「精神障害者」職場復帰闘争で
重大な勝利の突破口開く


 
就業規則を打ち破り復職勝ち取る  
大手家電メーカーA電機の「精神障害者」Bさんの復職闘争で重大な勝利の突破口が切り開かれました。すなわち、「精神障害者」なりの労働条件を認めさせ、軽減勤務での復職を認めさせ復職したのです。最初の週は週に9時間というところから6ヶ月間は週に15時間という勤務軽減での復職就労を認めさせたのです。

当初会社側は、就業規則を盾に、完治証明による8時間労働での完全復職しか認めないという立場でした。今年3月に会社の産業保健センターに相談に行ったところ、「就業規則どおりに働けないのであれば、別の生き方を考えてはどうですか」と冷たく突き放されました。産業保健センターは、会社での職場のメンタルヘルス対策を担当する部署です。そこをして就業規則がすべてである、完治証明による8時間労働以外の就労は認めないといわれたのです。

Bさんの休職期限は11月20日に迫っていました。完治証明による8時間労働などは「精神障害者」にとってまったく不可能なことです。「精神障害」に完治という概念はそもそも存在しないぐらい、完全に治るということはありえないのです。病気と付き合いながら、病気と折り合いをつけて暮らす以外にないのです。ましてや8時間労働を条件にするということは、実質的に辞めろと言っているの等しいのです。産業保健センターは実際に「辞めろ」といっていたのです。11月20日をすぎれば免職以外にないという局面でした。


芦屋郵便局・高見闘争の全地平を投入  
私たちは、何としても免職を阻止し、Bさんの復職を勝ち取るにはどうしたら良いのかを迫られました。私たちは、関西で闘われた、芦屋郵便局・高見さんの闘争の全地平を動員し、総力で闘いました。本人から勤務軽減でぜひとも復職したいという要望書を提出し、合わせて家族からの要望書を提出しました。この要望書に高見闘争の全地平を動員したのです。B5、82ページにわたる家族からの要望書に、障害者雇用促進法、政府の障害者雇用促進方針の分析から、短時間勤務による復職が当然の権利であり、それを認めない就業規則は政府の方針に反しているという意味でまったく不当なものであり、法律違反の規則は改められなければならないということを暴ききりました。

さらに、高見闘争の裁判の証言等の地平から、「精神障害者」の復職とは、病気を治していく上で不可欠の条件であり、職場でかかった病気を治すには、職場に戻って働くということが不可欠なのだということを展開しきりました。複数の医者が高見裁判で証言していますが、そのいずれもが、勤務軽減による復職が認められれば、「精神障害者」の復職はまったく可能であり、勤務軽減を認めないという形で職場の門を閉ざすことは「精神障害者」の復職の道を閉ざし、治療を妨げるものでまったく不当なことだと証言しています。それが病気の長期化にもなり、極めて貧困な生活を強制するという意味でも「精神障害者」の福祉に反しているという弾劾がなされているのです。

さらに、この8月に出された、厚生労働省の精神障害者の雇用の促進に関する報告書が重要なものでした。私たちは出されてすぐにこれを入手し分析しました。そのなかでは、「精神障害者」の雇用の促進のために、リハビリ出勤、ウォームアップ出勤、在宅勤務という考え方が出され、週に20時間以下の就労でも認めることが重要であるとされていました。「精神障害者」の就労実態から、いかにして雇用の機会を増やしていくのかが重要であるとされています。元々は、安価な労働力として「精神障害者」を動員するという目的を持つものでしたが、私たちは逆にこの報告書を使いきり、Bさんの復職を阻むなら会社は重大な「障害者」差別企業と断罪されるであろうと突きつけました。


「完治証明」を打ち破る  
このなかで、3度にわたる交渉を積み上げていきました。とりわけても、産業医との交渉が重要なものでした。産業医を説得し、厚生労働省報告書にある就労形態が不可欠のものであることを認めさせ、会社に対して「勧告」を行なうと言わしめたのです。

それに基づいて行なわれた会社との交渉では、短時間勤務が当然であるものとして勝ち取られました。賃金は時間給計算ということになりました。在宅勤務が認められず、到底食べていけない賃金になってしまったのは残念でした。この超低賃金というのは厚労省報告の裏の面でもあります。

それ以外では、こちらの条件をほぼ勝ち取りました。所属部署も原職を勝ち取りました。その上で勤務場所はあまり負担のないものとさせました。また、重要なことであった、職場を休んだ場合に賃金面以外のペナルティを科さないという条件も勝ち取りました。しんどい時には安心して休めるというのは極めて重要なことですから、この条件は不可欠のものだったのです。賃金面では復職してからの交渉を積み上げていきたいと思います。在宅でできる仕事を見つけさせ賃金保障させることが必要です。「精神障害者」の就労保障の面で、生活給という原則を認めさせることは極めて重要なことです。「精神障害者」を労働者として認めるならば、生活給を支払うのは当然のことです。この原則が適用されないことは、いまだに労働者としては認めないということを意味しているのです。

多くの「精神障害者」が、完治証明での完全就労を要求され、泣く泣く職場を追放されるということが当り前のように行われています。しかし、それは重大なる差別なのです。Bさんの就労闘争は、その数限りない涙に対して、不正義は正さなければならないし、正すことができるのだということを証明したものなのです。いまあまりにも不正義がまかり通る社会です。会社は資本家が金儲けをする場でしかなく、資本の論理に貫かれています。資本の論理が数限りない「精神障害者」を社会の片隅に追いやり、殺してきたのです。この勝利はそういう「精神障害者」が生きていく権利を資本に認めさせたものなのです。A電機は、「精神障害者」の多い職場です。ある部署では労働者の3分の1が「精神障害者」というところもあります。彼ら、彼女らにとっても福音であることは間違いありません。


これは突破口にすぎない、闘いはこれから始まる  
この復職が「勝利の突破口」といいましたが、闘いはこれからです。職場に定着し、1日3時間の労働というものを職場労働者に理解させるという闘いが始まります。それは、この突破口以上に困難な闘いであることは間違いありません。少なからず資本の論理に汚染された労働者を変革していくというきわめて困難で重要な闘いがこれから始まるのです。しかし、切り開かれた突破口をさらにこじ開ける闘いに全精力を投入すれば勝利は間違いありません。資本の攻撃は、「精神障害者」をいかに辞めさせるかという卑劣で悪辣なものになっていくことも確かです。当該をありとあらゆる資本の攻撃から守りきることが求められています。高見闘争の全地平、とりわけ職場労働者の決起論の投入が求められるのはこれからです。当該・家族、支援の全力で勝利を我がものにしていく決意です。差別的就業規則を粉砕し、「精神障害者」の生きていく権利を勝ち取るこの闘いに勝利していくため、全力で闘います。






バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234