9・23障害者集会への参加と賛同をお願いします


「障害者自立支援法」撤廃 人間らしく生きられる新制度をもとめる集い  
「食べる、移動する、排泄する、という人間として基本的なことをするのに、なぜ障害者だけが金を払わなければならないのか?!」という怒りをまきおこした「障害者自立支援法」。障害者を先頭とした闘いによって、一昨年10月30日の日比谷野外音楽堂での集会で、当時の長妻厚労相が廃止を表明しました。

昨年1月には、今後の障害者政策を決める機関として、「障がい者制度改革推進会議」が発足。その構成員の過半が障害者とその家族で、新たな障害者福祉制度の構築にむけ、議論を重ね、踏み込んだ内容の意見を出してきました。障害者団体の求めで国連で採択された、障害者が施設や病院を離れ地域社会で生きていくための権利保障を定めた、「障害者権利条約」を国内批准するための法整備のための議論を進めてきました。それをふまえて、今国会で「障害者基本法」改定法案、来年通常国会では「障害者総合福祉法」(「障害者自立支援法」にかわる新法)、再来年の通常国会で「障害者差別禁止法」の制定が予定されています。

しかし昨年以降、政府・厚労省・国会は、この障害当事者を軸とした、新制度にむけた動きに敵対する動きをしています。

「障害者総合福祉法」にむけた推進会議の総合福祉部会(推進会議の下におかれた専門部会)の報告に対して、厚労省は、「財源確保が困難」「国民の理解が必要」「地域主権改革の流れに逆行」などの口実で、ことごとく報告の核心を否定しています。

また、7月29日に成立した「障害者基本法」の改定法案も、推進会議の意見の核心をふまえていません。推進会議の意見に基づいて、いい内容も盛り込まれてはいますが、制度改革の核心を否定しようとするものです。

障害者の闘いが勝ち取った、自立支援法撤廃の約束と、当事者が参加する新たな制度構築のための体制が、否定されてしまうのか否かのかかった瀬戸際にきています。


分かりにくい攻撃  
ところが、「障害者自立支援法」が「介助に金をとる」という極めて分かりやすい攻撃の構図だったのに比して、今の攻撃は極めて分かりにくい構図となっています。例えば、「障害者基本法改正案」では制度改革推進会議の報告の核心部分を解体するのに、政府は「可能な限り」という5文字を6ヵ所挿入したのです。よほど注意深く読まないと、核心部分が骨抜きになっていることは分かりません。総合福祉部会の総括的報告は8月末に出ますが、それを法案化するのは厚労省の作業であり、またもや骨抜きにされないかとが危惧されます。また、「障がい者制度改革推進会議」「総合福祉部会」「差別禁止部会」など、障害者のための審議をしている機関が複雑化していることも、事態を分かりにくくしています。「障害者基本法」というものも一般の障害者には存在感のない法律でした。それが改正されると言われても、一体何事が起きているのか一般には理解しがたいことです。

このような中で、“推進会議まかせ”では、政府・厚労省・国会の反動を押し返すことはできません。今一度、障害者を先頭とした、闘いのうねりをまきおこしていかなければなりません。今そのような「真実を知らせる」ことが必要なのです。今年の10・28全国集会に向けて、熱心に真実を知らせていきましょう。

私たちは、毎年秋に「障害者自立支援法」の撤廃をもとめる集いを開催してきました。今年も上記のような反動を押し返す、大きなうねりを作りだすために、集いを開催します。ぜひこの集いにご参加ください。また、集いの成功のために、ご賛同および賛同金カンパのご協力をお願いいたします。ご賛同いただいた方には入場券をお渡しします。

とき:9月23日金曜祝日。午後1時半開場、2時開始

ところ:西宮勤労会館(JR神戸線西宮駅から南西に徒歩8分)

資料代:500円

郵便振替:00960―1―140519 加入者名:共生舎


賛同します  
賛同いただける方は、郵便振替用紙に下記項目をお書きになって送金してください。
9.23《「障害者自立支援法」撤廃 人間らしく生きられる新制度をもとめる集い》に賛同します
お名前・団体名              所属等
住所(〒      )
電話
Eメール
賛同の公表の可否  公表可 公表不可 (必ずご記入ください)
賛同金    口       円を添えて。(賛同金は一口500円です。)




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで