郵政大量首切りを許すな!



「15000人合理化ではたりない」
「もっと首を切れ」 総務省
 
新聞報道によれば、総務省は、新しい郵政公社の社長を民間から登用し、外部の重役も導入するとしています。それによって民間手法を全面導入するというのです。さらには、15000人の合理化では生ぬるい、もっと合理化を行なえとしています。15000人合理化でさえ、生首が飛ぶということですが、もっともっと首を切れということなのです。行政区にあわせて郵便区を設定する必要はないとし、市町村を超えて郵便局を廃止するというのです。


公社化とは民営化のことだ  
全逓中央の言う、公社化をうまくすれば民営化はないというのはとんでもないデマです。公社化とは民営化そのものです。その狙いとするものは、郵便労働者の大量解雇です。国鉄分割・民営化の20万人首切りに匹敵する大合理化を行なうということなのです。さらに、国鉄で、過疎地に対しては、鉄道が廃止され、バス路線も廃止されたのと同じことが郵便でも起こるということです。普遍的な郵便サービスは切り捨てられます。もうからない地方局はどんどん廃止され、過疎地では郵便サービスが受けられないということさえおこりうるのです。

民営化とは、事業を金儲けの手段とするという意味です。公共事業というあり方が一変するということです。JRになって得をしているのは資本家以外にはいません。保線も補修もろくに行なわなくなり、無事故神話は完全になくなりました。そのしわ寄せは現場労働者に重くのしかかっています。

公社化とは民営化のことです。それによって生じるのは、矛盾の労働者への転嫁です。大量の首切りと合理化、強労働と賃金切り下げが行なわれます。賃金カーブは下がるばかりです。


民間、公務員の分断をぶち破ろう  
小泉政権は、民間労働者と公務員を分断し、民間は苦労しているのに公務員は楽だというデマをふりまいています。民間が苦労しているというのは労働者に犠牲が転嫁されているからで、民間の資本家はぬくぬくと暮らしています。それを、公務員労働者が悪であるかのように言うのは本末転倒の差別分断支配そのものです。民間労働者と公務員労働者は団結して共通の敵である資本家階級を打倒しましょう。不況も恐慌も資本主義が悪いのであって、そんなものは終わらせればいいのです。今こそ団結して資本主義打倒の闘いを開始しよう。官民連帯闘争として、資本主義を打倒する労働運動を築き上げよう。全逓労働者はその先頭に立とう。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234