高木俊介さん講演会に参加して




精神科在宅医療の試み  
9月29日、高槻市で行われた精神科医の高木俊介さんの講演会に参加しました。「こころの医療宅配便・精神科在宅医療の試み」というタイトルです。高槻市地元の「精神病者」の小さな患者会が呼びかけたにもかかわらず、44人の参加で盛況でした。インターネットで見たという数名を含め、チラシを見てきたという「病者」が多かったのも特徴です。

講演は、アクトという精神科で最先端とも言われている新たな医療の形態のお話でした。アクトは、アウトリーチとも言いますが、医療者が病院に入院か通院する患者を診るのではなく、医療者が患者のいる家まで行って治療するという試みです。10人から15人の医療スタッフがチームを組み在宅訪問医療を行います。今までなら入院しなければならないと考えられたような重症の人が地域で暮らすことができるようになります。統合失調症では入院は症状悪化をもたらすので、できるだけ在宅で診るのが良いと考えられます。

それはアメリカのマジソン郡で始まりました。アメリカでは日本と事情が違って、70年代に巨大精神病院を金がかかりすぎるという理由で解体し、後のケアを行わなかったから大量の「精神病者」がホームレスになりました。それへの対策として、「街全体を巨大な病院と考える」「街で診る」という取り組みがアクトでした。

アクトは日本では、入院偏重主義を克服する手法になるのではないかと期待されています。日本の精神医療の質の悪さがあげられます。入院に偏重した日本の精神医療、その入院機関は極めて質が悪い。実際に患者にレイプした看護師を辞めさせることが大きな仕事だったりします。開放化を進めると言いながら、患者を薬でヘロヘロにさせて「開放化」していたのが実態です。

転機となったのは1990年代末からです。精神病を障害としてとらえるようになったからです。身体や知的障害者の運動から大きく遅れていました。

アウトリーチ=患者のいる場所へ訪問するという考え方が生まれました。アクトはその実践です。しかし、高木さんによれば、アクトはあだ花だといいます。実を実らせることのないきれいな花。いくらでも悪用できるからではないでしょうか。

入院しないで暮らしていけるようになるのにアクトとイタリアのトリエステのやり方が効果があると考えられます。トリエステは精神病院を解体した街です。

厚厚労省がアクトを日本に作ろうと、2003年に試行チームを作ったのが始まりです。重症者が住み慣れた町で多職種チームによる訪問を受けます。アクト−K(高木さんの診療所)では、10人から15人のスタッフで100人から150人を診ます。24時間365日対応ですが、平日昼間のサポートが充実していれば夜間土日はいらなくなるそうです。電話相談で事足りるのだと。

アクト−Kでは、重症患者に対する就職サポーターをやっています。週に1日1時間でも時給が出ればよいのです。働くことで社会とのかかわりが持てます。遊ぶ権利はあるが精神障害者だから働けないというのはダメ。

入院すると病院という環境に慣れる必要があり、家に戻った時には問題は何も解決していないところへ戻ることになります。それより家で治し問題を解決していく方が良いのです。社会との関わりが1種類増える、入院しなくともすむ方法があることで選択肢が増えると考えることができます。

アクトの医療費は一人年間100万円です。10人で100人を診れば1億円で経営は成り立ちます。入院だと一人年間400万円かかります。デイケア・ナイトケアだと300万円かかります。アクトは安上がりで、病院は金食い虫だと言えます。入院の度に貶められる病院はいらないのです。32万人の入院者の多数は社会的入院です。

アクト−Kでは、薬は減らすように努力して薬漬けにならないようにしています。しかし、万能ではなく、自傷他害の場合はアクトでは対応できず、入院する必要があります。

電気ショックを日本では乱用しています。とくに救急病棟ではひどい。しかし、電気ショックが効果のある場合もあるのだそうです。重症ウツで死を決意している場合は有効だそうです。高木さんも薬を使えない患者で効果がある場合に実施したことがあるそうです。

精神科でも介護保険のように、相性の悪い看護師・医者を代えられたらよいが、アクトでは代えることができます。チームなので信頼のできる人を選べます。それが入院だと選べないのです。

アクトの患者同士が交流できないのは欠点です。高木さんは「地域の患者会に紹介したいが、患者会がまだまだ未成熟」と言っています。

高木さん自身が「アクトはあだ花=実をつけることのない花」だと言っていましたが、誰が主催するかということで大きく左右され、悪徳病院がやれば悪徳なアクトが生まれます。「鵜飼の鵜」のように、病院から紐をつけておき、地域で管理しようとします。最初に「薬飲んでるか?」から始めるのです。さらに、地域全体に網をかぶせ地域から「病者」をあぶり出すように使うことも可能です。

しかし「病者」寄りのものとして使えばきわめて有効でもあります。アクトをどう生かすかは、「病者」解放運動とそれと共に闘う医療従事者、労働者に掛かっているのではないでしょうか。高木さんは「まだまだ患者会が未発達だ」と言っていました。そこから始めるしかないのではないでしょうか。




トップページへ

ご意見ご感想はこちらまで