精神医療学習会―「精神病院を捨てたイタリア」―報告


新しい参加者が  
精神医療学習会―「精神病院を捨てたイタリア」―報告 5月9日の高槻市富田コミュニティセンターでの「精神医療学習会 精神病院を捨てたイタリア」には20人が参加、その大半は「精神障害者」でした。参加者の内訳は、ビラを見ての参加が5人、その内この手の会合には初参加という方が2人でした。K診療所に的を絞った宣伝の効果があったものです。精神科医のSさんの参加もありました。遠く京都や松原市、神戸からの参加もありました。

有我譲慶さんからの講演はスライドを多用されてとても分かりやすく、まず日本の精神医療の実態を暴露され、諸外国と比しても平均在院日数や病床数が飛びぬけて多い実態を明らかにされました。それと対比してイタリアでの実践の内容が語られました。精神病院の多くを廃止し、地域精神医療に置き換えて成功した経験は、私たちにも「やれば出来るさ」と思わせるものでした。


有我さんの講演要旨  
光愛病院で看護師を25年している。ぜひ行ってみるべきところと思い昨年10月イタリアを訪問した。 略歴は、父がうつ病だった。大学のときに「カッコウの巣の上で」という映画の上映運動をした。「精神病者」の置かれている状況を描いた映画。1983年精神医療実態調査反対運動で名古屋の大野萌子さんと出合った。当時活発だった当事者運動との出会いだった。

全国精労協に参加、厚生労働省交渉を続けている。重信房子事件で病院に対して反対を貫いた。 2008年にべテルの家を訪ねるツアーを行なった。2009年大熊一夫さんの講演会を労組で開いた。それに触発されて、有志17人で自費でイタリアに行った。

「イタリアだから出来たのではないか」という意見は違う。イタリアはもともとは保守的なところ、ファシズムの発祥の地でもある。 イタリア全土で単科の精神病院は廃止され、閉鎖病棟も保護室もない。やろうと思えば出来ると感じた。安心してかかれる精神医療を実現したい。労組の目標でもある。労働者の権利剥奪と患者虐待は表裏一体だ。患者虐待と患者殺しのあった大和川病院では労組を作ろうとした人が病院関係のやくざに骨を折られた。賃金の未払いもあった。働くものも奴隷的労働を強いられた。

日本は精神病院大国だ。長期入院のうち、10万人以上が社会的入院だ。自立支援法で患者負担が増えた。OECD25カ国の精神保健データを見ると、1960年に日本のベッド数は人口1000人に一つだったが、どんどん増えて2005年には2.8ベッドになっている。アメリカはケネディ改革の挫折でホームレスをたくさん作った。その間にヨーロッパでは地域型に転換した。入院期間も外国では非常に短い。平均在院日数は西欧では18日。日本は300日を越える。社会的入院は人権侵害だ。

また、日本は隔離・拘束が多い。任意入院者の50%以上が閉鎖病棟に入れられる。WHOは身体拘束を4時間以内としている。日本では拘束と隔離病棟が増えている。精神科救急でそれが促進された。

G8の比較でも日本は病床数が格段に多い。人口当たりの医者の数はイタリアと変わらない。医者の数が足りないのではなく、受け持ち病床が桁違いに多い。


―イタリア訪問―(有我さんの講演の続き)  
 変革の始まりに、マルコカバール(イタリア語で青い馬)を先頭に患者たちが自由を求めてトリエステの街中をデモ行進した。張りぼての青い馬が背が高く、病院から出られないからバザリア自身が病院の門を壊した。

1970年代からバザリア医師によって始められた地域保健への転換だった。病棟は廃止され、いまは精神保健局や、人気のあるレストランになっている。院長室は地域で暮らせない患者の住まいになっている。

昔の写真を見ると拘束衣が多用されていた。患者の尊厳はなかった。1979年にそのサンジョバンニ病院は廃止された。働く側の意識改革が進められた。患者が地域で暮らせるように改革が進められた。1978年に700人から1200人の入院者という巨大精神病院の廃止が進められた。単科の精神病院は廃止され、総合病院の隔離室のないところへの転換が進められた。精神保健センターを地域に作っていった。そこには診療所と訪問看護と食堂などがある。何かに掴まりたい衝動の患者を医師たちは本人が納得するまで努力する。2時間交代で24時間看護師が付き添う。拘束すると症状が強く出るからしない。看護師が抱きしめている。具合の悪くなった人は数日間センターに入院できる。

1970年代に80号法というものを作り、新規入院と再入院を禁じ、地域でのケアへと転換した。民間の精神病院は残っているが療養所のような金持ちの入るところだ。病床数はトリエステの合計で100床未満だ。

当事者の自助グループがあり、協同組合が作られていて基本給が保障されている。そこへ週に何日働きにいくかは患者に任せられている。協同組合には税制優遇と公からの優先発注がある。病院跡には、地域で暮らせない人が70人暮らしている。元院長室を居宅にしている。

イタリア全土で今は入院のためのベッドは、総合病院に4000床、大学病院に160床、ショートステイに1000床、あと民間病院があり、全土で9200床ある。人口は日本の半分だから日本がいかに多いか。(日本は330000床)

