心神喪失等医療観察法の問題点 
報道されたケース  
最近、立て続けに医療観察法に関する大きな報道が二つあった。一つ目は、8月4日、共同通信。「医療観察法で初の重大再犯/2人殺害容疑で逮捕の男」というもの。医療観察法で入院処遇されていた人が退院後に殺人事件を起こしたという。制度の有効性が問われるケースだ。

 この人は45歳、大阪市で5月、男性2人を刺殺したとして殺人容疑で逮捕されたが、事件の約3カ月半前まで、医療観察法の入院治療を受けていた。2005年の施行以来、医療観察法対象者が重大な再犯の容疑で逮捕されたケースが明らかになったのは初めてだという。この人は08年、大阪市西淀川区のコンビニで客を殴った傷害容疑で逮捕されたが起訴されず、同法対象者として佐賀県内の保安施設(肥前精神医療センターのことだと思う)に入院。その後大阪府内の病院に移り、ことし1月末に裁判所の判断で「処遇終了」となり退院、一般の精神科に通院していた。記事には書いていないが、観察法による強制通院と思われる。

この人は1997年に全日空機内で乗員に刃物を突き付けたとしてハイジャック防止法違反容疑で逮捕されたが「心神喪失状態だった」と不起訴になった。98年には福岡県での殺人事件で福岡地裁が限定的な責任能力を認定。実刑が確定し服役した。

医療観察法は、殺人や放火など重大事件の容疑者や被告が心神喪失・耗弱を理由に不起訴処分や無罪となったケースで、検察官の申し立てで裁判官と精神科医による合議の審判を開き、保安施設への強制入院や指定病院への強制通院を命令できる手続きを定めた法律。2001年に大阪教育大付属池田小で児童8人が殺害された事件を口実に成立、05年7月に施行された。「重大な事件」というが全治5日間の傷害事件にも適用されている。


医療観察法の無効性  
医療観察法の推進派は、同法により、「重大な事件を繰り返す『精神障害者』に重厚な医療を施して再犯を防ぐことができる」と言っていた。裏側にあるのは「再犯可能性のない100人を拘禁しても一つの事件が防げればよい」という理屈だ。もっとも表立ってはそこまで言わないが。今までに約1000人が入院処遇とされてきたが、それで1000件の事件が防げたとは誰も言わないだろう。同法国会審議の過程で、「再犯可能性のない多数の人が拘禁される」という事実が明らかになっていた。それでも同法を成立させた理屈が、「重大事件を繰り返す『精神障害者』が実際にいることにどう対応するのか」というものだった。「100人の無実の人を拘禁してでも一つの事件を防がねばならない」という理屈と言われても仕方のない論争だったと思う。

 ところが今回明らかになったことは、医療観察法では一つの重大事件を防ぐことはできないということだ。1000人の無実の人は何故に拘禁されたのか、まったく無意味に拘禁されてきたということではないか。

 推進派の、日弁連医療観察法部会事務局長の伊賀興一は、「法律は有効だが、誤診があった」と言っている。なんと無責任な言い分か。少し長くなるが記事の全文を引用する。「医療観察法は国が精神科医療に直接責任を持つ初めての制度。その部分で評価すべきで、基本的に有効に機能していると考えている。ただ、今回は医療観察法に乗せるかどうか判断する際、人格の偏りを病気と誤診してしまったケースではないか。入院中の医療や退院の判断に問題があったとの議論にはならないだろう。そもそも裁判所は「責任能力あり」と判断すべきだった。ただ、刑務所に行っても再犯の防止にはつながらず、今回のようなケースに対応するために別の制度の整備を検討する必要がある。」と言うのだ。

 『この人は「人格障害」であり、「精神障害者」ではなく、心神喪失ではなかった。そこに誤診があり、裁判所が医療観察法に乗せたことが間違いだ』と言う意味だ。しかも、新たな保安処分の必要性にまで言及している。この人が国会での論争過程で推進派が示した「重大な事件を繰り返す『精神障害者』」その人であったのかどうかは不明だ。しかし、明らかにこのようなケースがあるから医療観察法は必要だと言ってきたのは間違いない。そのケースに対して同法が無効だと分かったら、今度は刑務所出所者に対する保安処分が必要だというケースにしてしまう。なんとご都合主義な言い分であることか。

 無効な法律は廃止しかないことを示す事件だ。


もう一つの報道  
「心神喪失被告を16年拘置、目にはし刺し死亡」という見出しの事件だ。読売と朝日と東京新聞が報じた。8月8日の事件だ。読売を引用する。

「精神鑑定で心神喪失と診断され公判が停止された後も、16年近く千葉刑務所(千葉市若葉区)で拘置されていた40歳代の男性被告が死亡したことがわかった。自傷行為とみられる。同刑務所が9日発表した。発表によると、被告は7月30日午前0時過ぎ、両目にはしが刺さった状態で発見され、8日に病院で死亡した。はしは木製で被告のものだった。

千葉地検などによると、被告は1992年(中略)、強盗殺人罪で起訴された。精神鑑定で心神喪失とされ、千葉地裁松戸支部は94年12月に公判停止を決定したが、その後も同刑務所に拘置された。(中略)

男性の元弁護人は「裁判所がなぜ放置してきたのかわからない。鑑定書で自傷他害の恐れがあると指摘されていた通りになったのだから裁判所に責任があるのではないか」と話している。(後略)」

なんと惨い事件であることか。医療観察法に乗せていたらどうかという問題ではなく、「精神障害者」を生かすも殺すも法務省のしたい放題だとということを示す事件だ。明らかに医療が必要なケースだ。もともと刑務所での「精神障害者」への医療はまったく保障されていない。原則無罪推定であるはずの未決の人を拘禁する拘置所でさえ、医療は保障されていない。以前は「精神障害者」が逮捕された場合、外から薬を差し入れすることができた。ところが最近ではそれはできなくなっている。拘置所の医者が必要と認めた場合に処方されるが、必要な量は出ないことが多い。この人の場合は未決で刑務所に拘禁されていたのだから拘置所と同じことになる。

ずいぶん昔のことになるが、大阪拘置所で闘う「精神障害者」が殺された事件を思い出す。事件を起こして大阪拘置所に収監された「精神障害者」の鈴木さんが、拘置所の医師による反医療行為によって殺された事件だ。遺族とともに拘置所の責任を問う賠償訴訟を起こして勝利した。賠償を取ったからといって亡くなった人が生き返るわけではないが、少なくとも責任を問うことはできた。今回の事件も同様の問題だ。


医療観察法病棟の実態  
今年になって私たちの発行した「保安処分病棟からの生還」という冊子によって、保安病棟の内部の実態を初めて明らかにすることができた。

 この冊子は、今年(2010年)の1月に、3ヶ月前に保安病棟を退院したという人から私に連絡が入ったことから始まる。過去に自殺者が出たことのある保安病棟で、この方自身が自殺未遂を繰り返すほど酷い待遇だったことを告発するものだった。詳しくは同書を読んでほしい。(郵便振替にて00960―1―140519共生舎に400円を振り込んで御注文ください。通信欄に書名を書いてください。)

 保安病棟はまったく医療的環境ではないことが明らかになっている。入院者は苦痛の大きい環境から一日も早く退院したいため、医者や看護師に対して決して正直な症状を言わない。入院者は毎日毎日「評価項目」で縛られているからだ。「評価項目」というのはどこまで社会復帰が可能になっているかを点数で評価するものだ。医療者の側がミーティングを開いて患者に点数を付けていく。入院者は良い点を取らないと退院できないとみんな知っている。良い点を取るためには元気なふりをするしかない。しんどい症状があってもそれを言うことはない。そのような環境下で、はたして医療が成立するだろうか。

 この人の場合は途中で薬が効かなくなり、薬を飲むとかえって脳が締め付けられるように苦しい症状が出たのだが、それに対する対応をしてもらえなかった。苦しさのあまりに自殺未遂を繰り返したのだ。しかし、そのことに対する精神科的医療対応も全くしてもらえなかった。看護師は「あなたが故郷に帰るか死ぬかはあなたの選択の問題だ」と言ったというのだ。これが自殺しようとした人にいう言葉か。

 本書をご一読いただければ、今まで私たちが決して大げさなことを言ってきたわけではないことを、知ってもらえると思う。ぜひ、ご購読をお願いしたい。(以上)




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで