池田小事件を利用した保安処分の新設を許すな  



池田小事件を口実とした差別キャンペーンを弾劾する  
池田小での事件を口実にした小泉政権とブルジョワマスコミの差別キヤンペーンほど許せないものは無かった。小泉は直ちに刑法改悪・保安処分新設を命令し、マスコミは連日連夜、「精神病者」は犯罪予備軍であるというでたらめきわまる差別キャンペーンを展開し、「病者」の人権を侵してでも保安処分が必要だと主張した。それは「病者」には基本的人権の保障も必要ないとするものだった。このような「病者」を人間外の存在とする差別キャンペーンを断じて許すことはできない。ブルジョワジーはこの事件を最大限に利用し、労働者人民を「病者」差別に動員し、階級性を解体し差別分断支配に組みしこうとした。あたかも「病者」に犯罪素因があるかのような100パーセントのデマを流し、「危険な病者」が社会にいるから事件が起こったと、隔離・収容・抹殺の必要性をキャンペーンしたのだ。「病者」と犯罪を結びつけることに何の科学的根拠もなく、完全なデマゴギーなのだ。私たちは、この小泉を先頭として行なわれてきた差別分断攻撃を断じて許すことはできない。

しかし同時に、この池田小事件は何人たりとも許すことのできないものだということもはっきりさせなければならない。それは帝国主義の極限的矛盾を背負った容疑者が弱い者に向かって矛盾を噴き出したと言うことだ。帝国主義の腐敗の極致であり、容疑者における階級性の解体の行き着いた所だ。帝国主義による労働者人民への階級性解体攻撃の極限的現れだということだ。


多くの「病者」が葛藤している  
今回の事件が「心神喪失」や「心神耗弱」ゆえの犯行だとしたら、刑罰ではなく、まず医療的支援が必要だとされなければならない。「心神喪失」ゆえの犯行を罰しても、何の解決にもならず単なる復讐に過ぎない。なぜならば、「心神喪失」というのは、本人の意志とは全く関係がなく、無意識に行なうことであり、罰せられるから止めておこうと言う意志が働く状態ではないからだ。

最大の困難は、多くの「病者」が自分はこういう犯罪をしないかとパニックに陥ったことだ。自分も「錯乱状態」になった時に、こういう犯罪をしないという保障はどこにもないからだ。「錯乱状態」に陥ったことのある「病者」なら誰しもが自分の意志とは無関係な行動をした経験があった。私も含めて、多くの「病者」が行なわれた犯罪は絶対に許せることでは無いという気持ちと、自分がまったく同じことはしないかも知れないがにたようなことをしないという保障はどこにもないという葛藤の中にいる。


小泉帝国主義政権に弾劾する資格は無い  
同時に、この事件を考える時、小泉を始め帝国主義者にこれを弾劾する資格は無いことを強調しなくてはならない。事件が帝国主義の矛盾であることははっきりしている。しかも、アジア人民虐殺の張本人である日本帝国主義には、この犯罪を批判するような権利は一切無いということだ。数億人のアジア人民に塗炭の苦しみを強制し、2000万アジア人民を虐殺したのは一体誰だ。岸伸介をはじめとする戦犯によって作られた自民党。いま、アジア人民虐殺を正当化する「つくる会」教科書を強制しようとし、アジア人民虐殺の張本人たちを神として祀っている靖国神社を参拝し、再びアジア侵略戦争を準備している小泉に、この犯罪を弾劾する資格が一体あるのか。帝国主義者に人道を語る資格は一切無いのだ。


「精神病」は帝国主義の矛盾だ  
帝国主義の下、生産様式の高度化に従って、労働者にとってますます単純化し、専門化する労働、その肉体的・精神的極限化、そのために生じるブロレタリア家庭の崩壊、競争を子どもの時から強制して子どもの成育と教育を破壊する、それらが「精神病」の原因となるものだ。ありとあらゆる共同体が破壊されたあげくに「精神病」の発病はある。精神病院・精神医療は、病気の原因をなくするのではなく、せいぜい対症療法を施すしかない。帝国主義がいまや末期的危機を迎え、労働の疎外を極限化し、大量の失業を生み、教育の破壊を極限化し、プロレタリア家庭を破壊し、帝国主義戦争、侵略戦争という疎外の極致に労働者人民を動員しようとしていることは、ますます多くの「精神病」の原因を作り出すことだ。「精神病」を帝国主義はますます大量に作り出しながら、帝国主義によってはその解決は不可能なのだ。帝国主義的解決とは、「精神病看」の予防拘禁であり、精神病院の終末処理施設化であり、1930年代的な「精神病者」の抹殺・虐殺なのだ。

そして、そのことに労働者階級を動員することで階級性の解体と差別分断支配を行ない、労働者をしてアジア人民を虐殺できる主体として作り変え積極的に侵略戦争に動員しようとする。だから、帝国主義は「病者」間題を解決するものではなく、よりいっそうの発病に労働者人民を追い込みながら、労働者階級への支配と動員のてこにしようとするのだ。


小泉の保安処分新法制定を許すな  
いま帝国主義者はなんと言っているのか。小泉は刑法改悪で保安処分を新設せよと叫び、法務省・厚生労働省と首相官邸の合同案として、保安処分新法の制定が叫ばれている。「再犯予測」に基づき、「精神病者」を隔離収容すると言うものだ。「再犯予測」など医学的科学的に不可能であると言われる中で、「再犯可能性」がなくなるまで収容すると言うことはエンドレスに死ぬまで収容しておくと言うこと以外の何ものでもない。いまの措置入院でさえそういう傾向は強くあるのだ。「再犯」というが、初犯で重大事件を起こすこともあるという論議に必ず行き着き、あらゆる全ての「精神病者」に対しての予防拘禁にいたることは必至だ。

さらに、今回の事件を起こした容疑者が前回の事件の時に付けられた診断名は「人格障害」ということであり、新たに作られる保安処分も「人格障害」を含んだものになろうとしていると言うことだ。「人格障害」と言うのは、性格・性質・思想の次元の問題をあたかも精神医学上の問題であるかのようにラベリングしたに過ぎないでたらめきわまる概念だ。例えば「反社会性人格障害」の診断基準は、ある医学書によれば、@違法行為を行なう、A偽名を使う、B暴力を繰り返す、C向こう見ずである、D良心の呵責が欠如している、などの内3つがあてはまり、15歳までに規則に従わないなどの傾向があった者となっている。これは政治犯など反体制的な人々を指していることは明らかだ。「人格障害」に治療法は当然のこととして存在せず、これもエンドレスの収容となる。

ここに小泉攻権の反革命的飛躍性がはっきりと現れている。保安処分そのものは戦後になってからでも40年前から言われていたもので、今年になって法務省と厚生労働省の合同検討会も開かれている。小泉政権にとってはかねてから準備したものをここで出してきたと言う面が一方ではある。しかし、いままでの論議を飛び越えて、一気に反革命体制を築こうとしている帝国主義的飛躍という面が確実にあるのだ。歴代自民党攻権とも違った反革命的跳躍がはっきりあることをみなくてはならない。保安処分が、歴史的に様々な反対の中で作ることができないでいたのを小泉がここで一気に作ろうとしているのはなぜか。それは小泉政権が、世界恐慌の中での唯一の延命の道をアジア侵賂戦争、帝国主義戦争に求めて身構えていることから来ている。戦争を実際に行なうために、城内平和をいかにして築くのかという観点から、「楕神病者」と革命家という社会に刃向かう者を一掃するということを目的としているのだ。戦争を行なうのに何が必要かということを帝国主義者として見据えていることに小泉攻権の反革命的飛躍性があるのだ。


帝国主義打倒のプロレタリア革命にこそ「病者」解放の道がある  
私達は、このような保安処分新法の制定に断固反対し、帝国主義を終わらせる中で、「精神病者」解放の道を探るのでなければならない。「精神病」が社会の中での労働の疎外と職場からの放逐、家族関係を始めとするありとあらゆる共同性の一切を剥奪する中で生じる病気である以上、その解決は、共産主義の実現による豊な共同性の奪還の中にしかないことは明らかだ。もとより私達は「障害者」の解放を勝取るという立場で、「障害」がなくなることが「障害者」の解放だという「『障害』からの解放」論にたつものではない。しかし、「精神病」ゆえの「錯乱状態」をどう解決するのかという、いま「病者」の陥っている葛藤への回答を持つのでなければならない。確かに、革命によっても「錯乱状態」ということを直ちに解決するということにはならないだろう。だが、共産主義こそが唯一の解決の条件を与えるものなのだ。

池田小事件の教訓とすべきは、いまの帝国主義社会の中での解決は全く不可能なことをはっきりさせることだ。そして、「病者」差別の元凶である小泉反革命攻権を打倒し、帝国主義の打倒と共産主義の実現のなかで「病者」と労働者が共同性を奪還していくということでなければならない。

すべての「病者」が唯一の解放の道であるプロレタリア革命の主体として自己解放闘争に決起しよう。すべての労働者階級人民は、保安処分新法を阻止する闘いに共に決起し、そのなかで帝国主義の差別分断支配を乗り越え、真の共同性を奪還し、豊な共産主義社会を勝取ろう。差別と戦争への反革命的飛躍を行なう小泉政権を打倒する闘いに共に決起しよう。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234