強制入院は一部にあるが閉鎖病棟はないからいつでも出られる。拘束衣はなく縛ったりしない。混乱した人を看護師が抱きしめている。警察介入は患者を守るためだけに行なわれる。

司法精神病院へ行く人はほとんどいないが、廃止法案は実現していない。協同組合で働く人は誇りを持っている。哲学やサッカーのグループもある。対等な関係がある。30年の内に世の中は大きく変わり、地域保健センターの隣に五つ星ホテルが建っている。

平均入院期間は9日。日本と同じ様な薬を使っているが安心できるから出す薬の量は少なくとも落ち着ける。入院ベットは各室にシャワーとトイレがある個室。家庭的雰囲気がある。精神病院跡地は博物館になっており、高校生が社会見学で行く。「イタリアだから出来た」ではない。イタリアはもともと保守的なところ。それが「精神病院はなくとも生きて行ける」となった。  日本では当事者活動が活発。イタリアでは自助グループは活発ではない。尊厳と安心、信頼が必要だ。柔軟に対処し、その人の苦痛を受け止めることが大切だ。制度と文化を変える取り組みが必要だ。病院都合、職員都合を押し付けることは患者の苦痛、どう解決するかスタッフの意識改革が必要だ。精神科で働くものの社会的役割を考えること。地域で寄り添っていく中に社会的役割がある。日本は世界標準から50年遅れている。


討議  
討議では、電気ショックのことが問題になりました。電気ショックというのは、頭に電極を接して通電するというものです。文字通り電気のショックを与えるもので、以前には懲罰目的に使われたりしました。高圧の電流を流すので、そのショックで骨折することがよくあり、最近では全身麻酔で行なうのが一般的です。治療効果に疑問があります。良く用いる精神科医でも「なぜ効くのか分からないが効果があるからいいのだ」と無茶なことを言う医者もいます。副作用が大きいことも問題視されており、2週間前からの記憶が飛んでしまうので、病気には悪いと言われています。自分で総括が出来ない形で症状だけを消してしまうことも闘病ということにマイナスだとも言われています。少しでも良心的な医師は使わない療法ですが、悪い病院では頻繁に用いられています。

日本での地域生活支援を行なっている京都の上野診療所や往診専門の診療所を開いている高木俊介医師の実践は、イタリアのような地域精神医療が日本でも出来るということを示すものだという意見がありました。いずれもバザリアの改革を目の当たりにして実践されているそうです。

看護師などに対してもバザリアは強制するのではなく、変わっていくように働きかけて待っていたそうです。マニュアルはなかったし、看護師が今のように自信を持つようになるには時間がかかったのです。文化が変わるプロセスです。

当事者活動はイタリアよりも日本の方が活発だが、医療従事者が変わらないと医療はよくならないという意見がありました。これに対して医師の方から、当事者の声があるから病院で働くものとして今の医療にノーという声を聞くことができる。救急医療が入ってきて、電気ショックとか、治療を受ける側の了解のないことが進んでいる。医療観察法と精神科救急に金をかけている分、一般精神医療に届かない構造になっている。当事者がノーという声を上げているのを聞いて医者も医療に疑問をもつようになる。観察法でスタッフが多いから隔離・拘束が無くて済むという報告がある。司法病棟が良いということを意味しない。普通の精神科では特例があり医者も看護師も少ないから付き添うような医療は出来ない。利用者の使い心地ということを入れようという動きもあるから、当事者が声を上げることは必要だ、ということでした。

本当の意味での政権交代に期待するという意見もありました。イタリアでも左派政権と精神医療改革が結びついたからできたことであることを考えると本当にそうだと思います。民主党は厚生労働省足立政務官が「医療観察法は人権面に配慮されており、大きな問題はない」と発言するなど本当の意味での政権交代とは言えないものです。

また、精神科救急が患者の利益のためではなく、民間精神病院が「財産」として患者を抱え込むために利用されている実態を糾す発言がありました。日本では患者の利益は二の次三の次にされ民間精神病院が営利目的で運営されている実態があります。患者虐待や患者殺しで有名になった大和川病院は行政が望んで出来たものだという批判的意見がありました。また、大和川病院では労働者も無権利状態でした。労働者の権利なくして患者の人権無しという意見がありました。大和川病院は廃止されましたが、患者虐待を理由としたものではないという中途半端なものでした。患者の命より健康保険制度の方に重きがあるという許しがたい廃院の理由でした。今も各地には同じ様な病院があります。根本的な改革が望まれる所以(ゆえん)です。

初参加の方の感想が聞かれなかったのは残念でしたが、講演の内容が良かったのでいい感想を持っていていただければよいなと思いました。 また、今年65歳になる日本で最初の患者会を作ったSNさんからは参加者にメッセージが寄せられました。

学習会は最後に、日本でもイタリアの実践をやれば出来る、精神医療改革を実現しよう、その一歩として7月25日の医療観察法廃止の全国集会にも参加しようとまとめられました。




トップページへ

ご意見ご感想はこちらまで