怒りネット沖縄ツアーに参加して(上)


沖縄へ  
昨年からお誘いのあった沖縄ツアーに参加させてもらいました。「脳性まひ」2名「視覚障害者」2名「知的障害者」2名「精神障害者」4名と介助者の合計15名の団体さんです。

3月16日(水)那覇空港着  こっちのグループはツアーボスの知り合いにワゴン車をお借りする。ワゴン車の持ち主を職場までお送りして、一路、読谷へ。途中、嘉手納基地を見渡せる「安保の見える丘」に。

 「安保の見える丘」に登って神戸空港の4倍はあろうかと思われる嘉手納基地を見渡すが、今日は発着が極端に少ない。東日本大震災の「トモダチ作戦」で出払っているのだろうか?治外法権で守られ思いやり予算で居座り、沖縄の人に騒音と事件の恐怖を押し付けているトモダチ。

道の向こうに立派な「道の駅」ができていて、そこで晩ご飯を食べることに。仲間の一人が、「麩ちゃんぷるーがある。僕ちゃんぷるーの中でも麩ちゃんぷるーが一番好きなんだよね」へ〜美味しそう。それに550円と安い。ご飯は別でしょ、と思ってるとついてるって!「麩ちゃんぷるーにする人!」「はあ〜い!」全員でした。おすましは昆布が効いてて美味しい。その上「36周年記念なんですよ」とドリンクのサービスまで。「10杯までおかわり自由ですよ〜」と、お茶目な女将さんが笑わしてくれる。ツアーボスが「36周年って・・・来年は37周年だからってサービスしてくれるのかな?」

あたりも暗くなってきて、「伊江島に訓練に行ってる戦闘機が帰ってくるかも」と思ってた戦闘機も1機も姿なく、そろそろ私たちもこのお店から退散。レジには「東日本大震災」の募金箱が。千円札がたくさん入っている。


さあ、読谷へ  
ツアーボスの話では、今夜泊まる知花昌一さんが彫刻家の金城実さんのアトリエで演奏会に出るので、そちらに行って交流を・・・ということだったけど。違うじゃ〜ん!朴保(パク・ポー)さんのライブじゃ〜ん!翌17日に高江でライブがあることは知ってたけど、今日私たちが訪ねるところでやっているなんて!!嬉しい勘違い!

パクポーさんのライブがたった千円で、こんなに近くで、お酒もついて、楽しめるなんて。最高!

はじめに、ここのライブの主催者、知花昌一さんが、「東日本で大変なことになった。こんな時にライブをやっていいんだろうか、と悩んだ。でも広告を出した新聞社の人にも言われた。こういう時だからこそやったらいいんじゃないか、と。悩んだけれど、鎮魂の意味をこめて開催することにしました」と挨拶があった。

パクポーさんも鎮魂の気持ちをこめて、と前置きされて始まった。寒い夜だった。ギターを弾く手がかじかむ。でもとってもいい音色。パクポーさんの声がしみる。選曲が、しみる。月が出ていた。

2時間弱のライブが終わった。金城実さんの家に場所を移して交流会。誰だか知らない人たちと「ちゃんぷるー!」。

ずい分経った時に、空港で別れた同じツアーのもう1グループがやってきた。こちらは車椅子が2台だから大変だったろうな・・・。

ライブに着いた時から、知花さんの娘さんで「知的障害」のある未来世さんと目が合って、ずっと隣で手拍子していた。みんなにも「楽しめ」「楽しめ」と促してくれる。交流会でも「今夜はうちで泊まるのか?」と尋ねてこられる。とにかく楽しむことが好き、みんなの笑顔が好き、みんなと一緒が好きな人。明るい。そしてやさしい。知花さんが日の丸を焼き捨てて、裁判にかけられた時にはまだ5〜6歳で、首が据わってない感じの危なげなキッズだったけど。言葉が出ないからコミュニケーションが難しいけれど、本当に素敵に成長された。金城さんは、「こいつはわしのことをこれでこれ(酒を飲んで寝てる)、と言うておった。それが中学生くらいから言わなくなった。さげすむようなことを言うてはいかんと学習しよった。わしはその成長がうれしい」

金城さんは西宮西高校で美術の教師をされていた。その時に、「脳性まひ」、部落民、在日の生徒たちととことん付き合い、その差別された境遇に心痛めてノイローゼになるくらいにつきあったと聞いた。金城さんの言葉は突き刺すようなところがあるが、それは愛情に裏打ちされている。今回も「脳性まひ」のSさんや「視覚障害者」のKさんにからんでいた。からんで愛していた。最後は「泊まって行けー!!」とすがっていた。

知花さんは4月から京都で親鸞の勉強をされる。「学生時代マルクス経済学を学んだ。それは間違ってないと思うけど人が集まらない。親鸞が仏教を広めたことの中に何かの答えはないだろうかと思う」とおっしゃっていた。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで