内省プログラムはおかしい
東京で集会  
11月28日、「医療観察法廃止!」全国集会が東京南部労政会館にて開催され、92人が参加した。

 集会では、医療観察法による自殺者が18人に増えていることが報告された。入院者で3人は変わらないが、通院で14人に増え、鑑定入院中で1人となっている。

 政府による法施行後5年後の国会報告が行われたが、自殺者などの報告はない。一般の者には情報がシャットアウトされており、検証不可能な状況だ。政府はできるだけ議論が起きないように、冊子を議員に配布するだけで終わらそうとしている。いろいろな方向から焦点をあて、著名人を集めて共同声明運動を進めて巻きかえしを図ろうと提起された。

 兵庫県で普通の裁判における弁護に当たる付添い人活動をしている谷村弁護士から報告を受けた。日弁連が廃止の立場を捨てて見直しという報告を出す中、高齢障害委員会で見直しに反対し廃止をという意見書を出したそうだ。現状では、患者は必要なときに医師の診察を受ける機会を奪われている。急性期という一番治療が必要なときに拘置所での治療が受けられない。17年間拘置されたままで治療が受けられずに自殺した人もいる。また、福祉についてはまったく触れない法になっている。生活上の支障については触れない。医者が一番偉くてヒエラルヒーを築き、医療と福祉の連携を妨げている。精神病院の人権侵害状況については改善されない。また、鑑定中の身体拘束はまったく法的根拠もなしにやりたい放題やられている。唾を吐いたからという理由で厳重に拘束された人がいた。観察法は保安処分だと糾した。

 続いて、収容された当事者からの報告があった。誤診でアルコール中毒の治療を強制されているという訴えだった。


内省プログラムの問題  
続いて息子が1年半入院中という女性。お粗末な病室。1週間単位でプログラムは決まっている。息子は発達障害で付け足しのように統合失調症がある。そこでは内省プログラムと呼ばれるものが行われている。内省プログラムの後発達障害により、殺されるという妄想が出てしまう。それが高じて二重人格になってしまった。プログラムに何の意味もないと言っている。そのなかで13万円の請求がくるほど物を壊した。自由を奪われた罪はどうなると言って、支払っていないが。発達障害のためにできないことを捉えられて改善がないということで退院ができない。3週間も保護室から出られない人もいた。人手をかけても拘束はある。

 次に、社会復帰調整官から。全国に112人の調整官がいて、退院後どこに住むかとかの調整をしている。すでに社会的入院のケースがある。指定通院機関が必要数無いからだ。


共闘団体からの発言  
DPI日本会議の奥山さんからの発言を受けた。

 医療観察法の廃止、社会的入院の解消をテーマとしている。自立支援法一部改正案を闘っている。粘り強く闘って行きたい。原発の問題、障害児の高校入学の問題ととりくんでいる。マイノリティが生き辛い。戦前からアジアとの関係でアジア蔑視を作ってきた。同時に、戦争に行けない障害者は国の役に立てないとうい雰囲気を作ってきた。今もマイノリティは国への奉仕ができないと言われる。戦前社会の人権侵害を問題にしてこなかったからだ。観察法は重大な人権侵害。国の権力犯罪を許す法律だ。再び戦前を問題にしていかなければならない。

 人権市民会議の福井さん。

 国内人権機関を設けるのが目標。人権条約にてらして問題がないかを審査するのが目標。観察法の問題は、どこで治療を受けるかの自由を奪うこと。いまひとつは、精神障害者だけを扱う法律が差別を生み出す。法施行5年後見直しや、障害者制度改革推進会議で廃止にして、精神医療のあり方を見直す必要がある。


会場からの意見  
● 内省プログラム自体に問題がある。

● 内省プログラムは絶対にあかん。

● 一般の病棟では内観療法と呼ばれている。親の恩とかを考え、感謝の気持ちを持つようにさせるのが内観療法だ。

● 精神工学ということが言われている。多数派の考えに適応させるようにすることだ。内省プログラムは自殺を招き、人間の尊厳を破壊する。

● 収容された息子は、彼らしさが失われていっている。

● 道徳的色彩は排除しているが、妄想が起きる前提を問うていく。そういう行為をなぜ引き起こしたかを、悪いことをしないようにと。直接道徳を問わないが道徳を実現するために内省するということになる。

最後に司会が、当事者が住みやすいイコール全ての人が住みやすい社会だ。とまとめた。

集会を終わり電車で移動して、銀座マリオン前で街頭宣伝をした。きれいなカラー刷りのチラシを配布。東京の人はビラを受け取らないが、きれいなビラで受け取りは少しは良い。全国各地から参加している「病者」が次ぎつぎとマイクを握り、訴えを行った。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで