保安処分学習会運動に集まろう



 関西保安処分問題学習会運動   
私たちは保安処分粉砕・「精神病者」の解放のため、新たなる学習会運動を開始しようとしています。その目的は、保安処分攻撃の学習を通して、「精神病者」差別の現実に対する怒りを組織し、「病者」解放論を打ちたてて推進していくことです。そして、全労働者と市民を保安処分粉砕闘争に総決起させることです。その目的を果たすため、私たちは、兵庫の患者会・「病者」、大阪の患者会・「病者」、労働運動活動家、労働組合、市民にこの学習会運動への参加を広く呼びかけるものです。すべての皆さんにこの学習会運動への参加と呼びかけ人・賛同人への参加を呼びかけるものです。


保安処分新法とはどのようなものか  
01年11月12日に公表された与党三党プロジェクトチームによる保安処分新法案は、「重大な犯罪を犯した精神障害者」に対して、全国50ヶ所の地裁に設けられた「判定機関」によって入退院を決定し、国公立病院に設ける専門施設に収容し、退院後も保護観察所が「通院処分」を下すとしています。「判定機関」では、検事が「論告求刑」を行ない、医師の鑑定の他に、犯罪の重さ、再犯の恐れを検討し、入退院を決定するとされています。さらに「判定」は非公開だが犯罪被害者や遺族には傍聴させるとしています。12月27日に報じられた政府方針では、裁判官と精神科医の合議制とするとされています。

判定に裁判官が加わることで、医療的観点からの入退院ではなく、社会防衛のために精神病院を使うということになります。「犯罪の重さ、再犯の恐れ」という医療とはまったく関係のない、医学的には判断不可能な要素で入退院が決定されます。精神医療を医学として使うのではなく、まさしく社会防衛のために使うという大転換があるのです。入院先の専門施設とは、医療を行なう場ではなく、ただ社会防衛のために「濃密な治療」を行なう場となるのです。まさしく、「病者」の隔離・収容・抹殺がおこなわれようとしているのです。

さらに、01年11月14日には、政府・与党は「精神障害者医療保健福祉対策5カ年計画(ダイヤモンド・プラン)」(仮称)を策定することを決めています。これも、「触法精神障害者」の再犯を防ぐためにとして、専門施設整備を行ない、退院後の継続治療体制を確立し、24時間対応の精神科救急の整備、精神病棟の機能分化を行なうとしています。精神科救急は、今でさえ患者のためではなく社会治安の防衛のためにある制度ですが、それを全国的に展開するということなのです。

注目すべきは、このダイヤモンド・プランのなかに、「生活訓練施設」「授産施設」「地域生活支援センター」などの福祉施設の整備が盛り込まれていることです。すでに、措置費削減のため、金のかかる医療から安上がりで済む福祉に「病者」管理の役割が移行させられようとしています。それらを「触法精神障害者」対策として、さらに管理的側面のみを強化するということです。小規模作業所の授産施設化すなわち、自由な作業所から「社会復帰」を目的とした管理的側面の強い授産施設に中身を変える攻撃がすでに開始されています。それを今後もっと管理施設の役割を持つものへと作り変えようとしているのです。「病者」にとって福祉は、自らの生活の向上というものではまったくなく、社会防衛のために監視・隔離・管理されるものとなろうとしているのです。


差別排外主義による労働者の変質が狙われている  
これらのいわゆる「触法精神障害者」対策なるものは、すべてこれまでの保安処分新設策動の中で準備されながら、労働者人民の大反対にあって粉砕されてきたものです。それを小泉政権は、池田小事件によって労働者人民のなかの差別主義がマスコミ等によって鼓吹されている状況を最大限利用し、ここで一気に中央突破しようとしているのです。

それは一方で、「社会にとって危険な病者」と、そうでない「病者」を意識的に分断し、後者に対しては政府・体制の秩序に従う患者団体の育成によって「病者」の体制内取り込みを策動し、「危険な病者」に対しては、社会から抹殺していくという方向を取っているのです。

もう一方では、「病者」に対する労働者人民の差別意識を煽り、被差別人民と労働者階級・市民を対立させることによって、労働者の階級性を解体するということが狙われているのです。労働者を被抑圧民族の人々を平気で抹殺できる人間に作り変えるために、差別主義・排外主義で染め上げようとしているのです。


保安処分による「病者」抹殺攻撃  
保安処分の攻撃は、「病者」の置かれている現実をもっともよく表わしているものです。法律を犯した「病者」に対する新規立法というものの中身は、「病者」であると言うだけで、「健常者」とされる一般市民にはない不当な拘禁を強制するものです。「病者」には憲法で保障されているはずの基本的な人権も必要ないとされているのです。「病者」は「社会に害をなすもの」と規定され、「社会を防衛するためには隔離・収容・抹殺すべきもの」とされています。

「社会」とはなによりもブルジョワ市民社会のことです。保安処分攻撃の中で、市民社会を守ることが至上の目的とされ、その社会の規範に従わないとして「病者」は迫害されるのです。市民社会にとって生きている価値の無いものというのが「病者」の規定とされるのです。この本質は全「病者」にとって自分の生存権の問題であるのです。とりわけても、体制にあらがって闘う「病者」に対して、第一の攻撃対象として、人権もない隔離・収容の対象とするものです。他の何よりも市民社会を脅かすものは私たちのような闘う「病者」であるからです。破防法、組織犯罪対策法を想起しましょう。「重大な法を犯した『病者』には人権は必要ない」とすることの攻撃性を見なくてはなりません。人権のない人間がいるということのなかには、やがてすべての「病者」、とりわけ闘う「病者」に拡大され、すべての労働運動に拡大される論理があるのです。

さらにこの法律は、基本的人権を侵害することで憲法を破壊し、特別裁判所を作ってはならないとする憲法76条を破壊することをとおして憲法改悪を進めるものとしてあります。


「病者」自己解放と労働者・市民の総結集の場に  
闘う「病者」が生き生きと活動できる場として保障することはとくに重要なことです。「病者」の自己解放の闘いとして、本当に解き放たれたものを実現しようと考えています。

保安処分に対する攻撃は、ひとり「精神病者」にかけられた攻撃のみならず、労働者階級総体が、自らの階級性にかけて総反撃しなければならない攻撃と私たちは考えます。かつての保安処分粉砕闘争はまさしくそのようなものとして闘われたのです。小泉政権が憎しみを込めて破壊しようとしているものは、そういう保安処分粉砕を闘ってきた労働者階級・市民の存在なのです。

講師には、虹の会代表・佐藤忠さん、明石病院精神科医師の小川紘さんと兵庫県立光風病院精神科医師の柴田明さんを予定しています。第一回学習会では、佐藤さんに「保安処分の歴史」という講演、小川医師に、「精神障害者の犯罪について思い出すことと思うこと」ということで実例に即して保安処分の問題性を浮かび上がらせる講演を予定していただいています。第二回は、柴田医師に、「一精神科医の感取した保安処分」ということで講演していただく予定です。

この学習会は定期的なものとし、3ヶ月に一度、開催することを考えます。 すべての皆さんに学習会へのご参加を訴えるものです。さらに、呼びかけ人・賛同人を募っています。ぜひ、ともにこの学習会運動を成功させましょう。

第一回学習会は、2月23日(土曜日)午後6時から。会場は、尼崎市小田公民館(JR尼崎駅北東すぐ。JR尼崎駅には新快速電車が停車します)。

第二回は5月を予定しています。


呼びかけ、賛同人・団体  
呼びかけ人・団体

兵庫県精神障害者連絡会
三好博文(兵庫県精神障害者連絡会代表)
西山史郎(灯会会長)
柴田明(精神科医・兵庫県立光風病院)
小川紘(精神科医・明石病院)
生村吾郎(精神科医・いくむら医院)
住田雅清(高見さんを支える会代表)
高見元博(兵庫県精神障害者連絡会会員)
佐藤忠(虹の会代表)
保安処分研究会
「精神障害者」差別によって分限免職にされた芦屋郵便局・高見さんを支える会

賛同人・団体

永嶋靖久(弁護士)
北川敏雄(東灘郵便局部落解放研究会)
加瀬都貴子(神戸市民救援会議)
高槻医療福祉労働組合

順不同・敬称略   2002年2月13日現在
連絡先:尼崎市西長洲町3−6−13−23共生舎
事務局電話番号 090-305-40947





バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234