保安病棟からの生還
「〜人生を返せ〜心神喪失等医療観察法病棟収容者は語る」のご購読をお願いします。  
一冊400円(送料込み)

この度、「保安処分病棟に反対する有志連絡会」は上記冊子を作成しました。


保安病棟に収容されていた方からの聞き取りをまとめたもの  
今年(2010年)の1月末に、事務局に一つのメールが入りました。「私はB病院の医療観察法病棟に入院していた者です。退院して3カ月になります。実際に入院していて、あの病棟は地獄でした。あの地獄に耐えられず、一度はリストカットで自殺未遂、もう一度はタバコの灰がらの水の呑みほし自殺できずに生き残ってしまいました。」という書き出しでした。早速本人に会いに行きました。そこで聞いた話は衝撃的なものでした。ただならぬ事にそれを冊子にまとめて出来るだけ多くの人に知ってもらおうということになり、3日間に分けて6時間くらいの聞き取りを行ない、まとめたのが本書です。


百の想像よりも一つの事実。とにかく本書を読んでいただきたい  
観察法は重大な事件を起こした「精神障害者」を保安病棟に収容する法律だといいます。しかし、この事件でもたんこぶを作った程度の全治2週間の傷害でした。示談が成立しており、また、事件直後に措置入院となり2ヶ月入院していました。退院し普通に暮らしているときに裁判所から呼び出しがかかりました。観察法の鑑定入院ということになり、人さらい同然に強制入院。中庭にも出られない隔離病棟で3ヶ月鑑定入院。強制入院が決定されて、A病院へ。途中でB病院に移されました。

そのBが地獄でした。Bは看護師の質が悪かった。何かというと嫌がらせをされました。決定的には薬が合わなくなったことです。薬を飲むと頭が締め付けられるように痛くなってガマンができない。薬がおかしいと訴えるが対処してくれない。病室で七転八倒していた。その苦しさから逃れようと、自殺を繰り返し、病院が発見してだけでも二度の自殺未遂を行ないました。看護師はそれに対して「自殺するのも地元に帰るのもあなたの選択だ」と冷たく言い放ったのです。

いまは退院していても何時戻されるか分からないという恐怖に支配されています。


保安処分による自殺者14人  
観察法での自殺者は14人に上る。こんなに多くの犠牲者を出している制度が患者にとって良いものであるはずがない。一日も早い廃止を求める。


目 次  
1.事件に至る経過 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5

2.医療観察法の手続き ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5

3.3ヶ月の鑑定入院 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7

4.入院処分へ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8

5.最初のB病院 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10

6.C病院へ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12

7.最初の自殺未遂 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 15

8.何度も自殺未遂 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 18

9.医療観察法病棟での「治療」プログラム ・・・・ 22

10.「評価項目」で管理される ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 26

11.退院して、通院処遇に ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 28

12.通院でも監視 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 30

13.あの2年間を返して欲しい ・・・・・・・・・・・・・・・・ 36

14.「社会復帰」って何なのか ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 39

資料 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ご注文は下記  
発行:保安処分病棟に反対する有志連絡会

郵便振替:00960―1―140519(加入者名)共生舎

郵送でのご注文は、上記郵便振替口座に一冊に付き400円を入金して下さい。



バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで