10月31日行動を呼びかけます


怒っているぞ!障害者きりすて!全国ネットワーク  
連絡先: ブログ:http://ikari-net.cocolog-nifty.com/blog/  TEL: 090−6923−2600

全国の障害者団体、個人の皆さん。

今年6月、多くの反対の声にもかかわらず「障害者総合支援法」が成立しました。「自立支援法」の廃止の約束は反故にされ、政府の下に設置された総合福祉部会が精魂を傾けてまとめあげた「骨格提言」はほとんど反映されませんでした。

その結果、「総合支援法」とは、実質的には今年4月から施行された「自立支援法改定法」(「つなぎ法」)が延長されたものと言わざるを得ません。1割まで利用料を徴収できる内容であり、医療モデルである「障害程度区分」は「障害支援区分」としてますます「介護給付」のための絶対的な尺度とされようとしています。ケアマネージメントの導入などにより介護保険制度にますます近づけられ、地域間格差については元の「自立支援法」よりも拡大する内容となっています。難病者への制度の適用についても、一部の難病に限ろうとしており、決して「谷間の解消」とはなっていません。

また、「総合支援法」には3年後の見直しがうたわれています。私たちは、見直しは今すぐ行なうべきであると考えていますが、3年後の見直しを良いものにするためにも途切れることなく運動を続け、声をあげ続けることがとても大切なことではないかと思うのです。その原点は何よりも、「自立支援法」体制への障害者一人一人の怒りを基盤とすべきです。

「自立支援法」成立以降私たち障害者とその仲間は、悪法に屈することなく「自立支援法」廃止を求めてさまざまな活動を続けてきました。とりわけ、「自立支援法」成立の日である毎年10月31日を中心に1万人を超える人たちが抗議の声を上げ続けてきました。こうした闘いが利用料負担の大幅な減免をはじめいくつかの改善をせざるをえないところに政府を追い詰め、ついには「自立支援法」の廃止を政府に確約させるところまで頑張り抜いたのです。

今私たちがなすべきことは、この確約への裏切りを許すことなく、「骨格提言」の実現をとことん迫っていくことだと思います。そして、消費税増税法案と共に成立した「社会保障制度改革推進法」にも明記されている、生活保護をはじめとする社会保障制度の全面改悪と闘うことだと思います。

こんなおり、極めて残念なことに、今年は10月の日比谷集会が行われないということを知りました。私たち怒りネットは、「自立支援法は廃止となり、新たな法律ができた」という政府の詭弁を許さないためにも、10月31日に行動を行うこととしました。

「総合支援法」はあくまでも認められないこと、「骨格提言」をきちんと盛り込んだ法律を作ること、生活保護を始めとする社会保障の後退を許さないことを訴えて、以下のとおり政府・厚労省への申し入れ行動を行ないたいと思います。団体、個人を問わずそれぞれの思いを申し入れ書に託してご参加いただくようお願いします。

               記

     集合:10月31日、午後1時、日比谷公園霞門








トップページへ

ご意見ご感想はこちらまで