9/29高木俊介さん講演会


「こころの医療宅配便」精神科在宅医療の試み  
最新の精神医療と言われる=訪問医療=精神科在宅医療とは何か?ACT−Kとは何か?精神科在宅医療で何ができるのか?など、経験からお話しいただきます。質問の時間もたっぷりとっています。

患者の方も病院スタッフの方も、ぜひご参加ください。



日時 9月29日土曜日午後3時より

場所 高槻市富田ふれあい文化センター(JR摂津富田、阪急富田より南に徒歩約10分)



主催:灯ゆうゆう会(高槻市地域精神科患者会)

共催:木村クリニック患者有志



  この集会についての問い合わせ先:090−3054−0947    (担当者・高見)


高木 俊介(タカギ シュンスケ)さんのプロフィール  
1957年生まれ。京都大学医学部卒業。光愛病院(高槻市)、京大病院精神科、ウエノ診療所を経て、現在、訪問医療専門のたかぎクリニック(京都市)を開設。ACT‐Kを主宰し、精神科在宅医療に取り組んでいる。『こころの医療宅配便――精神科在宅ケア事始』文藝春秋。『ACT―Kの挑戦――ACTがひらく精神医療・福祉の未来』批評社など著書多数。


京都新聞社社会福祉事業団 ふれあい福祉 京都滋賀より  高木さんへのインタビュー  
《問い・高木さんが運営するACT―K(アクトK)とはどんな組織ですか?》

 ACT(Assertive Community Treatment=包括型地域生活支援プログラム)は重症の精神障害で、密接な支援がないと生活しにくい人に、自分が住んでいる場所でそのまま暮らしてもらうための援助です。精神科医、看護師、介護福祉士、作業療法士など医療と福祉のいろいろな職種の人が生活の場に出かけていくのが特徴で、夜間休日を含め365日24時間ケアできる態勢をとります。1970年代にアメリカで始まり、日本では2003年に公文書に登場しました。これを京都でやっているからアクトKと名づけ、主として統合失調症の人を対象にしています。

《問い・これまでの日本の精神科医療と違った方法だと思います。どのような問題意識があって始めたのですか?》

 日本の精神科では長期の入院治療しかありませんでした。病院の医師や看護師の数が非常に少なくても認められ、実際には治療なしの収容が行われてきました。私が精神科医になった1983年には宇都宮病院事件がありました。スタッフが患者をリンチで殺し、院長も日常的に暴力を振るっていました。私が10年間勤めた精神病院は、開放的で良い病院という評判でしたが、それでも患者をぞんざいに扱ったり時には暴力的になることもありました。施設に収容するとどうしても差別意識が芽生えるようです。

 大学病院を退職した後、医学雑誌でアクトを知りました。訪問支援が他の先進国では当たり前になっていることにショックを受け「自分でも作るぞ」と決意しましたが、手探りのスタートでした。




トップページへ

ご意見ご感想はこちらまで