2・23第一回関西保安処分学習会は
35人の参加のもと大成功しました





5月2日
第二回学習会に誘いあわせて集まろう   
 
第一回学習会
場所、小田公民館
日時、2002.2.23、18時

もくじ
学習会提起
討議録




関西保安処分問題学習会運動
連絡先:尼崎市西長洲町3−6−13−23共生舎
事務局電話:090−305−40947


 
第一回の保安処分学習会には「病者」、労働者、医療労働者、精神科医など35人が集い盛況のうちに大成功しました。討議では「病者」が次々と発言に立ち、文字通り、「病者」自己解放の新たなる宣言の場となりました。講演、討議をとおして、「病者」の主体的決起と連帯して「健常者」である労働者こそが保安処分との闘いに起ちあがり、「病者」に学びながら、差別分断攻撃をはねのけようと提起されました。発言に立った「病者」の「いま自分が声を上げなければならない」という意見が特徴的でした。総翼賛化的ないまの危機的状況を何としても突破する運動が必要です。失われた共同性の奪還にかけて、さらなる「病者」、労働者、精神科医の連帯を作っていきましょう。3.24首都東京での全国集会・デモに起ちあがり、引き続いて5月2日の第二回学習会をみんなの手で成功させよう。関西で学習を深め、首都で中央闘争を闘うという考え方です。5月2日第二回学習会に集まり、学習と討議を深めていきましょう。職場の同僚、地域の仲間、グループの仲間などをぜひ誘ってご参加ください。

第二回学習会は、5月2日木曜日午後6時30分より、尼崎市立小田公民館(第一回と同じ・JR尼崎駅北東すぐ)です。講師は兵庫県立光風病院精神科医師の柴田明さんです。


明石病院精神科医師・小川紘さん講演抄録  
虹の会代表の佐藤さんの講演は、反保安処分闘争をたたかってきたものとして、その歴史をふりかえり、メルクマールとなる事柄について具体的に展開されました。

小川先生の講演は、豊富な事例にもとづき、保安処分の問題点をうかびあがらせるものでした。おって全文をテープおこしした報告集を作成する予定です。ここでは紙面の都合上要旨のみの収録としました。


「精神障害者の犯罪について思い出すことと思うこと」小川紘さん  
精神障害者の犯罪について、検事が精神病院にほうり込んで一件落着とすることが多い。めんどくさいし、裁判で負けたくないということで、強制入院させる。そういう診断書を書く医者がいる。

今の悪法の草案では、責任能力なしということで、不起訴、起訴後無罪となったとき、司法に介入させる。裁判官が入り、精神保健福祉士が入る場合もあるが、被害者、被害者の遺族が傍聴するなかで、入院決定、退院決定、通院を無理やりさせるということが決定される。裁判官を入れることで医者の勝手にはさせないというなか、一生特殊精神病院に入れる決定がされる。起訴か不起訴という段階できちんと精神科医の意見を聞くべきだ。現在の司法のあり方では、本人が事件をとらえかえし自分なりの結論を出すことはできない。

事件を起こした人が実はいじめなどの被害者だという場合が多い。それが加害者となり新たな被害者を生むという連鎖になっている。連鎖ということでは、非行少年・少女は被虐待児が多いといわれている。病者の犯罪は差別社会への復讐だといった人がいるが、50パーセント以上そうだと思う。1981年の新宿バス放火事件の丸山さんの言った「しあわせなやつが憎かった。みんなが自分をバカ(ママ)にする」という発言が心に残っている。福祉の対応、知的障害者を軽蔑するという原因があったのではないか。この人も自殺しているが、犯罪を犯した精神障害者で自殺する人が多い。そうでなくとも一生精神病院だ。政府やマスコミは精神障害者の犯罪はよく書くが、自殺は書かない。無差別ということは精神障害者の犯罪の特徴か。そうではない。追い詰められたものの絶望と自殺願望と背中合わせの感情、そして社会への恨み感情が密着しておこっている。社会の共同性の解体、競争社会のひずみが背景にある。

宅間さんは「反社会性人格障害」と言う診断をつけられているが、これは問題がある。犯罪を個人の資質の問題に帰すという見事な保安処分思想だ。診断基準はまったくでたらめで誰でも当てはまるものだ。常習犯は生まれつき異常性格で、異常性格者は常習的に犯罪を起こすという循環論法になっている。かつてそれは精神病質と名付けられた。アメリカの教科書には、「幼少期多動児だった人が非行少年・少女となり、成人すると反社会的人格障害になる」と書かれている。拡大解釈がいくらでもできる精神病質概念の復活だ。

保安処分は魔女裁判だ。世の中の矛盾を精神障害者のせいにして火あぶりにかけようとしている、犠牲のやぎだ。予防拘禁と不定期刑が行なわれる。犯罪が増えていっているのに検挙率が下がっていることの目をそちらに持っていく意図がある。

犯罪からの脱出はどう考えればいいのか。自己評価のすごく低い人が非行少年・少女に多いといわれる。また、他人への不信感が強い人が多いといわれる。犯罪者ではないが、慢性分裂症の患者には自分の長所など無いという人が多い。自己評価を高め、他人との信頼を回復しないといけないが、それには周りの人の理解と信頼が必要だ。

精神障害者の犯罪を減少させるにはどうしたらいいか。社会は精神病差別に満ち満ちている。「健常者」が学習して精神障害者差別との闘いに立ちあがることだ。「健常者」自身の人間性回復にとっても根源的な問題だ。総評型労働運動は、病者である労働者を相手にしなかった。

人と人が信じあう社会が必要だ。競争社会ではなく人と人が助け合う社会になること、共同性の回復が必要だ。そのためには賃労働と資本の関係を覆さなければならない。能力主義の克服なしに障害者差別はなくならない。生産に有用な人が優れているとする資本主義の原理を廃絶しなければならない。マルクスのそういう提起をスターリン主義が抹殺した。

シャカの教えには「人の命の重さをはかってはならない」という言葉がある。カースト制を批判する言葉だった。そして、能力主義をシャカは批判している。
もくじへ戻る



討議要旨  
A 保安処分新法、処遇困難者病棟は社会の安全、治安維持のため権力者が強制するものだ。病者は一般市民の都合で生きているのではない。僕たちは生きているんだ。病気が犯罪ではない。単発的に何かが起きるとマスコミは書き立てる。病気自体が危ないとされる。症状が原因なのなら治療でなければならない。犯罪をしていなくとも網にかけられようとしている。
小川医師 放火で鑑定した人が一人いたが医療保護で民間病院に入院した。放火といってもごみ箱に火をつけただけ。父親や世間が簡単に退院させない。
被害者への配慮は、全否定はできないがいやなものを感じる。当事者同士を対決させて報復感情を満足させるいやな物を感じる。国家補償がきちんとされないことから目をそらそうとするもの。落ちていた面に便乗した政治的なものを感じる。

B 保安処分の内容が良くわかった。保安処分は現実の精神医療の上に作られようとしている。措置、医療保護、精神科特例を問題としたい。精神科医は居直りをしてきた。入院体験の中で、母や彼女からも強制入院させられた。問題は共同性の奪還にあると思う。家族の共同性、共に闘う仲間の共同性だ。私の経験からは、共に闘う仲間が強制入院はあるまじきものとして自由入院を勧められて開放病棟で面会も毎日だった。退院後も闘う場への復帰が早かった。誰でもなりうる病気だとわかって欲しい。私も混乱した中で犯罪をやる。それに責任をとれとは病気への責任をとれとなる。「精神障害」を起こす社会をくつがえさなければならない。

C 当初、病気になったことを認めたくないという思いがあった。自分のなかにある差別だった。いま作業所の法人化をしないと補助金が減額される。そこにしかいけない病者が排除されようとしている。保安処分に反対だ。精神病は誰でもなりうる社会の矛盾だ。

D 池田小事件への全精連の評価に批判がある。宅間さんは精神病なのか。

小川医師 宅間さんが精神的病気かどうかは資料がないので解りません。人格障害という病気があるのかどうかは用心深く考える必要がある。性格の偏りは誰にでもある。「異常性格」が病気であるか慎重に見守りたい。分裂病自体診断基準に諸説がある。スターリン主義には保安処分がある。

E 中学卒業後3年間精神病院に入った。病院の作業に参加しないと社会復帰の意欲がないといわれる。強制的に作業をやらしている。それが治療だと言う。自分では病気という認識がなかったが、ちょっといつもと違うという感じはあった。しんどくなった時受け止めてもらえるだけで安心できる。そういう医者は少ない。病者の立場に立った運動を求めている。

F 病院職員だがてんかんを持っている。やることがゆっくりだったり忘れるということがある。いま、自分が声を上げていかないといけないと思う。犯罪を犯した病者にどう関わるか、自分自身どう考えたらいいのかもがき苦しんでいる。行政は生活保護を受給している人に上から物を言う。生活支援という所に国のごまかしがある。福祉の人間をからめとる思惑がある。いま、措置から契約にといわれている。おかしいと思う。契約とは金が絡み、自己負担を強いるものとなっている。移送制度というものができて、民間業者が30万円もとって病者を強制入院させている。

G 今の会社に入って21年勤めて、合理化でうつ病になった。3年休職したら退職となるので無理にでも復職した。移送制度は家族が第一の差別者だ。民間業者と利害が一致している。家族が強制入院させたいとき、民間業者が手軽にうまいことやってくれる。トキワ警備などが利益をむさぼっている。自分を信頼してくれる人に出会ったとき人間性を回復していく。病者にとってちょっと悩んでいることを聞いてくれる人がいれば楽になる。安心できる。精神科特例は問題だ。保安処分新法を許せば「健常者」の精神が腐っていく。「病者」は殺してもいいのだという思想につながっていく。今日を始めとして闘っていきたい。


関西保安処分問題学習会運動 呼びかけ人・団体  
兵庫県精神障害者連絡会
三好博文(兵庫県精神障害者連絡会代表)
西山史郎(灯会会長)
柴田明(精神科医・兵庫県立光風病院)
小川紘(精神科医・明石病院)
生村吾郎(精神科医・いくむら医院)
住田雅清(高見さんを支える会代表)
高見元博(兵庫県精神障害者連絡会会員)
佐藤忠(虹の会代表)
保安処分研究会
「精神障害者」差別によって分限免職にされた芦屋郵便局・高見さんを支える会


賛同人・団体  
永嶋靖久(弁護士)
北川敏雄(東灘郵便局部落解放研究会)
加瀬都貴子(神戸市民救援会議)
高槻医療福祉労働組合
小松千尋(全国金属機械労働組合港合同南労会支部委員長代行)
徳本光昭(医師)
渡海優(関西合同労組副執行委員長)
野村元延(自立労働組合京都書記次長)
新行内六三(労働組合専従)
木下昌朗(保安処分研究会)
山本美知子(婦人民主クラブ全国協議会・神戸支部)
百々年美(婦人民主クラブ全国協議会・神戸支部)

     順不同・敬称略   2002年2月23日現在
もくじへ戻る




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234