怒りネット沖縄ツアーに参加して(下)


東村高江へ  
3日目、3月18日(金)。名護市瀬嵩(せだけ)の民宿「海と風の宿」は小学校と幼稚園のすぐ横。卒業式の練習をする子どもたちの声が聞こえる。元気な人が浜までお散歩に行ってきた。とても近いらしい。

10時に金さんと若い女の人が迎えに来てくれた。さあ、高江に出発。真っ直ぐ行けば1時間ほどで着くところ。まずは大浦湾からキャンプシュワブの弾薬庫などの説明を受ける。

米軍の計画では辺野古に滑走路、それに続く大浦湾に原子力空母が停泊できる軍港を新たに作る。弾薬庫はすでにある。少し離れて高江にオスプレイのヘリパッドを作る。ジャングル戦の訓練場はすでにある。辺野古を飛び立ったオスプレイが高江で訓練する、辺野古と高江は一体のものとして新基地を建設しようとしているそうです。しかもその計画は1966年にすでに日本に通告してあったそうです。「普天間飛行場の代替基地を辺野古に」というのはペテンだそうです。それを暴いたのが普天間飛行場のある宜野湾で市長をしていた伊波洋一さんでした。

一路、高江へ。でも、「ちょっと観光も入れようか」と、慶佐次(けさじ)湾のヒルギ林でマングローブ(ヒルギ)をゆっくり時間をかけて一周。ちょうど干潮時でカニさん(シオマネキ)とハゼドンを見ることができました。満潮になると汽水域になり、豊かな栄養分が様々な生物を育むそうです。たこウインナーみたいなヒルギの種子が地面に落ちて、そこから新しい苗が育っている様子も見られました。

高江に着く頃にはお昼時を過ぎるので、金さんが手配してくれました。「海と風の宿」のオーナーが「カレーの美味しいお店があるよ」と教えてくれていた「山がめ」。本当に美味しかったです。それよりロケーションがすごく素敵!下に川が流れて周囲はうっそうとした森。そこのテラスでのお食事です。何倍も美味しく感じたんだと思いました。

食事を済ましたら、まずN4ゲート。受付があって名前を書ける人は書いていきます。

高江とは・・・。沖縄の「米軍北部演習場」という、ジャングル戦の訓練のための広大な施設があり、その中に位置する。160人の小さな集落。その集落を取り囲んで新たなヘリパッド(ヘリコプターの離着陸場)を6つ建設しようとしている。しかも「未亡人製造機」と悪名の高いオスプレイという垂直離発着航空機を配備しようと画策されている。

そしてまず今年の1月下旬〜2月、建設を強行しようとする沖縄防衛局との激しい攻防を担った支援の若いお坊さんが、「辺野古と高江はセット」「原発と同じで作られたら必ず事故が起こる」「自分の問題としてやらないとブレる」「環境を破壊するのは人間。最大の破壊は戦争」「抵抗しなければ政治は動かない」と話してくれました。3月〜6月は、ノグチゲラや希少小動物の繁殖期にあたり、一応防衛局も工事を自粛するので、攻防はありませんでしたが、ヘリの飛来は年中あるそうです。

そのあと高江の住民で、伝統的な沖縄の位牌「トートーメ」を作っておられる伊佐さんからお話をうかがいました。「通行妨害、といって国から訴えられた。この裁判に負けたら、国にものを言ったらダメということになってしまう」「私たちはヘリコプターの種類はオスプレイじゃないですか?飛行ルートは?と尋ねているだけ」。生命がかかった闘いをされている信念の強さと、人柄の穏やかさを感じました。

次に向かったのはN1ゲート。この「ゲート」というのは、現在のヘリパッドのある場所に付けられた米軍基地の入り口。県道70号線沿いにある。これらのゲートから重機を搬入してヘリパッドを建設しようとしている。N1ゲートをずっと守っているのはここに小さな移動式の小屋で寝泊りしている佐久間さん。「1月〜2月は、早朝一人の時に、沖縄防衛局が来るんじゃないかと怖かった。でも、一度来たが、トラックに砂利一杯でも10mも道を作れない。その間に仲間に連絡したら駆けつけてくれる。だから大丈夫だった。今日皆さんが来てくれて心強い。今夜はゆっくり休める」「明日若い人らが沖縄中にビラ撒きしてくれる。これでちょっとは知ってもらえる」私は疑問に思って「沖縄で高江のことは知られてないんですか?」と聞いてみた。「そらもうぜんぜんですよ」。意外だった。各地で高江の取り組みが行われているのに、沖縄では知られてないなんて。

そのあと金さんと一緒に来ていた若い女性シホさんからも生々しいお話を聞く。「実際の作業は何も聞かされてない若い労働者がしているんです。お昼休みに話しかけたら『こんな仕事したくない。でも沖縄では仕事がないから仕方がない』と。人間をおかしくするのがここなんです」と、涙ながらに話してくれました。

この間、昨夜眠れなかった仲間の一人が発作を起こして車で休んでいたそうです。でも大事にならずによかった。

この後、ヒルギ林の公園に戻って、満潮になったマングローブの林を見て、シホさんの三線と歌を聴かせてもらいました。シホさんの三線と歌、すごくうまかった。西岡恭三のフォークをアレンジしたものは、「自分の気持ちに正直に生きましょう」というような内容で、きっとシホさんの今の心情を歌ったものだろうな、と思いました。


辺野古へ  
3月19日(土)最終日。東京のKさんは原発の影響が心配、ということで、このまま沖縄に残ることに。その後10日ほど経って帰られたとのことです。

今日は辺野古(へのこ)に向かいます。

辺野古とは、鳩山前首相の迷走で有名になった「普天間の移転先」と言われているところです。ところが「普天間の移転先」というのは真っ赤なうそだそうです。1966年から米軍が虎視眈々と建設を狙っている北部訓練場一体の新基地だそうです。

今日も金さんが案内してくださいます。お仕事があるのにすみません。辺野古の座り込みテントに向かう前に、上部落と下部落を案内してくださいました。上部落とは軍用地主が作った歓楽街で、ベトナム戦争の頃には栄えたらしいです。今は古びた町で、夜は開いているのかもしれませんが、昼間はゴーストタウンのようでした。下部落とは地主ではない人たちの町で、花を植え生活の匂いがしました。

辺野古のテントでは、抵抗運動をしている人からお話をうかがいました。「2004年4月19日に反対運動が始まり、アセスメントと言って海の中にやぐらを立てる防衛局に抵抗して、カヌーで、スキューバで、工事をさせなかった。海の中での抵抗行動が2639日+工事を阻止してから浜で座り込みを続けて2526日目。戦後、収容所から帰ってきたら自分の土地は米軍に取られて基地になっていた。8割の人が基地に反対だけど、仕事がないから選挙に現れない。米軍は『思いやり予算』で辺野古を基地にすれば懐が痛まない。本土で沖縄の想いを広めてください。基地を維持するのも『思いやり予算』、震災復興のために使ってください。」とのことでした。

「思いやり予算」とは、米軍の基地建設や施設維持、米兵や基地で働く人の給与、住居やその光熱費、遊興施設に関わる費用など全てを、日本が負担する仕組み。この沖縄ツアーの後、3月31日に、震災問題の陰に隠れて予算を通過したものは、1年で1880億円、2011年度から5年間支払い続けると言うもの。5年で9400億円。辺野古で座り込みを続ける人たちは、この9400億円を東日本大震災の被災地復興のために使ってくれ、と、4月から署名の取り組みをされています。7月14日には、12000筆超を外務省・防衛省に提出されました。次回の署名集約は9月20日です。

この後、キャンプシュワブとの境界へ行き、ヘリ基地反対協の安次富浩さんから「国策というのにろくなものはない。福島原発も沖縄の基地も」と、共通の闘いとして行こうと呼びかけられました。

4日間のツアーはぎっしりと内容の詰まった「おなか一杯」のツアーでした。



バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで