教科書問題と「障害者」差別抹殺攻撃



戦争のできる国、
アジア人民を殺せる子ども作り
 
「新しい歴史教科書をつくる会」の歴史・公民の教科書は恐るべき差別主義と排外主義で子ども達を教育し、子ども達をアジア人民を殺せる人間に作り変えようとするものです。この教科書は、いま日本の資本主義が政治的にも経済的にもどん詰まりの危機に陥り、世界大恐慌に対して戦争で資本家たちの権益を守ろうとしていることと一体です。この教科書の出版社は、憲法を変えて日本を戦争のできる国にしようと言っている扶桑社です。日本を実際に戦争のできる国にするといったところで、実際にアジアの人民を殺せる人間を作るというのはそんなに簡単なことでは有りません。そのためには労働者を差別主義と排外主義で組織し、アジア人民蔑視と殺してもいい人間たちと思わせなければならず、それは大きな抵抗に会うことは間違いありません。労働者を差別主義・排外主義に動員し、アジアの人々を殺せる人間を作っていくというために、いま上からの階級決戦が仕掛けられているのです。


侵略戦争賛美の教科書  
私たちは、いま「つくる会」の教科書が検定合格し採択されようとしていることに対して、労働者人民の総反撃を組織し、資本家階級の仕掛けてきた階級決戦に立ち向かわなければなりません。そのためにはまず事実を知ることです。「つくる会」教科書は、第二次世界大戦を大東亜戦争と呼び、侵略戦争を全面的に賛美しています。日本の侵略戦争がアジアの人々に歓迎されたという100パーセントのデマゴギーで侵略と虐殺を肯定しています。そして、朝鮮侵略は合法的だったとし、日本の権益を守るためには必要だったとし、朝鮮人民への挑戦的蔑視を行なっています。南京大虐殺について、「戦争中だから何がしの殺害が」あっても当然と虐殺を煽っています。さらに、教育勅語を全文掲載し、天皇制を賛美し、差別主義を賛美するというものです。


「障害者」差別・抹殺を煽る  
私たち「障害者」に関わる所では、福祉が国の義務であるということを否定し、自助努力をせよ、共助を行なえと言って福祉切捨てを煽っています。いまより封建時代の方が福祉はあったとして、封建時代並の「貧者への救済」で我慢しろと言っています。福祉を体制の安全弁と位置付け、憲法で保障された生存権の思想を全面的に否定しています。さらに、今までは「結果の平等」だから間違っていた、これからは「機会の平等」でいくべきだとしています。

私たちが福祉ということを考える場合、帝国主義の恩恵としてあるのではなく、レーニンの指導したロシア革命以来、労働者人民が闘いとったものとしてあるということをはっきりさせなければなりません。「障害者」福祉というものも、「障害者」が歴史的に闘いとったものとしてのみ存在しており、闘いのないところで福祉はないということ、従って、今加えられている福祉廃止の攻撃も、歴史的獲得物を奪うというものであって、闘いなくしては存続させることもできないものとしてあることをはっきりさせなければなりません。

「つくる会」教科書の「公民」から彼等の言葉を具体的に見ていきたいと思います。なお字数との関係でとくに重要な所しかかけません。

「基本的人権の内容」 「平等といっても、所得の平等や生活水準の平等などの「結果の平等」ではなく、人々が自由を追求する場合の前提条件に関する平等である。これを「機会の平等」という。スタートラインの平等。」

「欧米でも日本でも近代以前の社会においては生活に困窮するものを救うための、それなりの家族や地域社会での仕組みがあった。市場経済の発展に伴い、そうした仕組みが衰退した結果、社会不安がしだいに高まっていったのである。」「近代以前の社会は、国民の福祉の充実に関しても学ぶべき点は少なくないのである。」「私たちは高齢者や障害者などに対する援助を国や自治体に期待するあまり、そうした人々を私たち自身の力で支えていくという気概を失いがちになっている。」

「日本国憲法の生存権」の保障に関して「こうした制度に必要な財源は国民がお互いに助け合う相互扶助の精神がこれを支えている。」

「福祉政策」に関して「自分自身で将来の不安に備えることが大切である。」「社会保障の最も重要な制度が健康保険や年金保険などの社会保険である。」「社会福祉」に関して「弱者を最低限にせよ救済するという考え」

このように、「つくる会」は、封建時代を懐かしみ、近代化で福祉がなくなっていったという立場から、近代以前の社会に回帰することで福祉がなされるなどといっています。このような考え方は、「つくる会」教科書全体に流れる思想です。天皇制賛美、戦前回帰の思想と一体です。とくに、福祉を国家が保障するという考え方について、それと全く反対のことを主張しています。これは、労働者人民が歴史的に勝ち取ってきた「福祉は権利である」「福祉は国家の責任である」という考え方を根本から否定するために持ち出されてきたものです。


高見さん免職と同じ論理  
さらに最近のブルジョワジーの主張である「機会の平等」を今までの「平等」という考え方に対置しています。人間は生まれついて、また生育環境によって不平等なものです。それを同一のラインに立たせて競争させると言うことは結果の不平等を前提としているのです。だからこそ「結果の平等」ナンセンスと言っているのです。

教育改革国民会議座長の江崎玲於奈は、生まれた子どものDNAを調べて「優秀な子ども」とそうでない子どもを差別選別してエリート教育をしていくべきだと言っています。生まれた時から産業に役立つ子どもとそうでない子どもを差別していくと言うことです。これで一体どこに「平等」があるのでしょうか。教育を資本家に滅私奉公する人間作りに変えてしまうのです。資本間の経済戦争から実際の戦争に役に立つ人間作りということです。それが教育改革というものの正体です。彼等の論理に言わせれば、「生まれるという機会は平等だ、生まれた結果の平等を言うことはナンセンスだ」となります。人間が生まれた瞬間から不平等に扱われることになるのです。

「精神障害者」差別によって免職にされた高見さんの場合、国の主張したことは、能率の維持のためには能率のあがらない「障害者」を首にして当然というものでした。これが資本主義の原理というものです。そういうむきだしの競争社会ということに対して、国に福祉の義務を与え、「障害者」にも平等に生きていける権利を保障するというのが憲法の考え方です。企業にとっては能率の悪い「障害者」など雇いたくはない、それが競争社会というものです。しかし、能率が悪くとも平等に雇用せよというのが障害者雇用促進法です。

「つくる会」教科書は、その憲法や福祉法を否定し、「障害者」をむきだしの資本の競争原理にさらすものです。

こんなことが子ども達に教え込まされようとしているのです。そして子どもの教育を突破口に全社会を差別主義社会に変えてしまおうとするものです。アジアの人たち、また被差別人民を殺すことに眉一つ動かさずに平然としていられる人間を作ることに目的が有るからです。いかにしてアジアの人々を平然と殺せる人間を作るかということが目的だからです。


労働者階級の決戦を対置して闘おう  
私たちは、支配階級の仕掛けてきた階級決戦に対して、単に教育労働者に任せるのではなく、被差別人民を始めとする全労働者階級の力を結集して、この教科書攻撃とそこにある憲法改悪攻撃と闘わなければなりません。この教科書の採択は8月までに決まると言われています。そこに全力を結集して、「障害者」の生きる権利を実現するために闘いましょう。闘うアジア人民との連帯を具体的につくりだす労働者階級人民の総決起として闘いましょう。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで

@nifty ID:JCB03234