厚生労働省の情報隠しを弾劾する


法施行5年後見直し  
「心神喪失者等医療観察法」の法施行5年後の見直し時期を迎え、「心神喪失者等医療観察法をなくす会」(精神障害者や精神科医、弁護士、労働者らで構成・事務局長池原毅和弁護士)や「心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな!ネットワーク」など約30人が、18日の国会開会日に国会議員会館前での座り込みと集会を行い、今国会での同法の廃止を求める運動の口火を切った。

 心神喪失者等医療観察法は、2005年7月から施行されている。今年7月が法で定めた施行5年後の見直し時期に当たる。今国会では、政省令で無理を重ねていることのつじつま合わせの修正を行い、今後、法改正のための社会保障審議会医療観察法部会の会合を積み重ね、秋の臨時国会か、来年の次期通常国会に本格的改正案が出るのではないかと言われている。

なくす会は、「当時の全野党の反対の中強行採決された医療観察法の廃止を」などと呼びかけながら国会議員や秘書や通行する市民にビラを撒いた。

昼からの集会では主催者より「医療観察法をなくし、精神科病床を半減化させ、医者の数を二倍化させれば精神医療はましなものになる。自分は政府の設けた障がい者制度改革推進会議のメンバーだが、一人の力では限界がある。正論のメールを集中して欲しい」と提起された。

兵庫県からは「この法の下で昨年9月までに13人が自殺しており、推進派の言うような『本人のための医療を行なうから保安処分ではない』というのはとんでもないペテンだ。本人のための医療でなぜこれほどの死者が出たというのか。実に約1%の自殺率だ。一般精神病院での自殺率の統計はないが、そんなに高くはないはずだ。政府はこの自殺に責任を取るどころか、医者と患者の間に信頼関係があったと言って責任逃れをしている。」

大阪からの参加者。「らい予防法と闘った人がいた。医療観察法も同じ様に閉じ込め死者まで出している。廃止を求める。」


様々な立場から  
脳死問題と闘っている仲間。「7年前の観察法成立時には傍聴席から抗議して留置された。保安処分として強化せよという意見が最初からあった。いままた、その動きがある。民主党連立政権による障害者自立支援法の見直しでも自立支援医療は無料にならなかった。観察法予算や基地予算を回せば簡単に出来ることだ。それと優生政策は裏腹の関係だ。臓器をとるために人を死んだことにする法律が脳死臓器移植法だ。改正臓器移植法施行に向かって、命の切捨ての対象が拡大されている。優生政策が進められていることに断固反対する。」

医療観察法許すなネットワークの仲間。「原案は保安処分的色合いが濃いとして修正案が通った。しかし、何の根拠もない差別法だ。いま日弁連のなかで危険な動きがある。観察法是認の動きだ。軽微な事件で収容されたり、保安施設が不足したために省令で普通の精神病院に収容できるようにするなど、法は事実上破綻している。」

争議団連絡会の仲間。「解雇撤回闘争を闘っている。不当労働行為が最高裁までいって認められた中でも会社は居直っている。医療観察法は予防拘禁法だから反対している。多くの労働者が精神的な病気になっても個人責任とされて社会から排除されている。排除したり閉じ込めたりは許せない」。

ネットワークからの方針提起。「自殺者3万人の日本は内戦状態にあると考えている。持つ者と持たざる者とが戦い犠牲者が出ているのだ。精神病院は医師数は一般科の三分の一、医療費は一日1万円と貧困な状態を放置したまま、観察法では年間一人に2200万円も使っている。旧政権下で日本精神病院協会の違法献金が行われる下で強行採決で法が作られた。これからの闘いの方針として、署名に取り組む。3月5日に国会前座り込みの後、院内集会を開く。7月25日に京都で全国集会を開く。観察法廃止を勝ち取ろう。」

最後にシュプレヒコール。「医療観察法廃止を勝ち取るぞ」「精神障害者差別の医療観察法を許さないぞ」「保安処分を許さないぞ」などと声をそろえた。

この日、他に国会前には辺野古新基地と闘う人々が座り込みをしていた。また、在日外国人の地方参政権に反対する右翼30人がつめかけていたが、警備が私たちには認めないポールを工事用柵に縛り付ける行為を許すなど、右翼には甘い警察・警備のもと、下品な差別言辞をわめきたてていた。この日の構造から見えることは、国政を問い左右が激突する熱い政治の季節がやってきているようだ。




バックナンバーのページへ

ご意見ご感想はこちらまで