怒りネット沖縄ツアーに参加して(中)


普天間基地  
2日目、3月17日(木)。知花昌一さんの民宿「何我舎(ぬ〜がや)」でフレンチトーストの朝食をいただき、のんびりしていると、「障害」がある娘さん、未来世(みきよ)さんが「作業所に一緒に行こう」と誘ってこられる。一緒には行けないけれど・・・。作業所で過ごす時間をとっても楽しみにしておられるのが分かる。

作業所の名前は「ざばにクラブ」。「何我舎」のリビングに「ざばに船」の絵が飾ってある。昌一さんにどういう船か聞いてみると、昔の家族漁法に使った船で、絶対に沈まないようにできている船だそうです。

「何我舎」をあとにして、普天間爆音訴訟の原告団長・島田善次さんを訪ねる。まず嘉数(かかず)の丘で普天間の全貌を見ながら沖縄戦のお話を聞く。「ここには数々の石碑があるが、戦跡が集まっている南部に移す話もある。が、ここでの激戦を示す為に、ここにあることが重要なのだ」と聞く。島田さんの教会に場所を移して爆音訴訟のお話を聞く。

「水曜の夜に礼拝があるが、夜でもうるさくて声が聞こえない」「沖縄では基地問題に取り組むと人が集まらない、この教会は6人だけ。(経済的には)苦しいけど高江や辺野古に行く。」「1979年、子どもが生まれたが乳を飲まない、飛び起きて火がついたように泣く。市や県にどうにかしてくれと言いに行ってもどうにもならない、市長は『米軍は金のなる木』と言った。米軍の総司令官のところに行ったら『牧師はアメリカの友達だと思っていた』とどうにもならなかった。仕方がない。ゲート前に座り込みを始めた。」「闘いはなかなか思うように前進しなかった。しかし1979年から座り込んで2003年には400人の原告を集めて訴訟を闘えるようになった。基地が動くと誰も思わなかった。コツコツやる事。一歩前進二歩後退。忍耐強く。」直接抗議、座り込み、訴訟、と、闘ってこられた32年。そしてまだ普天間はそこにあり、爆音を発し続け、墜落という危険と隣り合わせの毎日。一刻も早くアメリカ本土に持って帰ってもらいたい。

ハンセン病患者を96年間隔離してきた「愛楽園」のお話も聞けた。隔離収容ということは「精神病者」にとっては他人事では済まされないお話だった。ハンセン病は伝染力が弱くうつらない。治療薬もできて皆さん治っておられる。しかし愛楽園から出られない、故郷に帰れない。いまさら社会に溶け込めない、差別が恐ろしい。「精神病」の社会的入院と同じ構図だ。今娘さんが愛楽園で回復者の方々のために働いておられるそうです。

島田さんの手が少しいびつになっていたので、お別れする時に「この手はどうされたのですか?」とお伺いしたら、「ハンセン病ですよ」とおっしゃった。ご自身がそうだとは知らなかったので、「どうしてハンセン病のことに強い関心をお持ちなんだろう?」と思っていましたが、腑に落ちました。


てるしのワークセンター  
島田さんの教会をあとに、南風原(はえばる)にある「精神障害者」作業所、「てるしのワークセンター」へ。お弁当やパンを製造販売している作業所です。お昼のお弁当を頼んであったので、まずはそれをいただきました。野菜がいっぱい、おかずがいっぱいで、本土のお弁当とはちょっと違って、とても満足できます。食べ終わったら、さあ、こちらで働いておられる高橋さんからお話をうかがいます。高橋さんは「沖縄県精神障害者福祉会連合会事務局長」をなさっています。

「島田さんからは、『ヤマトの責任。やれよ』と言われて爆音訴訟の事務局長をしています。」「辛さを抱えてギスギスした社会。だから『病気』は治りようがない」「てるしのに来たのは96年。その前は首里。家族会県連で『アトリエ種子』というのを立ち上げた。『種子』の次、どんなサポートをすればいいのか?となり、精神障害者福祉会連合会事務局長に。」「沖縄での入院患者は5千人、通院3万6千人、人口比率で言うと本土の1.5倍。」「1972年のペテン的返還まで沖縄では座敷牢だった。それを玉城院長や島成郎医師らが、病院に繋げる闘いを続けた。現在2〜300床の病院が25院。2000年頃から大阪をモデルにして退院促進を始めた。しかし、デイケア、ナイトケアに空きを作らないようにと地域移行は進まなかった。」「『精神病患者』の実態調査は本土で1963年に始まったのに遅れること3年、沖縄では66年から始まった。人口比率で本土の2倍だった。それは沖縄戦を乳幼児期に体験した人が20歳頃に『発病』することが多いとみられている。」「知花昌一さんの娘さん、未来世さんが通っている作業所は昌一さんたちが立ち上げた作業所で、住人の居ないお家があったので持ち主を探してみたら、沖縄戦以降ずっと精神病院に入院されている方だったそうです。昌一さんが貸して欲しいと話しに行ったら、『もう外で暮らすのは怖いから、使ってくれていい』ということで、貸してもらっているそうです」「『精神障害者』の医療費がタダ、これは裏腹な問題を持っている。入院していてくれたら家族の負担がない、だから家族は退院を受け入れない。10〜20%は終の棲家としている。これは社会システムで退院を受け入れるしかない」「大学の時、2年先輩がある時入院した。お見舞いに行ったら変貌していた。“人間を返せ!”という想いになった。『精神障害者』と関わるきっかけとなったのは、その経験から」。爆音訴訟、知花さんとの交流、「精神障害者」との関わり、いろんなことに取り組んでおられ、お忙しいと思うけど、とっても穏やかなゆったりした方でした。


辺野古  
「てるしのワークセンター」をあとに、今夜のお宿と、明日の高江、辺野古に案内してくださる金治明(キムチミョン)さんと、国立沖縄工業高等専門学校の正門前で待ち合わせ。ここで待ち合わせるには理由がありました。

 沖縄高専が分かりやすく、車が止まっていても大丈夫だからかと思っていました。なんのなんの。高専の中にずんずんと入っていくのです。高台になった駐車場から、東海岸の海に向かって、金さんが説明してくださいました。

「土建予算や地域振興の予算など辺野古新基地の見返りに膨大な予算が注ぎ込まれている。しかしそれらは、地元には何の潤いももたらさない。ほとんどを本土系企業がかっさらってしまう。しかも年数を限って下りてくる予算が多く、本土資本はその年数が過ぎると引き上げてしまう。箱物がいっぱい建っていて立派な建物が多いが、そこで働いているのは地元の人ではなく本土資本に雇われた本土からやってきた労働者」名護市の人もその矛盾に気がつき稲嶺進という新基地反対の市長が誕生した。日本政府は辺野古新基地に反対している市長になったとたん、振興策を打ち切った。しかし稲嶺さんは「本当の地域復興はそんな予算がなくてもできる」と新基地に反対を掲げ続けている。この骨太な市長の下、市議会議員選挙も市長支持派が過半数を占めた。

「沖縄の矛盾は、本土と沖縄の矛盾だけじゃなくて、沖縄の中に矛盾が持ち込まれていることにもある。分断というもの。軍用地地主とそうでない人の間に、ものすごい分断がある」

金さんの話によると沖縄高専は全寮制でほとんどが本土からの生徒。沖縄のうわべだけを見て帰っていく。しかし、金さんがお話されている間中、「タン、タンタンタン」という乾いた銃声が聞こえていた。生徒たちはこの音をどういうふうに聞いているだろう。

今日一日、車椅子の人を車から降ろしたり乗せたり、何回しただろうか。介助の人は本当にご苦労様。でも、車椅子の人も皆と同じ景色を見て、話を聞く環境を作れたことは、本当に良かった。

とっぷり日が暮れて今夜のお宿「海と風の宿」に。「照屋」という民宿に頼んでおいてくださったお弁当をいただいたところで私はダウン。シャワーを浴びておやすみなさい。母屋のリビングから三線と太鼓の音色がちょうどいい子守唄で聞こえてくる。ご近所の三線の名手、金城繁さんがみんなのために来てくださった。知らぬ間におやすみなさい。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで