でどうなるのか学習しよう  
3月18日、「心神喪失者等処遇法案」という保安処分新法が国会上程されました。「心神喪失者等処遇法案」で一体何がどうなるのでしょうか。第二回学習会では、治安法的観点からと「精神病者」差別という観点から講演をいただきます。ぜひご参加ください。

新法で一体何か起きてくるのか。いまでさえ「病者」に対する差別は大きなものがあります。その上に新法が加わってくるのです。差別の激化は恐るべきものがあると思われます。また、この法案は治安維持という観点から、「病者」や政治的確信者を取り締まるものだといわれています。地域で差別の中で暮らし、生活している「病者」の生活基盤がどのように破壊されるのか。生活の場から保安処分施設の収容されるばかりでなく、今を精一杯生きている多くの「病者」に対してその生活基盤が破壊されるような差別の激化が襲ってきます。「病者」=犯罪者といわんばかりのキャンペーンがはられ、地域で暮らしている「病者」は今まで以上に差別にさらされています。


基本的人権を奪うもの  
この法案は、憲法で保障された基本的人権など「精神病者」に対しては一切必要ないとするものです。「社会にとって危険な、犯罪を犯すような精神病者」には人権は必要ないという差別主義への労働者市民の屈服を引き出し、「病者」差別のエスカレーションをはかるものです。


予防拘禁と不定期刑  
この法案は、予防拘禁制度と不定期刑を新たに作り、「再犯のおそれあり」とすることで「病者」や政治的確信者などを、事実審理もなしに一生保安処分施設に収容するというものです。「再犯のおそれ」など証明不可能なのですから、逆ら言えば証明はいらないということです。そして「再犯のおそれ」のなくなるまでとして一生を収容されるということになるのです。「再犯のおそれ」が証明不可能なように、「おそれ」がなくなるということも証明できないからです。またこの法案は事実調べが行なわれず、無実の主張ができないというものです。    


新法に無関係の「病者」はいない  
そのようにして次々と、警察が「危険」とみなした地域で生活する「病者」や政治的確信者を保安処分施設に収容し抹殺していくということが狙われているのです。

さらに、収容される先は普通の精神病院ではなく、病院のなかに特別に作られた施設だとされています。そこで行なわれることは病気の治療ではないのです。再犯を防ぐという治療など医学的にはありえないからです。治療ではない拷問に等しい強制収容が一生行なわれるということです。


政治的確信者が対象に  
この新法は「反社会性人格障害」なる非医学的・反精神医療的な概念を含んだものです。この考え方は、国家の政策に従わない革命家、労働運動家などの政治的確信者に対して、「人格障害」という精神障害の一種だと規定して隔離収容するというものなのです。政治的確信者を「反社会的人格障害」と規定するためのでたらめきわまる診断基準が存在するのです。


学習会と国会闘争で廃案に追込もう  
このような絶対に許すことのできない危険な動きに対して、私たちは関西で保安処分問題学習会運動を立ち上げました。2月23日、第一回の学習会を「病者」、労働者、医療関係者など35人の参加で闘いとりました。そこでは「病者」が次々と発言に立ち、「病者」への差別を糾弾し、自己解放の宣言を発しました。第二回の学習会に総結集し、国会に対する直接行動・実力闘争でもって、保安処分新法をほうむりさりましょう。

労働者市民は、差別をのりこえ、地域で暮らす「病者」と共に生きていきましょう。地域で暮らす「病者」との具体的な連帯こそが求められています。労働者市民を襲う差別キャンペーンに対して、それを許さないという立場をつくるためにも、地域で暮らす「病者」との連帯が何より必要なのです。「病者」差別に屈服し、この法案を通してしまえば、今度は労働者市民が収容の対象となります。自らにかかってくる火の粉を取り払う方法は「病者」差別を許さないということです。その差別を許さないということを実践するには具体的な「病者」と接することです。その場の一つとして学習会に参加しましょう。

5月2日、午後6時30分、尼崎市立小田公民館に集まりましょう。小田公民館はJR尼崎駅北東すぐのところです。

講師、柴田明さん(兵庫県立光風病院精神科医師)他。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234